FC2ブログ

OCS『Guderian's Blitzkrieg II』キャンペーン第10ターン後攻~第11ターン先攻

 尼崎会(拙宅)で、OCS『Guderian's Blitzkrieg II』キャンペーン第10ターン後攻~第11ターン先攻がプレイできました。


第10ターン 11/1 軽い凍結 飛行制限なし
 後攻 ソ連軍

第11ターン 11/5 軽い泥濘 飛行制限なし
 先攻 ドイツ軍



 ↓第10ターン後攻(ソ連軍)終了時

unit00188.jpg

 ソ連軍が包囲されたトゥーラから反撃をおこないました。赤い○のヘクスにドイツ軍の司令部がいてその能力で架橋しており、川(ウパ川)の北の部隊に補給を通していたのですが、そこに向かってソ連軍の大戦車部隊が攻撃! ドイツ軍は大敗して、矢印のところまで司令部だけが退却しました。これで2個装甲師団が補給切れの危機に……。

 後攻時の攻撃だったので、次のターンでダブルターンを取れば、先ほど撤退した司令部を屠れるのみならず、画像の下の方に単独で存在している輸送トラックも踏めるでしょう。


 次のターンのイニシアティブはからくもドイツ軍が取ったので、ドイツ軍は先攻を選択しました。


 ↓第11ターン先攻(ドイツ軍)終了時

unit00189.jpg

 先ほどソ連軍にやられた補給切れの危機はなんとか繕ったものの、軽い泥濘であったので、ほとんどまったく何もできていません。



 ↓同、南東側面

unit00190.jpg

 ドイツ軍はヴォロネジをも2個装甲師団でうかがっています。

 ヴォロネジはソ連軍の増援が湧いてくるポイントの1つであり、鉄道輸送力を使わなくてもいいので、ドイツ軍にとっては脅威です。史実ではグデーリアンは南東側面になるべく関わりたくなかったものの、やむを得ず戦力を配分したり、攻撃を受けてしまったのでそれを何とかするために戦力を送らざるを得なくなっていたのですが、ワニミさんは「やられる前にやる」という方向性でやっておられます。しかしかなり逡巡があるそうです(^_^;


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR