FC2ブログ

OCS『Tunisia II』キャンペーン第2~6ターン

 1月2日に尼崎会で、OCS『Tunisia II』キャンペーン第2~6ターンをプレイできました。


 前回は↓こちら。

OCS『Tunisia II』キャンペーン第1ターン (2018/01/01)


 私が連合軍を希望していたのは、「どちらの陣営をやってもボコボコにやられるだろうから、回復力のある連合軍をプレイした方が良いだろう」という事前の観測もあってのことだったのですが……。

 想定&過去の記録を上回るほどにボコボコにやられました(T_T)


 ↓第5ターン(1942年11月29日ターン)の先攻(枢軸軍ターン)終了時。

unit00137.jpg

 赤い矢印のように進撃され、黒い線のように片翼包囲でポケットが……。

 OCSやり始めの頃に、『TUNISIA』枢軸最大限進出!? (2014/07/05) という風にやられたことがありましたが、その時の線が今回緑色の線で示したやつですから、それを遙かに超えています(>_<)

 ただ、2014年にやられた時には包囲された部隊がマジで死ぬしかなかったのですが、今回は被包囲の部隊はSPが補給集積所や海上輸送で潤沢にあり、ワニミさんの海岸沿いに進出されたスタック(航空基地があり、増援やSPが毎ターン届けられる……)以外はその後除去されたり下がったりで、やや戦線は安定して、12月の泥濘期を迎えました。

 「抜かれる」にしても、まだマシな程度に、自軍の航空基地や港湾を保持できるようになったということか……(喜ぶべきか、悲しむべきか……)。

 

 ↓第6ターン(12月1日ターン)終了時。

unit00138.jpg

 私は補充と空戦のダイス目が良く、回復しまくりの敵戦闘機落としまくりです。一方、ワニミさんは航空爆撃のダイス目が良く、私はそれで2ステップも除去されました(>_<)

 12月と1月は半分の確率で泥濘(陸上ユニットは全く動けず、戦闘もできない)になるので、この後しばらくはお互いに大規模な作戦はできずに態勢を整えるのに終始するのではないかと思います。

 最初の5ターンは初期配置に縛られたプレイでしたが、今後の動きはまさに「自分がどうするか」によってプレイが変わってくるので、ここからがキャンペーン級の醍醐味ということになるのではないかと。史実では2月14日からカセリーヌ峠の戦いが始まったということなので、やはり2月からが本番でしょうか。あるいは、それまでにいくらか波乱があるか……。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR