FC2ブログ

ルイ・フェルディナント公について、まとめ

 Shakos『Napoléon 1806』に出てくるプロイセン軍の将軍達について調べる、第3弾はルイ・フェルディナント公についてです。


 おおまかには、日本版Wikipediaを参照していただいたら。


Louis Ferdinand of Prussia
↑ルイ・フェルディナント公(Wikipediaから)


日本版Wikipedia「ルイ・フェルディナント・フォン・プロイセン (1772-1806)」



 さらに、『Who was who in the Napoleonic Wars』の記述を挙げてみます。

 【フリードリヒ大】王の甥でフェルディナント公の息子であり、「プロイセンのアルキビアデース」と評された彼はクラウゼヴィッツによれば、偉大なる将軍となり、その時代のプロイセン軍の指導的な指揮官となる潜在力を持った人物であった。その軍事的、行政的能力を買われて、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世が導入した改革に関与し(そこで彼は進捗の遅さを感じていた)、ルイーゼ王妃と共に宮廷の「主戦派」の指導者となった。彼は1806年戦役における主要なプロイセン軍指揮官達の中で最も若く、中将としてホーエンローエ=インゲルフィンゲン指揮のプロイセン・ザクセン連合軍の前衛師団を率いた。その軍事的才能がどんなものであったにせよ、それはイエナ・アウエルシュタットの戦いの4日前の1806年10月10日に彼が比較的小さな部隊でランヌの第Ⅴ軍団とザールフェルトで交戦し、敗北した時に失われることとなった。フランス軍の前進を食い止めようとして騎兵突撃の先頭に立った彼は、負傷したにも関わらず降伏を拒否し、フランス軍第10ユサールの主計将校ギュアンデによって殺されてしまったのである。彼の死はプロイセン軍に重大な衝撃を与えたが、ナポレオンはこれはこの戦争を彼が促進したことに起因したのだと語った。
『Who was who in the Napoleonic Wars』P194



 古代ギリシアのアルキビアデースに喩えられた、というのですが、アルキビアデースといえば私の印象はまず「裏切り者」なんですが……(^_^; しかし容姿が美しく、才能も抜群で、「将来アテネを背負って立つ」と思われていた、というのはあります。そこらへんがルイ・フェルディナント公と似ていると思われたということなんでしょうか。


 また、『クラウゼヴィッツ 『戦争論』の誕生』にはルイ・フェルディナント公に関してかなり詳しい記述がありました。1つ目に挙げるのは著者による評で、2つ目に挙げるのはクラウゼヴィッツが書いた論文の中の評です。

 国王【フリードリヒ・ヴィルヘルム3世】とフェルディナント公【フリードリヒ大王の末弟】の長子ルイ【・フェルディナント】との間が気まずくなったのもこのころである。いくつかの革命戦争を闘ってきたこの二十歳の将軍貴公子は、すでにマインツ攻防戦で砲火をくぐりぬけ、 負傷したオーストリアのマスケット銃兵を救出するなど気概のあるところを見せ、カリスマ的行動志向があった。だが、彼は国のためにつくしたいという意欲にあふれていたのに、重要な軍事、政治問題の圏外に置かれていたのである。
 戦争が一段落すると、彼は地方の駐屯地を転々として無為に日を送り、次々に愛人を囲って財政に窮するという有様で、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世やその後継者の現国王との間に金銭や結婚問題をめぐっていざこざが絶えず、裁判沙汰にまでなったこともある。しかし、彼が自堕落な生活を送っているという噂はやや誇張で、当人は政治、経済の諸理論や軍事問題の知識を広め、シュタインやシャルンホルストのような人たちに教えを請いたいと心から願っていた。彼は多才でしかも努力家であり、作曲もすればピアノも弾いた。ベートーベンは彼のピアノ演奏を聴いて、「殿様芸の域を脱している」と言い、シューマンは彼の作った曲について、「古典派の中のロマン派」と評し、音楽に新時代を開いたシューベルトのようなひらめきを感じさせたと後年書いている。
  19世紀に入ってから、ルイ・フェルディナントはまだ適職には恵まれないものの、定期的にベルリンにやって来ては長期滞在するようになり、芸術や社会問題に関心を持つ人たちのグループに仲間入りしてたちまち注目を浴びた。彼は軍事協会のメンバーでもあり、 ベルク伯爵夫人の家にもしばしば出入りし、ここでシュタインをはじめとする閣僚達や、 ゲンツ、ヨハネス・フォン・ミュラー、アレクサンドル・フォン・フンボルトらの作家、学者たちとも定期的に会合をした。
『クラウゼヴィッツ 『戦争論』の誕生』P164~5

 彼はアテネの将軍アルキビアデスの生まれ変りのような人物だった。人間として成熟しきれなかったのは私生活の乱れも災いしている。彼はあたかも軍神マルスの長子の如く勇敢で大胆不敵 、決断力に富んだ男だったが、旧家の家長にありがちな、富を鼻にかけ、世事に無頓着な人間で、教育によって自分の精神を高め知的世界を広げようと真剣に考えたことがなかった。
 フランス人は彼のことを"されこうべ"と皮肉るが、もし彼らが"頭は空っぽだが熱しやすい"という意味でそう呼ぶなら、誤解もはなはだしい。彼の勇気はいわゆる向こう見ずとはちがって、偉大さ - つまり真の義侠心の飽くことない追求から出たものである。子ども時代からそうで、戦争で危険に身をさらすことがなければ、じゃじゃ馬に跨がり、激流を突っ切って狩りに出たがる。
 猛烈に頭が良く、身ごなしは洗練されていて、ウィットに富み、読書家で多才。とりわけ音楽に秀でていた。彼のピアノの腕前は名人級である。
 ……フリードリヒ大王の甥で、勇敢で大胆、なかなかの遊び人でもある若くてハンサムなこの貴公子将軍は、まもなく兵隊や若手将校たちのアイドルになった。しかし、古参の頭がこちこちの将軍たちはこういうタイプの青年紳士には首を傾げ、フレッシュな才能など無用な軍隊の日課や規則にがんじがらめにしてその芽を摘んだ。
 ……彼は仕方なく放埒な生活に浸って多額の借金を作り、そのエネルギーのはけ口をひたすら享楽に求めた。とりまきも立派な人たちばかりだったとは言えない。 それにもかかわらず、彼は決して自堕落に陥らなかった。頭は常に水面に出し、精神は高貴な領域に住まわせておいた。国家、祖国の重大事から目を離すことはなく、栄光と名誉に憧れ続けた……ところが結果的にはこれが政府関係者から煙たがられた。国王はとにかく彼とかかわり合うまいとした。 真面目な王は、 彼の放縦な生活ぶりが気に喰わなかった。独裁国の君主なら無理もないことではあるが、国王は彼の野心をのさばらせまいと警戒もした。彼の才気煥発さがかえって王を懐疑的にした(『破局を迎えたプロイセン』)。
『クラウゼヴィッツ 『戦争論』の誕生』P166~168


 この最後のところの分析は「なるほどなぁ」と思います(クラウゼヴィッツ自身がその後、国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世からひたすら疎まれてひどい目に合わされ続けるというのも……(T_T))。

 クラウゼヴィッツが書いた論文である『破局を迎えたプロイセン』ですが、おそらく↓がその英訳だと思われます。

EXCERPTS FROM NOTES ON PRUSSIA IN HER GRAND CATASTROPHE OF 1806
by CARL VON CLAUSEWITZ Translated by COL [US Army] Conrad H. Lanza


 ただ、一部の抜粋だそうで(それでもかなりの量ですが)、私は(ルイ・フェルディナント公に関してあったように)色々な将軍の人物評があれば読んでみたいと思ったのですが、ざっと眺めてみた感じではそれはなさそうで、ずっと戦役に関する分析が続いている感じでした。いくらかタウエンツィーンの名前が出てきて見ていると、「この時タウエンツィーンがもっとこうしていれば……!」と書いてあるような気がしました(>_<)。あと、クラウゼヴィッツはルイ・フェルディナント公の弟であるアウグスト親王の副官であったのですが、10月28日にプレンツラウで勇戦空しくフランス軍の捕虜となってしまったので、その時のくだりのことが書いてある論文も最後に付いていました。



 ウェブサイト「祖国は危機にあり!」を書かれているR/Dさんもそのブログでルイ・フェルディナント公に関して書いておられ、大変面白いです。

ルイ=フェルディナント



 また、ウェブサイト「プロイセンの王妃達」を書かれている霧野智子さんもルイ・フェルディナント公について書かれています。

ルイ・フェルディナント・フォン・プロイセン

 霧野智子さんはルイ・フェルディナント公に関する同人誌?も出しておられて私は持っているのですが、今は販売されていない?


 それから、ヤン・ラディスラフ・ドゥシーク(あるいはドゥセック)という作曲家とルイ・フェルディナント公が非常に仲が良かったという話があります。日本版Wikipediaには、

ドイツでは、初めはリストを予告するような、最初の美男のピアニストだった。ルイ・シュポーアによるとドゥシークは、「淑女たちが彼の美しい横顔を愛でることができるように」、舞台上にピアノを横向きに置いた最初のピアニストだった。だが間もなく、プロイセン王子ルイ・フェルディナントに仕官するようになり、王子には使用人としてよりもむしろ友人や同僚として遇されるようになった。2人は時おり一緒になって、「音楽の饗宴」と呼ばれた乱痴気騒ぎに興じもした。ルイ・フェルディナント王子がナポレオン戦争で戦死すると、ドゥシークは感動的な《ピアノ・ソナタ〈哀歌〉》作品61を作曲する。


 とあり、また、第120回しばざくらコンサートの解説pdf?には「そしてハンブルクからさらにベルリンに向かい、彼はそこで音楽にただならぬ見識を持っていたプロイセン王国のルイ・フェルディナントの知遇を得て、1804年からその宮廷楽長を務めました。フェルディナントは自ら楽器を演奏するだけでなく(ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番は彼に捧げられています)、作曲もたしなんだので、ドゥセックはその助言も行ったようです。フェルディナントはドゥセックを片時も手放さず、戦場への遠征にも同行させるほどでした」とありまして、以前この作曲家がどういう風にザールフェルトの戦場に同道していたかの文をどこかで見たことがあるような気がするのですが、今回見つけられませんでした(>_<)


 あと、「ルイ・フェルディナント」で検索すると、クラシック曲の動画が結構ヒットしますから、それでルイ・フェルディナント公の曲を聴くことができます。




 さて、1806年戦役の時なんですが、『1806:Rossbach Avenged』10月8日~10日セットアップなど (2016/03/22) で、OSGの同ゲームにセットアップをしていた画像があるのでそれに地名等を上書きしたもので説明してみます。

unit00308.jpg


 セットアップは10月8日(早朝?)のもので、この領域にはフランス軍はまだ全然いません。ユニットがいくつか見えているのはすべてホーエンローエ麾下のもので、ルドルシュタットに青い□で囲んだユニットがスタックしています。マップの西側にはブラウンシュヴァイク公のプロイセン軍主力がおり、元々そこから南西の方向へ向かってフランス軍(およびその補給源)への攻撃を企図していたのですが、フランス軍が思っていたよりも東にいるらしいことを知って、より東に移動中という感じです。

 矢印で示したのは史実のその後1806年戦役の流れであり、青い矢印は一番左がランヌとオージュロー、真ん中がベルナドットとダヴー、一番右がスールトとネイのそれぞれの軍団の進路で、黒い矢印はブラウンシュヴァイク公のプロイセン軍主力の進路です。

 さて、ルイ・フェルディナント公ですが、OSGの『1806 Coming Storm』P21によれば彼はこの前日(10月7日)の夜にルドルシュタットにてカロリーヌ・ルイーゼ公爵夫人の舞踏会に出席しており、公爵夫人の求めに応じてそのピアノの素晴らしい腕前を披露していたとか。そこで公爵夫人はこのように言ったそうです。
「あなたはこれから他のピアノも演奏しなくてはなりませんわね、殿下」
 それに対して彼は陽気にこのように答えたとか。
「そう、しかしもっと耳障りなピアノをですけどね」(Bauer, Frank, Saalfeld 1806, p.30.)


 その後のルイ・フェルディナント公の動きについて、参照した資料では「ルイ・フェルディナント公が悪い」説と、「ルイ・フェルディナント公は悪くない」説の2つがあるようでした。

 まず「悪い」説。これは『A Military History and Atlas of the Napoleonic Wars(Revised Edition)』(MAP60)にあるのですが……。

 【10月9日、】ホーエンローエの前衛軍を指揮していたプロイセンのルイ・フェルディナント公は、ブラウンシュヴァイク公の前衛と交代するまで、ルドルシュタットを保持し、ルドルシュタットとザールフェルトの間でザーレ川を渡るように命じられた。ルイはその後ペスネックを通過して東進し、ホーエンローエ軍に再び加わることになっていた。
 だがそうする代わりに、ナポレオンの敵たることを公言していたルイ公は、即座にザールフェルトに部隊を派遣し、10日には彼の指揮する全軍で続いた。この一見衝動的な行動の理由は、未だ不明である。

 【10月10日、】ランヌは彼の先導師団をルイの右側面に回り込むように機動させ、ルイをザーレ川に追いこんだ(この間、ルイはホーエンローエからの2つ目の命令を受けとっていた。その内容は、ルドルシュタットに留まり、ザーレ川とイン川の間の領域をカバーし、正常状態を保てというものだった)。しかし、ルイがそれを実行しようとしたとしても、ランヌの側面攻撃はあまりに迅速すぎるものだった。そのザーレ川の橋は1300時ちょっと過ぎに確保された。ルイは、土壇場で彼の騎兵を率い、絶望的な突撃を実行したが、あるフランスユサール軍曹によって斬り殺された。


 ザールフェルトに行く必要もザールフェルトにこだわる必要もなく、ペスネックへ向かえば良いのを、なぜかルイ公はザールフェルトへ向かったことになっています。


 一方、『クラウゼヴィッツ 『戦争論』の誕生』とチャンドラーの『ナポレオン戦争 第3巻』は、上官であるホーエンローエの命令が曖昧であったため、ルイ・フェルディナント公が勘違いしてしまったことが原因である(すなわちどちらかというホーエンローエが悪く、ルイ・フェルディナント公は悪くない)、という立場を取っていました。

 両部隊とも相手の位置や出方の見当がつかない。そんな中で、10月10日、プロイセン軍前衛部隊を率いるルイ・フェルディナント公はフランス軍最左翼軍団に襲撃された。命令が不徹底だったため、彼はあらゆる犠牲を払ってフランス軍を阻止せねばならないと思い込んだ。多勢に無勢の上、位置的にも不利な彼の軍団は惨敗し、フェルディナント公は戦死した。
『クラウゼヴィッツ 『戦争論』の誕生』P189


 ↑こちらは非常に短いですが、チャンドラーの方はえらく長めに説明しているので、ザールフェルトの戦い中のフランス軍の描写に関しては省略して引用してみます。なお、チャンドラーはルイ・フェルディナント公を「ルートヴィヒ・フェルディナント王子」と書いています。

 その間【10月9日】、プロイセン軍の幕営ではいつものように紛糾が頂点に達していた。アウマの近郊で混乱に陥った自分の部下、つまりタウエンツィーンの失策という知らせにより、ホーエンローエは彼の支援のため、ザーレ川を越えて全軍を前進させる準備をした。9日と10日の夜の間にルートヴィヒ・フェルディナント王子が、ザールフェルトから先のグラーフェンタールへと数多くの敵の露営火が連なることを報告してきた。そこで彼の上官【ホーエンローエ】は、渡河の用意のためにルドルシュタットとカーラの間に即時プロイセン軍を集結させるべきだとの確信を強めた。不幸にしてルートヴィヒ王子に対するホーエンローエの指示が曖昧だったため、結果として前衛の司令官【ルートヴィヒ・フェルディナント王子】は、その使命がザールフェルトの細道を保持し、かつホーエンローエが彼の主力軍をアウマへと移動させる間(タウエンツィーンを支援するため)、さらにはブラウンシュヴァイクが王子軍の左翼の空白地帯を埋める目的で彼の軍隊を連れて来る間、時間稼ぎをすることであると勘違いしてしまった。その結果、ブラウンシュヴァイク軍は躊躇しつつエルフルト近郊にとどまっていたため、ルートヴィヒ王子はだんだんと孤立していったのだ。翌朝までに、ホーエンローエも、提案したザーレ渡河の是非について考え直してしまった。事実、ブラウンシュヴァイクは無遠慮にも移動を禁じてしまっており、したがって彼も前進を撤回したのであった。この新しい命令は10日午前11時に不運なルートヴィヒに届いたに過ぎない。彼はいまや、ルドルシュタットを堅持してランヌ軍の攻撃を耐えしのぐよう指示されていた。しかしそれはあまりに遅かった。午前10時以来、既にザールフェルトでは交戦状態に突入していたのである。
 ルートヴィヒ王子は、自分の任務がホーエンローエのアウマ進撃を覆い隠すと同時に、予想されるランヌ軍団の介入に対してブラウンシュヴァイクのルドルシュタット進軍を保護することにもあると堅く信じて努めてきたが、午前7時……彼の軍勢を、グラフェンタールへと続く細道からの出口を押さえるため、ザーレ川の左堤に布陣すべく移動したのであった。
『ナポレオン戦争 第3巻』P49,50


 「ザーレ川の左堤(左岸:上流から見て左側)」というのは、ザールフェルトの位置においては川の南西側になります。

 ↓はOSG『1806 Rossbach Avenged』で生起したザールフェルトの戦い。

スクリーンショット_160107_025

 真ん中の「SAALFELD」(街ヘクスはルイ公のユニットの下で見えません)の左横に「Wolsdorf」や「Schwarza」の村が描かれていますが、(ゲーム上とは異なり)実際にはザールフェルトの戦いはザールフェルトの街の西側の数ヘクスでおこなわれていました。

 『Jena - Auerstaedt:The Triumph of the Eagle』にはザールフェルトの戦いの地図が2枚載っているのですが、2枚目の方だけ挙げさせてもらうと……(この本、一番すごいのは軍装と軍旗がフルカラーで多数収録されていることで、地図も細かいのが充実しています。あと、フランス軍の将校について詳しいです)。

unit00309.jpg

 このようにルイ・フェルディナント公がザーレ川を背にして戦っていたことについて、チャンドラーの書き方は「その必要があったからそうした」という感じに響くような気がしますが、英語版Wikipediaは「フランス軍は高地を占め、一方プロイセン軍は背後にザーレ川があり、退却は難しかった。」と書いており、フランスの歴史家(というか1871~3年のフランス大統領)のティエールは、「ルイ公は退却が非常に難しい、軍事的によろしくない配置をおこなっていた。もし彼に慎重さというものがあり、そして虚勢を見せて急行する必要がなかったならば、彼は可能な限り素早く退却すべきだったのだ……」というようなことを書いているようです(OSG『1806 Coming Storm』P25:Thiers, p.266)。

 ザールフェルトの戦いの推移については、たいしてルイ・フェルディナント公の人物像が見える感じの記述も見つけられなかったのでスルーしたいのですが、今回資料を読んでいてびっくりしたのが、この戦いにあのグナイゼナウが参加していたと書かれていたこと。グナイゼナウが1806年戦役の時にどこにいたのかはずっと気になっていたのですが、今まで分かっていませんでした。前掲の地図にも「Gneisenau」とあり、中隊長であったことはOSG『1806 Coming Storm』にも『Jena - Auerstaedt:The Triumph of the Eagle』にも書かれていたのですが、階級については書かれていません。改めて「Prussian Generals of the Napoleonic Wars 1793-1815」のグナイゼナウのページを見てみたら、確かにグナイゼナウはザールフェルトの戦いに参加したと書いてあり、しかも脚を負傷しつつ強力なフランス騎兵の突撃を何度も受けたにもかかわらず、戦列を維持し続けて名を挙げたと書かれていました。さすがグナイゼナウ……。

 さらにもう一人気になるのが、ミュフリンク連隊長?というのが出てくる(記述にも、地図上にも)ことで、このミュフリンクが偉大なるプロイセン陸軍参謀総長様だったとわ……! (2012/08/10) ミュフリンクについて再点検 (2013/03/23) で書いていたミュフリンクと同一人物であるかどうかが気になり調べたのですが、よく分からないままです……。



 さて、ルイ・フェルディナント公は「麾下の部隊が混乱し始めるのを見たルイ・フェルディナントはフランス軍の騎兵に対して突撃をおこなった。ルイ・フェルディナントは降伏勧告を拒否し、フランス軍第10ユサール連隊の主計将校ジャン=バプティスト・ギュアンデを負傷させたものの、その後の戦いで討ち取られてしまった。」(英語版Wikipedia)のですが、その戦死の際の詳細について諸資料を見ると、色々と違いがありました。


Heldentod der Prinzen Louis Ferdinand bei Saalfeld

 ↑「ザールフェルト近郊におけるルイ・フェルディナント公の英雄的な死」という絵(Wikipediaから)


 まずOSG『1806 Coming Storm』P25には、ティエールの本からの引用としてこのように書かれていました。

 (ルイ公の)2人の副官は彼の側で討ち取られてしまった。あっという間に囲まれそうになってしまったルイ・フェルディナント公は逃げようとしたが、彼の馬が生け垣で動けなくなり、止まるしかなくなった。第10ユサール連隊のある主計将校が、まさか王族だとは思わなかったものの階級の高い人物だとは思って、馬を駆け寄らせながら叫んだ。
「将軍、降伏して下さい!」
 この降伏勧告に対してルイ・フェルディナント公は剣を突き出して答えた。(Thiers, p.267)


 ここまでがティエールからの引用らしく、次の文は地で書かれています。「剣でのやりとりが続き、ルイ公は6ヶ所を負傷したが、うち2ヶ所が致命傷であった。彼は乗馬の足下に崩れ落ちた。」

 非常に具体的に書かれていますが、ティエールが歴史家としてどれくらい信用できるかというと、怪しいものがあるそうです。R/Dさんの「祖国は危機にあり 関連blog ティエール」を読んでいただくと……。個人的には、あまりにもいきいきと描かれていて、それゆえにちょっと信用できない気がします(^_^;


 霧野智子さんの『ルイ・フェルディナント・フォン・プロイセン』にもある程度詳しくこの戦死の時の様子が書かれています。その記述では、ルイ公の前後を少数のフランス軍騎兵が取り囲み、降伏せずに(降伏勧告があったとは書かれていない)ルイ公は戦い続け、そのうちに下士官のグウィンディ(他の資料では主計将校、あるいは軍曹のギュアンデとあることが多いです)が進み出た、と。彼はルイ公の格好からプロイセン軍の元帥の一人らしいと考えた。彼のルイ公への攻撃はまず肘、胸、そして後頭部へと当たり、後頭部へのものが致命傷となった……とあります。そして、フランス兵達はルイ公の遺体に群がって金目の物を略奪し始めたそうです。

 霧野さんはドイツ語のルイ・フェルディナント公に関する本を含め、複数の文献にあたっているようです。



 また、ドイツ語版Wikipedia「Louis Ferdinand von Preußen (1772–1806)」にはルイ公の戦死の時の状況についてある程度詳しい記述があったので、ドイツ語をGoogle翻訳で英語にして、重訳してみました。

 プロイセン軍の前衛部隊の指揮官であったルイ・フェルディナントは1806年10月10日、イエナとアウエルシュタットの戦いの4日前に、ザールフェルトの戦いで戦死した。ルイ公はフランス軍第10ユサール連隊の主計将校であったジャン=バプティスト・ギュアンデ(1785-1813)によって討たれた。これによって彼はレジオン・ド・ヌール勲章を授与したが、昇進はしなかった。ナポレオンが、ルイ公を捕虜にした方がより良かったと発言し、それゆえ昇進はならなかったのである。ただ後にギュアンデは連隊副官補佐へと昇進した。
 ギュアンデが一人でルイ公を倒したのか、あるいは戦友の助けもある中で倒したかについては、現在の歴史家の間でも論争がある(有名なRichard Knötelによる「ザールフェルト近郊におけるルイ・フェルディナント公の英雄的な死」という絵は後者の説を採っている)。しかし恐らくは、一人で倒したというのが正しいのではないだろうか。なぜならギュアンデの報告では、ルイ公が馬を翻して逃げるのに対してギュアンデがまず追跡し、ルイ公の馬が柵を越えようとジャンプしたもののひっかかってよろめいた時に、ギュアンデがルイ公の後頭部を傷つけた、となっているからである。ルイ・フェルディナント公はこの時、致命傷を負いながらも戦い続けたそうで(!)、そこでギュアンデはルイ公の胸を突き刺したのであった。しかし、背後からの後頭部への一撃だけでも、ルイ公はすでに正常な能力を失い、死んでしまっていたことであろう。とはいえ、正面からの「名誉ある」一撃によってとどめをさしたことは、ギュアンデをより英雄的にしていると言える。



 引用文中の「(!)」は元の文にあるもので、私が付け加えたものではありません(^_^; 

 様々な説があるらしいわけですが、個人的には非常に興味深く感じます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR