FC2ブログ

OCS『Tunisia II』キャンペーンソロプレイ第6、7ターン

 OCS『Tunisia II』キャンペーンソロプレイの第6、第7ターンをプレイしました。

 第6ターン(1942月12月1日ターン)は泥濘だったので全ユニットは移動できず(鉄道輸送と海上輸送だけ可能)、第7ターン(12月5日ターン)はノーフライトでイニシアティブは連合軍が取り、ようやく「連合軍のダブルターン」が実現しました。しかもノーフライトだと枢軸軍が航空爆撃で邪魔もしてこれないですから、もしかして絶好の機会?



 ↓第7ターン終了時の北方戦区

unit9956.jpg

 赤い矢印が連合軍の進撃路で、黒い矢印は枢軸軍の(自主的な)撤退を表しています。

 一番北ではビゼルト港の隣のヘクスに連合軍が強襲上陸。海岸近くの道路でもイギリス軍歩兵部隊がイタリア軍部隊を壊滅させて前進。その南ではアメリカ軍第1機甲師団がオーバーランでこれまたイタリア軍部隊を壊滅させて進みました。

 枢軸軍側は防衛ラインを下げたのですが、前線に突出する形になってしまっていた有力な部隊に燃料を入れる必要上、犠牲部隊を作らざるを得ない状態にも……。

 あと、画像下の方のイタリア軍スペルガ師団(ピンク色のストライプの付いているユニット群)がこれまで単一の司令部/降車可能ヘクスから一般補給を引いていなかったことに気付き、やむを得ず(概算として)マップ上の2Tをこれまでの一般補給分として消費し、急いでまとまることにしました(>_<)




 ↓同、南方戦区

unit9955.jpg

 大きくはこれまでと変わっていないのですが、赤い矢印の部分で連合軍のフランス軍部隊が前進。後方には歩兵1個師団が到着しつつあり、連合軍はこの方面でも優勢になりつつあります。


 連合軍は複数の進撃路でうまくいきそうな所から突破するやり方である程度戦果を出せていますが、枢軸軍側の増援も馬鹿には出来ないので、史実通りいつかは進撃が止まりそうな気がします。現状は両軍とも、前線での補給事情を優先してSPを優先して前線に送り込んでおり、後方には部隊が溜まっている状態です(^_^;



 あと、今回のソロプレイにあたって、尼崎会で使用することにしている公式オプション/ハウスルールはすべて使用するていでやっていたのですが、少なくとも「21.3 独立ユニット(独立ユニットだけで攻撃するならSPは2倍消費、独立ユニットと複数ユニットフォーメーションが一緒に戦闘する場合は独立ユニットのARは使用できない等)」は外してプレイするのでなければ、そもそも連合軍側は攻勢なんかできない(独立ユニットの高いARに頼らないと攻勢できないので)よな……と思え、途中戦闘が始まった頃から外してプレイすることにしました。

 あと、「21.4 長距離飛行の影響(航続距離の半分以上を使用した場合は空戦力-1、爆撃は左へ1コラムシフト)」も、長躯進撃して攻勢する方にとってえらくしんどいルールで、使用しない方が良さそうだと思ったのですが、このルールに第1ターンから大きな制限をかけられつつプレイしていたので、途中から外すっておかしいかなと思って、どうしたものか……(^_^;


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR