FC2ブログ

大木毅さんの『「砂漠の狐」ロンメル』読了

 大木毅さんの『「砂漠の狐」ロンメル』を、ずいぶん前に読了していたのですが、その前に読んでいた『パットン対ロンメル』からの情報集積作業で手間取っていたため、ブログに書くのがだいぶ遅くなりました(>_<)





 個人的にこの本の一番の収穫は、以前、ロンメルはイタリア軍司令官からの抗議に、ヒトラーの許可を得たのだと嘘をついた? (2017/11/30) で書いていた「ロンメルは嘘をついたのか」という件に関して、「アーヴィングが嘘をついた(ロンメルを貶めるという自説に都合の悪い情報を故意に無視したりした)のであって、ロンメルは嘘をついてない」という詳しい説明があったことでした(P164)。

 アーヴィングが自説に相反する事柄を無視して著作を書いたという件については他にもP228で触れられており、またその直前(P227)にはロンメルに嫌悪感を抱いていたハルダー将軍が、ロンメルが要求した「2個師団」を「2個装甲軍団」と誇張していたと書かれていたりで、そういう情報操作が世の中にはあるものだ、あるいは人間にはそういうことは避けられないものだ、という感を個人的には強くします。


 大木毅さんは山崎雅弘さんの名前をまったく出していませんが、山崎雅弘さんがその著作『ロンメル戦記』でアーヴィングの著作を「基本的には信頼できる」として使用した後、大木毅さんがパウル・カレルを批判する記事で「近年はパウル・カレルを参考文献とする歴史家はいない」ということを書いた時に山崎雅弘さんがブログで、「ためしに手持ちの近年の資料でパウル・カレルを参考文献としているものを探してみたらこんなにありました(笑)」というようなことを書いていたことが、この本を書かせることになったのだと思われます(まあもっと複雑でしょうけども……)。

 例えば、本書P306には、参考文献としてアーヴィングの『キツネの足跡』を挙げた後、こう書かれています。

 本文に示したように、このアーヴィングの著作には、歪曲や捏造、史資料の恣意的引用などが多数ある。むろん、本書では、それらを指摘するために参照したのであって、事実関係を確定するための典拠にしているわけではない。特記する必要もないことであるが、マニアの一部には、参考文献に挙げてあることイコール資料価値を認めたことだと強弁する向きもあるので、敢えて贅言を弄しておく。


 パウル・カレルの『砂漠のキツネ』に関しても同様だとP311にあります。

 個人的には、史実に関する「論争」は終わりのないものだと思いますし、私はそういう論争自体好きなので、論争的なものはどんどんやっていってもらったらなぁ……と思います。





 一時期は『「砂漠の狐」ロンメル』はでっかい本屋に行ってもまったく見つかりませんでしたが、最近は小さい本屋でも平積みにされています。どんどん売れてもらったらいいですね~。



 あと、個人的に2番目の収穫は、↓です。

 このころ【1940年5月の対フランス戦役でダンケルクの戦いが終わった後の、第二段階「赤の場合」の時期】になると、フランス軍は、従来のように戦線の維持を重視するのではなく、森林や村落を拠点として、縦深的に抵抗する戦術を採用していた。それゆえ、ドイツ軍は、5月20日よりフランス軍総司令官になったマキシム・ウェイガン大将にちなんで、「ウェイガン線」と呼ばれた防衛線を突破するのに手こずった。
『「砂漠の狐」ロンメル』P145


というのは、OCS『The Blitzkrieg Legend』のプレイと史実を比べた時に悩むのが、「なぜ史実ではフランス軍やベルギー軍はそんなにもあっという間に退却してしまったのか」ということで、一応推測として「戦線至上主義だったからではないか(戦線の一角が破れると退却するというのが彼らの常識だったのではないか)」というのが個人的に思いついてはいたのですが、『「砂漠の狐」ロンメル』のこの記述はその推測を裏づけるものになりませんでしょうか?

 あるいは、「戦線よりも縦深が大事」というOCSはやっぱり素晴らしいなぁという主張の補強になりませんかね?(おい)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR