FC2ブログ

OCS『Smolensk』第1~4ターンお試しプレイ

 このお盆の14日にこかどさんと、岐阜からtakuさんが来られて、OCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』を初めて研究プレイしてみました。シナリオ1(フルキャンペーン)のセットアップでです。

 takuさんは泊まられて、15日も一緒に続きをプレイしました。



 ↓セットアップ

unit00290.jpg

 たまたま座った場所により、takuさんが北方(ホート)、こかどさんが中央(グデーリアンのオルシャ方面)、私が南方(グデーリアンのモギレフ方面)をやってみることになりました。松浦方式(片方の陣営を全員でやる)で、研究プレイ的に「あーでもない、こーでもない」と意見を出し合ってプレイしていきます。




 第1ターン先攻(枢軸軍)終了時。

unit00291.jpg

 ドニエプル川に渡河点を確保しなければならないのですが、一番南のビハウ(Bykhov)の橋は確保できたものの、後攻ソ連軍ターンでそこを奪い返された(1ユニット飛ばされた)り、他に2箇所ほど架橋の候補にしていたところが全部阻止されたりと、正直↑の画像のは「大失敗」だったと思います(^_^;


 反省点としては、

・ドニエプル川に接するドイツ軍ユニットの数をある程度多くして、ソ連軍が全部は阻止できないように飽和させなければならない。

 ところが一方で、それに反することとして、

・ドイツ軍ユニット1個だけでは、それが戦闘モードであってもすぐに吹き飛ばせるだけの力をソ連軍は持っている(特に平地は危ない!)。だから少なくとも2ユニットスタックしておくか、あるいは予備を確保してリアクションフェイズ中に駆けつけられるようにしておいた方がいい。

 しかし一方で、第1ターン先攻は特に、全力攻撃(進撃)をしがちで、予備を確保するのが難しいのですが……。




 第2ターン、渡河点阻止のために部隊を流出させ充分に弱体化したかと思われたモギレフを攻撃してみたのですが……。

unit00292.jpg

 逆奇襲で一番左のコラムになり、ギリギリAL2を食らってあえなく敗退……。やはりモギレフはアンタッチャブルではないかと……。

 まあダイス目がひどすぎた(逆奇襲6コラムシフト!)という話もあるのですが、しかし『Smolensk:Barbarossa Derailed』は今までのOCSでも見たこともないほどに広範囲で両軍のAR差が大きく、都市でNKVD国境守備隊(AR4)が籠もっているところが鬼門である一方で、ドイツ軍がAR5でソ連軍のARが1だったりする場面が非常に多くて、攻撃側奇襲がぽんぽん発生するのでドイツ軍側は奇襲が起こりやすいオーバーランを非常に多用していくべきだと思われました(で、都市は包囲にとどめて平地を走る)。




 第2ターン先攻(枢軸軍)終了時。

unit00293.jpg

 ビハウの渡河点は確保してあるのになぜ東へ走らないのかというと、一般補給が届かないからです。あるいはもしかして、SPで一般補給を入れるようにして走った方がいいんでしょうかね……。

 できることがないのでモギレフを自動車化歩兵で囲みますが、それくらいしかできないということがもうダメダメの証(^_^;

 しかしオルシャではオルシャ市街地の南の渡河点をこかどさんが確保していました。ホートも順調?

 第3ターンは枢軸軍がイニシアティブを取ったため後攻を選択し、ダブルターンを狙ってみました。




 ↓第3ターン後攻(枢軸軍)開始時。

unit00294.jpg

 第3ターンにようやく、エクステンダーを作れるだけの輸送ユニットが到着します。で、エクステンダーの置ける位置や置くと良さそうな場所を研究してみたのですが……。

 赤で囲ったところが、第3ターン中にワゴンエクステンダーが置ける理論上の位置です。ドニエプル川の向こうに置けた方がいいのですが、輸送ワゴンの移動力の関係上、どうしてもこうなります(第4ターンに置くのなら、もちろん向こうに置けるのですが)。

 で、トラックエクステンダーの置ける位置を探ったところ、右の黒い○が理論上最も東に置ける位置。左の○はもうちょっとうまくいかなかった時の位置です。

 で、どうもトラックエクステンダーを置く(で、ワゴンエクステンダーは第3ターンには置かない)方がいいのかな、と考えました。




 ↓第3ターン後攻(枢軸軍)終了時。

 unit00295.jpg

 タイムスケジュール的にはだいぶ遅れているのは分かっているものの、とりあえず東を目指してみます。

 スモレンスクの西側でいったん包囲環を作ってみることを目指してみて、それ自体はうまくいったような気がしたのですが……。



 ↓その包囲環。

unit00296.jpg

 ソ連軍ターンが来た時に、損耗でどんどん死んでいく(SPはスモレンスクに置いてあり、この中にはほとんどなかった)かと思いきや、新しく導入された「補給キャッシュマーカー」により司令部の指揮範囲のユニットには全部一般補給が引けることに気付く! なんてこった……。つまり、司令部とその他の部隊を隔離しないといけないということ?

 残り時間もあまりなかったので、第4ターンのイニシアティブは枢軸軍が取れたということにして、先攻の機動をやってみました。

unit00298.jpg

 ↑いちおう隔離はできました。が、もちろん今後のプレイではソ連軍プレイヤーはもっともっとうまくやるはずであります……。



 ↓同時にスモレンスクも攻撃してみましたが……(スモレンスクの中身の多くは黒い板の上)。

unit00297.jpg

 あえなく敗退。ソ連軍プレイヤーが油断していてこれなので、やっぱ単純にスモレンスクを攻撃して落とすというのは全然無理なような気がしました。なんか他のことを色々からめないと。


 ということで今回はお開きにしましたが、面白かったですし、様々な教訓が得られました。といっても、1度くらいのプレイではまだまだだと思いますけども。プレイヤーズノートなんかでも、ドイツ軍プレイヤーは最初はうまくいかないが、繰り返し研究プレイするたびにどんどんうまくなっていけるだろう、という風に書いてあります。


 また研究プレイを繰り返していきたいと思います。

 takuさん遠くからありがとうございました~。またぜひお越し下さい(*^_^*)




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR