FC2ブログ

『Rommel's North Africa Campaign』の抄訳がコマンド記事になってました

 北アフリカ戦の資料収集ということで、『Rommel's North Africa Campaign』を読んでいってます。





 以前、東部戦線同盟軍洋書とイタリア軍洋書を入手しました (2017/12/07) で書いてましたように、斜め読みと精読(和訳して蒐集)とのメリハリを付けるのが良い感じです。

 進度としてはようやくエル・アラメインのところまで来まして、この本はエル・アラメインまでを扱っているのでほぼ終盤なんですが、読んでいるうちに「ん? この内容は以前にどこかで読んだことがあるぞ?」というのが割と連続している気がしてきました。

 「コマンドの記事だったかなぁ」という気がしてきたのでチェックしてみると、ありました! コマンドマガジン16号に連続で載っていた?「ロンメル戦記⑤ エル・アラメインの戦い」「アラム・ハルファ峠の戦い」「アラメイン-神話の崩壊」という記事です。


 詳しく見てみると、『Rommel's North Africa Campaign』のエル・アラメイン戦を扱った第5章(P187~229)がまるまる訳されているようです。ところが私は、P217まで読み進めてようやくこの件に気付きました(^_^; 「えっ……? 気付くの遅すぎ」 それが早めに分かっていれば、わざわざ英文を読まなくても和訳で読めば済んだのに……。

 と思ったのですが、さらに良く良くチェックしてみると、コマンド記事の方はところどころ文が抜けていて、いわば抄訳になっているようでした。ということは、やはり本文の方を読んで資料を蒐集すべきだということですね……。


 コマンド16号に「ロンメル戦記⑤」とあるからには、それ以前の号にはその前の『Rommel's North Africa Campaign』が載っているのかも……。コマンド15号は持っているのですが、その中の北アフリカ戦記事の中には、これまた今回初めて気付いたことながら、「北アフリカ戦の兵器と戦術」というのがあるのですが、その著者名が「by Jack Greene(Rommel's North Africa Campaign)」と書かれていました。まったく見逃していた……!?(^_^;

 これは『Rommel's North Africa Campaign』の本文が終わった後にあるコラム「Tanks」(P230~240)の和訳であるようですが、これも抄訳であるようで、最初のページから始まる長い引用文が入ってないようです。(コマンド15号には『Rommel's North Africa Campaign』本文の記事はありませんでした)

 まあしかし、私は兵器自体にはそれほどは興味が強くないので、抄訳とはいえ和訳で読めてラッキーというべきでしょう。『Rommel's North Africa Campaign』にはその後に、砲兵に関する非常に短いコラム(表の方がメイン)と、MC202とMe-109とハリケーンの比較という1ページちょいほどのコラムがあるのですが、そちらは自力で読んでみようと思います。OCSではハリケーンIIが爆撃力12とかあって超絶ありがたいんですが、そこらへんどうなんでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR