FC2ブログ

フィギュアでWW2の1/8スケール銃器6種を入手+1/6のMG42

 先日、第二次世界大戦の銃器を持ったキャラクターの中古フィギュアを買った話を書いてました(→ドイツ軍のMG34機関銃やMG42機関銃のためにフィギュアを買う……ということにするバキッ!!☆/(x_x) (2018/08/30))が、その後たまたま以前インストールだけしていたメルカリアプリを開いてみたところ、「1000円引きクーポン」が利用できるということが分かり、「えっ。それなら……」と同様の中古フィギュアを探してみて、1体ほど相場よりも少し安く手に入れることができました。

 で、その後もまた「1000円引きクーポン」が来たりで、うんうん悩んで、Amazonなども利用して最終的にそのフィギュアの種類でもって揃えられるほぼすべてのヨーロッパの銃器の種類をフィギュアを入手して揃えてしまいました(^_^;(フリーガーハマーというのもあったのですが、これは実戦ではほぼ使われなかったらしいので、まあいいかな、とパスしました)


 最終的に揃えた銃器の種類は以下のようになります。

ドイツ軍のMG34
……アルター ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ レビュー : 複合材な日々

ドイツ軍のMG42
……[フィギュア撮影レビュー] アルター ストライクウィッチーズ2 ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ

イギリス軍のボーイズ対戦車ライフル
……アルター リネット・ビショップ レビュー : 複合材な日々

イギリス軍のブレン軽機関銃MKⅠ
……アルター ペリーヌ・クロステルマン レビュー : 複合材な日々

アメリカ軍のBAR
……[フィギュア撮影レビュー] アルター ストライクウィッチーズ シャーロット・E・イェーガー

アメリカ軍のM1919A6
……アルター フランチェスカ・ルッキーニ レビュー : 複合材な日々


 これらのフィギュアが店頭で(定価で)売られ始めた頃にも私は手に取ってじーっと見てはいたんですが、単純に顔だけを見て「アニメの顔とちょっと違うよね」と思って「買うのはないなぁ」と思っていました。

 しかし今になって分かってきたのが、このストライクウィッチーズのフィギュアを作っていた会社の中でもアルターという会社のものは、それぞれのキャラが持っている武器の精巧さ、かっこよさ、汚しの素晴らしさ、それに戦闘機(ストライカーユニット)部分の塗りがしっとり落ち着いていて第二次世界大戦らしさを感じられること、マークの緻密さ、回転しているプロペラも非常にいい感じだし、こだわりがすごくて、それらを見ているだけでも癒やされます(^_^;

 もちろんフィギュア本体も良く良く知ってみれば、衣服や肌などもすごいと思いました。

 他にいくらかあるストライクウィッチーズのフィギュアを作っていた会社のものと比べて、アルターのものは私の個人的な嗜好に非常に合うのだなぁということが分かってきた次第です。アルターのストライクウィッチーズのフィギュアは他にも数種類あるのですが、しかし銃器の種類的にかぶる(あるいは日本の銃器になる)ので、とりあえずこれ以上はいいかな……と思っています。



 あと、メルカリの「1000円引きクーポン」は、最終的に1/6のMG42を見つけてそれを購入してみました。ストライクウィッチーズのMG42は史実にはなかったサドルマガジンが付いているので、それなしのものが欲しいというのがありましたので。


unit00322.jpg

 右端の見切れてしまっているのは、予備銃身でした。その左が予備銃身のキャリングケースのようです(ぴったり入ります)。

 本体や銃弾はプラスチック製なのですが、予備銃身は金属製であるように感じます。排莢された後の空薬莢も金属製っぽいです。あと、ベルトは革製?




unit00323.jpg

 MG42はWikipediaによると「銃身はMG34のものより軽く摩耗も早かったが、銃身カバー右後端のハッチを開くだけで簡単に銃身を抜くことができ、数秒で交換することができた。戦闘時には脇に予備銃身をおき、時々交換して冷却しながら使用した。」なのですが、それが再現できるようになっていました! すげぇ。元々中に入っていた銃身はプラスチック製っぽく、それを抜いて、金属製っぽい予備銃身ももちろん本体に収めることができました。




unit00324.jpg

 サドルマガジンを付けてみたところ。



 自分は1/144の戦車や戦闘機、それにこれらフィギュアの銃器や軍服や、あるいはウォーゲームのユニット(特にOCS)とかにかっこよさを感じて(なぜか)癒やされるのだと思います。せっかく手に入れたものなので、折に触れて眺めて癒やされようと思っております(^_^;


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR