FC2ブログ

OSPREYの「RAID」シリーズ:リトルサターン作戦ものを買いました

 ぼーっと試しに「operation little saturn」で検索していて、リトルサターン作戦の中のソ連軍のタチンスカヤ襲撃に関するサイトを見つけました。

Twenty-Fourth Tank Corps of 1st Guards Army in the Tatsinskaya Raid, December 1942

 とりあえず地図がすごく良くて、印刷してみていたのですが、その下にある表紙のようなものは本なのか……っと、その下のリンクをクリックしてみたら、やはり本で、なんとOSPREYの本でした。OSPREYとは思えない表紙でしたが(^_^;





 Amazonの書評を(Google翻訳で)見てみると評価が総じて高く、ペーパーバック版を購入してみました(ウェブサイトの地図を印刷してしまいましたが、これは本の中に入っているものだと思われ……(^_^;)。


 これはOSPREYの「RAID(襲撃)」シリーズというものの一作らしく、試しにAmzonで「osprey raid」で検索してみると、いっぱい出てきました。最初にあったのが赤穂浪士の吉良邸襲撃ものだったのにはびっくりしました(^_^;

 様々な時代、地域の「襲撃」が取り上げられていましたが、私が他に買うとしたら↓とかでしょうか。とりあえず買わないでおきますが……。




 皆さんも一度ぜひ検索してみて下さい。


 というか、洋書を買うものの読む速度が追い付かないです(T_T) ってか、最近はミリタリーに関係ない和書も結構買っていて、それも消化速度が追い付いてません(>_<)

 しかし、ここ2年くらいかけて北アフリカ戦ものは手持ちの和書、洋書両方を総ざらえでチェックして興味のある人物像や部隊評価などの資料を集積してまして、ちょっともうこれ以上は北アフリカ戦の洋書は買わないことに決め、あと手持ちでまだチェックしてないのはチュニジア戦をメインで扱っている『The Campaign for North Africa』だけになってます(→エスイグ氏推薦のチュニジア戦の本を入手しました (2018/04/17))。

 『The Campaign for North Africa』をチェックして、集積した北アフリカ戦の情報をブログに出しながら、次はぜひ最も興味のあるリトルサターン作戦周辺の洋書に目を通して、情報を集積していきたいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR