FC2ブログ

公式の「The OCS Depot(OCSの集積所)」が開設されていた?

 MMPのツイッターで知ったのですが、「The OCS Depot(OCSの集積所)」というサイトがあるとのこと。


 「僕たちのOperational Combat Systemのゲームをプレイするなら、OCSの集積所というサイトをぜひ知っておくべきだね」という感じでしょうか。

 OCSのSが「Series」でなく「System」となっていますが……(その方がいいような気もしますけど)。


 どうも色々見ていると、今までの公式のOCSサポートページからもリンクされていますし、そのリンクが「OCS Depot's OFFICIAL Honcho Support Page!」となっていますが、「OCSのHoncho(責任者:日本語の班長から来た英語)」といえばOCSのデヴェロップを良くやっているジョン・キスナー氏がそうだと思われ(どこかでそう書かれていたのを読んだ記憶があります)、そして当該「The OCS Depot」はページの一番下に「© 2019 The OCS Depot」と書いてあるので、2019年に開設されたということ???

 私が開設している「OCSの物置2」の「物置」というのは英語でいう「shed(家庭用の物置)」のイメージなのですが、「Depot」の方はもっと大規模な、物流とか軍事における「倉庫、集積所」というイメージで、かぶったようなかぶってないような……(^_^;



 で、見てみると、今までの公式サポートページには(多分)なかったような、色々面白いコンテンツがありました。

 とりあえずまず、OCSの次回作は『Hungarian Rhapsody』で決まりなのか、4-18というナンバリングがされてました(『Hungarian Rhapsody』は長らく、出る出るとされながら、『Smolensk:Barbarossa Derailed』に抜かれた感があったのですが)。

 その『Hungarian Rhapsody』のページの「HR Campaign in Photos」は、『Hungarian Rhapsody』に出てくる航空ユニットとその航空機の写真、あるいは陸上ユニットとその部隊が装備していた装甲車両の写真、および説明文があり、また戦場写真とその説明などがあるようでした。「HR Personalities」の方は両軍の指揮官の写真と説明文で、この2つのpdfは分量的にもものすごくて、個人的にかなり価値があるように思いました。とりあえず保存しておいて、実際にこのゲームをやる段になったら印刷して読んでみましょうかね……。

 あと、『Hungarian Rhapsody』については3月22日のMMPのツイートに↓のようなものがあり……(「2019年3月22日」の部分をクリックするとそのスレッド(複数のツイートをつなげたもの)を見ることができます(?))。


 各シナリオの大きさなど、色々情報が出てました。


 『Smolensk:Barbarossa Derailed』や『Tunisia II』には、ユニットの画像を使用した増援到着表が用意されてました。


 『Beyond the Rhine』のページで面白かったのは、「BTR and Normandy」という、OCSノルマンディーと『Beyond the Rhine』との連結マップの概略データでした。表示に時間がかかったり、縮小されて表示されたりすると思いますが、倍率をいじって見てみると、ラフなマップながら結構ちゃんとデータ化されている感があります。OCSノルマンディーはこれまたちょうどフルマップ4枚に収まる(ブルターニュ半島の先端が収まってませんが(^_^;)ようで、ぜひ出して欲しいものですね~。


 『DAK』&『DAK2』のページには、かつての(The Gamersの?)サポート誌『Operations』の記事そのままですが、「Mersa Matruh Scenario」という追加シナリオがありました。どうも、ガザラの戦いの後、エル・アラメインへの連合軍の退却と枢軸軍の追撃を扱ったシナリオのようで、私はこの局面にかなり興味があって、『DAK2』にそのシナリオがないか探してみたがなかった……ということがあったので、もし私が期待するものだとすれば大興奮ものです!

 それから、これまた『Operations』の記事で、「The Bordello」というのは『DAK』&『DAK2』に含まれているイタリア軍の移動娼館ユニットについての詳しい記事のようです(^_^; とりあえず値段の表とかがありました。これは読まないとダメですね!(今ちょっと忙しいので、余裕ができたら)。


 ↓『DAK-II』の移動娼館ユニット(左が戦闘モード、右が移動モード)。

unit00078_20190324192630186.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR