FC2ブログ

エスイグ氏推薦のチュニジア戦の本を入手しました

 OCS『Tunisia II』序盤研究 (2018/04/03) で書いてました、チュニジア戦の洋書ですが、OCS『Tunisia』のデザイナーズノート(デザイナーはディーン・エスイグ氏)で推薦されていたコギンスの『The Campaign for North Africa』を入手しました。

 デザインノートにはこうあります(『Tunisia II』の方にも収録されています)。

 チュニジアでの戦いが特異で局地的な戦場だったため、このゲームに関する資料には事欠きませんでした。いくつかの良質の書物が、チュニジアのみをどれほど取り扱うかの程度の差はあれ存在しています。チュニジア戦の全体像を掴む上でベストなのは、コギンスの『The Campaign for North Africa』でした。その書名とは裏腹に、コギンスは北アフリカ戦役全体には序章を割いているにすぎず、残りのほとんどでチュニジア戦だけを扱っています。コギンスの本は(詳細とはいえませんが)充分な図解が付いた資料であり、私はチュニジア戦に関して非常に優れている本書を推奨します。



 と、その存在は知っていたんですが、日本のAmazonからではなぜか買えなかったのです。ですがイギリスのAmazonにはあるので、今回イギリスでの買い物を代行してくれるネット業者?を探してみましたらあったので、そこから注文してみました。

https://www.amazon.co.uk/campaign-North-Africa-Jack-Coggins/dp/0385043511

 私が買った時は、元の本(古本)の値段が5000円くらいで、最終的に8500円くらいになりましたが、今見るともっと安くなってる?(まあしょうがないですね~)


 届いた本はカバーがなく、大学図書館の所蔵品だったっぽいです。

unit00191.jpg





 ↓中を見てびっくり、なんか子ども向けっぽい雰囲気。

unit00193.jpg





 ↓こういう地図が全部で79あります。地図が79枚はすごい!

unit00194.jpg

 第3次エル・アラメイン戦より前はすごい駆け足なので、その分、クルセイダーとかガザラとかの地図が見開き中に収まっていますが、第3次エル・アラメイン戦以降は数ページに1枚地図という感じで、兵器の図入りの解説などもあります。文の量も結構あります。





 ↓目次

unit00192.jpg

 Iで第2次エル・アラメインまで。IIが第3次エル・アラメインと、チュニジアまでの撤退。
 IIIとIVがトーチ作戦とアルジェの占領あたりまで。
 Vがチュニジア戦の初期。VIが中期(カセリーヌ峠の戦いを含む)。VIIで枢軸軍がチュニジアの北東に追いこまれ、VIIIでチュニジア戦が終了します。
 IXはマルタ戦を扱っていて、なぜか文字の大きさが小さめなので、付録的な感じ……?


 最初の1ページを試しに読んでみたんですが、分かりやすい英文であるような気がします。本当に子ども向けってことはないとは思うのですが、しかしこの体裁で晦渋ってことも考えにくいので……?


 今読んでいっているオスプレイの『Operation Compass 1940: Wavell's whirlwind offensive』の英文が、なんか意味が取りにくいのでつらいです。その前に読んだ『Moscow 1941: Hitler's First Defeat』がすごく分かりやすい文で非常に面白かったのに、どうしても比べてしまいます……(>_<)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR