FC2ブログ

大木毅さんの新刊『「砂漠の狐」ロンメル』が発売されてました

 今日朝、読売新聞日曜朝刊の書評欄を開いて、「砂漠の狐」と書いてあるのが目に入り、すごくびっくりしました。

 良く見てみると、大木毅さんの『「砂漠の狐」ロンメル』という本が角川新書から出ているということで、「おお~」と。

 日本におけるロンメル像の認識は40年遅れだそうで、最新の研究成果によるロンメル像を提示してくれそうです。早速、購入したいと思います。



 ↑3/9発売となっているのにもう6件もレビューが……すごい(^_^;



 ところで、前号のコマンドマガジンの大木さんの記事が「ロンメルはパスタを好んだか」というもので、私は以前、ロンメルは隠れてパスタを食っていた!? (2013/12/11) というエントリを書いていたのでその記事がかなり気になって、こかどさんに「読ませて欲しい!」とお願いしていました。

 で、先日のゲームマーケット大阪でようやく読ませてもらったのですが、読んでみると大木さんの記事のソースも私のと同じもの(だけ)でした。違うソースならこの話に信憑性が格段に増したところですが、同じソースならまだ良く分からないところか……(しかも取り上げたのは私の方が遙かに早かった!(^-^))。

 ただ、私も当該エントリで「この本の記述がそれほど詳しくないので、結構推測混じりになる」と書いていたのですが、大木さんも「証言には、ある曖昧さがある」とし、↓のように書いておられました。

 ……「旅行」というのは、そのような前線視察のことではなく、同盟国イタリアの軍首脳との協議のため、後方の高級司令部に赴くという意味ではなかろうか。それならば、イタリアの将軍・参謀たちを迎えての会食ということも多々あったろうと推測され、その際にパスタを供したとしても不自然ではない。シュピターラーが、食材の調達を命じられたのも、かような背景があったのではないかと、筆者は想像する。
『コマンドマガジン Vol.144』P39



 なるほど~。そうかもしれません。いや、そういうことにしましょう(おい)


 この件が新刊の新書に含まれているどうか気になるところですが、いやしかし、新書で、つまり1000円程度の本で出版されて、結構多くの書店に並ぶだろうことは非常に喜ばしいですね~。これまでの大木さんの本は4000円~6000円くらいででっかい本屋にしかないのが普通のことでしたから。


 あと、(今や大木さんとは仇敵となったっぽい)山崎雅弘さんの『詳解 西部戦線全史』(学研M文庫)を私は持っていたのですが、ちょっと前に朝日文庫からその改訂版『新版 西部戦線全史』が出てまして、書店で見かけた時には「改訂前版を持っているしなぁ……」ということで購入は見送っていたのですが、今度OCS『Beyond the Rhine』をやることになって、すでに一度読んだこの本を読み返そうとした時に、「どうせなら改訂された本の方で読んだほうがよくね?」と思い、ネット注文して購入しました。



 これも1300円くらいで買えますし、読書メーターというサイトでは肯定的な書評が結構ついてました。それに学研M文庫より、朝日文庫の方が若干、普通の本屋でも並びやすい……?


 改訂の度合いが知りたかったのですが、「大幅に加筆」「加筆修正した、増補新版」とかって書いてある(だけの)感じでした。修正箇所が多岐にわたって、いちいち書けないくらいだったということでしょうか。でもそういうことはいくらでもあると思うので、全然OK! むしろそういうの大好きです。

 『Beyond the Rhine』プレイに向けて、また読んでいくつもりです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR