FC2ブログ

補給物資を前方に集積しなければならない話

 OCSでは、後方から届く補給物資(Supply Point:SP)をトラックなどで前線近くに運んで集積し、それを消費することによってユニットに燃料供給や戦闘補給を与えます。この補給システムは確かにある程度面倒で、私も最初は「前線のゲームと、後方兵站のゲームの2種類のゲームを同時にプレイしている」かのような負担感を感じたものでした。が、OCSをひたすらプレイしているうちに慣れてきまして、今ではむしろ「もうちょっと、集積をしないとゲームが成り立たないようにした方がいいのでは……?」と思ったりもしています(これは後述します)。


 この「集積」に関して過去に、『ドン川からドニエプル川へ』(『From the Don to the Dnepr: Soviet Offensive Operations, December 1942 - August 1943』)のリトルサターン作戦の章で、いくらか調べたりしていました。↓

「小土星」作戦、補給を2週間貯めて戦闘1週間分 (2016/10/26)


 が、戦記物を読んでいて、(前方への)集積に関して触れられているのをそれほど読んだことがあるような気はしません(意識してなくて読み飛ばしているだけかもですが)。ところが、先日購入した『「砂漠の狐」回想録』を少し読んだだけで、2箇所もそういう記述が出てきました。さすが抜粋でない、全訳だけのことはある?

 『「砂漠の狐」回想録』については↓こちら。

大木毅さん訳の『「砂漠の狐」回想録』が出てました (2017/12/23)



 「前方への集積」について出てきた部分はこちら。

 もし抵抗がないとみれば、イギリス軍はさらに進撃してくるだろうと、私は想定していた。だが、その一方で、あらたな戦闘が迫っていると知れば、敵が攻撃を続けることはないとも確信していたのである。その場合、イギリス軍は軍需品のストックを前方に運ぶことに取りかかるだろう。
『「砂漠の狐」回想録』P29

 ……私は、3月24日にエル・アゲイラ付近の敵に対する作戦を発動する準備をととのえておくよう、第5軽師団に命じておいた。……わが軍は少し前に、独伊混成戦隊を以て、南方数キロの地点にあるマラーダのオアシスを占領していた。そこに補給物資を集積しておかなければならなかったのである。が、わが補給段列は、エル・アゲイラのあたりにいる英軍によって、頻繁に攻撃されていた。
『「砂漠の狐」回想録』P36



 やはり史実でも、補給物資の前方への集積が大事なのですね。さすがOCS!


 ところが、2つ目の引用で名前の出てくる「南方数キロの地点にあるマラーダのオアシス」ですが、OCS『DAK-II』だとこんなに南にあります。OCSは1ヘクス約8kmで15ヘクスくらい南なので、南方120キロくらい?

unit00129.jpg



 Googleマップでのマラーダでも同じ辺りにあるように見えますが、SPIの『Campaign for North Africa』だともうちょい北にあるようです。

SPI『Campaign for North Africa』と『DAK-II』の比較 (2017/01/15)


スクリーンショット_160405_134


 
 OCS『DAK-II』のマラーダ・オアシスからだと、司令部を使えばエル・アゲイラあたりまで補給は届くかな……という感じですが、「南方数キロ」というロンメル自身の記述とは隔たりを感じますね。実際、OCSでプレイする上でも、数ヘクス(実距離にすると20~80キロ程度?)の場所に補給集積所を置きたいような感じがします。



 さて、前述の「もうちょっと、集積をしないとゲームが成り立たないようにした方がいいのでは……?」の件なんですが、大規模攻勢のためには集積しまくっておいた方がいいのは事実なんですが、「あるだけ全部使ってしまうのがプレイヤーのさが」ですし、各ターン毎に来る補給物資でなんとかずるずると攻勢を取れてしまう気もまた、しているのです。鉄道輸送が柔軟にできてしまうのと、前に運んだSPもすぐに使えてしまう(2回運んだりはできない)のが原因か……?

 ハウスルールでそこらへんを縛りまくるとかしたらどうなるか、試してみるとか……?(ハウスルールを付けたり外したり、色々試したりしてます。OCS公式サイドの、ハウスルールに関する考え方は↓こちら)

OCSのハウスルールへの考え方? (2015/05/03)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR