FC2ブログ

OCS『The Blitzkrieg Legend』キャンペーン(オランダ抜き)第3ターン後攻

 この土曜日、尼崎会(拙宅)でOCS『The Blitzkrieg Legend』キャンペーン(オランダ抜き)の第3ターン後攻(ドイツ軍)をプレイしました。


 その前に、ワニミさんが『Smolensk:Barbarossa Derailed』と『Sicily II』のマップをA1→A0へと拡大したものを業者に作ってもらったとのことで、見せてもらってました。

unit00361.jpg

 ハイスタックになるゲームはこれでだいぶやりやすいということで、ワニミさんは自宅で『Sicily II』の連合軍サイドを研究するつもりだとのことでした。



 あと教えて貰ったのが、ワニミさんが買っていたオスプレイの『Fall Gelb 1940 (2): Airborne Assault on the Low Countries』に載っていた↓の地図(「Fall Gelb」とはドイツ語で「Case Yellow」、つまりフランス侵攻計画のこと)。

unit00362.jpg

 低地ベルギーへの進行経路が、赤色の矢印がドイツ軍で、青色の矢印が連合軍の動きで描いてあります。緑色の半透明の矢印で描き足してあるのが、今回(のみならず今までにプレイした際でも)のドイツ軍の動き。

 史実ではマーストリヒトやエバン・エマール要塞の北側を主に抜いていっているのに対して、ゲーム上ではエバン・エマール要塞の南側とリエージュ周辺を攻略する動きになってしまってました。いや実は、この北側の動きは今回のプレイでも「そういう作戦の可能性はありじゃないか……?」とは思ったものの、「史実ではそんなことしてないわけだし、まあやめとこう」……と思っていたのですが、史実でやってるんじゃないかー!!(^_^;

 こういう動きに関する地図資料を今まで見たことが(たぶん)なかったので、多分に思い込みでエバン・エマールの南側を必死で攻略しようとしていたのだと思われ……。

 しかも史実の動きが分かってみれば、そうすればリエージュ周辺の要塞地帯を攻略する必要がなくなるし、ARが低いベルギー軍の相手をしていればいいなど、いいことずくめなような気も……。

 このオスプレイの『Fall Gelb 1940』シリーズ?ですが、これより前に出ていた『France 1940: Blitzkrieg in the West』を私はだいぶ前に買ったものの、内容が当時日本語で読めた文献と変わらない程度しかなくて、非常にがっかりしてそれ以後しばらくオスプレイシリーズを買えなくなるほど精神的ダメージを負ったのですが(おい)、新しく出たフランス戦シリーズの『Fall Gelb 1940』は分冊にもなって、ぱっと見の地図でも素晴らしい感があります。

 ワニミさんに借りてコピーさせてもらおうかとも思ったのですが、コピーの際に本が開いてページが脱落する恐れもあり、まあ自分でも買った方がいいやんということで、購入することにしました(1400~1700円程度で、割と安かったです)。ちなみに(1)がアルデンヌ中心、(2)がベルギー、オランダの低地諸国の戦いで、この2冊は注文したんですが、他にダンケルク本とか、先日書いていた「非常に読みやすく面白い」ロバート・フォーチャイクの「Case Red」(ダンケルク後のフランス征服)に関する本などもあります(これらは買ってません)。






 さてさて、『The Blitzkrieg Legend』のプレイの方なんですが、史実が分かってみると、「北では、史実で避けていたリエージュ要塞地帯に突っ込み、南では、史実で避けていたマジノ要塞地帯に突っ込んでいる我々のプレイは何なのか……?」という気もしたのですが、とりあえずは続けて頑張ってみることにしました。



 ↓ベルギー低地。

unit00363.jpg

 包囲されてしまっていた第2装甲師団の先鋒を救い出すために恐るべき努力を強いられたりしてまして、それだけでも「あかん」という感じなんですが、現況においてはリエージュを落とさなければ補給路的に厳しすぎるということで、130火力で砲撃後、93戦力19Tを注ぎ込んで攻撃したところ……! 全5ステップのうち3ステップしか削れず~。しょうがないので、予備にしてあった第20自動車化歩兵師団でオーバーランを繰り返したのですが、第20自動車化歩兵師団は全滅するも、リエージュは落ちず……。

 「あは、あは、あははははは……。そうですよね。そうなんですよね。リエージュ要塞を攻撃しなければならないという、我々の作戦自体が間違っていたんですよね……」

 と半分精神崩壊的な感じに(爆)。



 ↓アルデンヌの南のマジノ要塞地帯。

unit00364.jpg

 一方、ワニミさん担当のマジノ要塞地帯でも、このターンはDGにされていた装甲師団群が回復しなければ大攻勢ができないということでそれほど進展なし……?


 で、第4ターンに入るにあたって、ドイツ軍がイニシアティブを取ってダブルターンにできれば、まだ目はあるかもと思われたのですが、連合軍側がイニシアティブを獲得し、連合軍側としてはまあ先攻を取るよね、ということで「もうダメだぁ~」となって、また一からやり直すことにしました(^_^; ま、まあ、だいぶ反省点もあったし、オランダも追加するしということで、いいんですよこれで( ̄^ ̄)エヘン(おい)


 で、午後は「オランダ込み」のセットアップをやっておりました。担当は前と同じですが、私にはオランダ戦区のドイツ軍も追加されることになります。そいでもって、リエージュ周辺は避ける史実に近い作戦を取ろうと思うので、今度は「戦区間問題」は最初のうちは生じないのではないかと思います。

unit00365.jpg


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

「 リエージュ占領を放棄するならば、代わりに大都市を占領して貰う必要がある。」
との事です。
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR