東部戦線でのイタリア軍兵士のソ連市民への残虐行為はあったか?

 OCS『Case Blue』で、バックハンドブローキャンペーンを開始することもあり、『ドン川からドニエプル川へ』(『From the Don to the Dnepr: Soviet Offensive Operations, December 1942 - August 1943』)の第3章ギャロップ作戦に目を通し始めてみました。


 この後の記述について、↓の後半にある地図を参照すると分かりやすいかもです(第二次世界大戦ブックスの『クルスク』にある地図をスキャンしたものっぽいですけど)。

中央ロシア平原に戦機熟す



 ギャロップ作戦の章の最初のところに、リトルサターン作戦(1942年12月17日~30日頃)からギャロップ作戦(1943年1月29日~)の間に発動された、オストロゴジスク=ロッソシ作戦(1943年1月13日~)についてちょこっと書いてあり、この作戦の成功によって「ボロネジ方面を守るドイツ第2軍の南に大きな隙間を生じさせた」と書いてありました(P82~)。

 で、同時にゆっくりと、ミレロヴォ~モロゾフスクの線から、スタロベリスク~ヴォロシロフグラードの線に向かってじりじりと前進したと。

 そいでもってさらに、オストロゴジスク=ロッソシ作戦でハンガリー第2軍を潰滅させたスタフカは、ボロネジ地域でドイツ第2軍を包囲して潰滅させる作戦を立案。1月24日にブリャンスク正面軍と、ゴリコフのボロネジ正面軍の3個軍でもって、ドイツ第2軍に対してボロネジ=カストルノエ作戦を発動。数日のうちにドイツ第2軍は包囲され、西方への退却を余儀なくされた……とありました(P83。実は『ドン川からドニエプル川へ』にはその発動が「2月24日」と明確に書いてあるのですが、他の諸資料やVoronezh-Kastornensk operationを見ていると1月24日で間違いないと思います)。

 ここらへんの話、私自身がイタリア軍のアルピニ軍団の運命に絡めてオストロゴジスク=ロッソシ作戦にものすごく興味を持っているのと、OCS『Case Blue』と『Guderian's Blitzkrieg II』でもって再現が可能ならしてみたい……! という望みがあるので、非常に興味深いのです。



 さて、本題はそれとは違って、前述の関係でオストロゴジスク=ロッソシ作戦についての資料探しをつい始めてしまったのですが、英語版Wikipediaのオストロゴジスク=ロッソシ作戦のページに、関係資料が載ってました。

 その中の、ドイツ語の資料に『Die Italiener an der Ostfront 1942/43: Dokumente zu Mussolinis Krieg gegen die Sowjetunion』というのがあり、タイトルだけでも1942年から43年にかけての東部戦線のイタリア軍に関する本であることがわかります。

 一応Amazonで買えるようです。




 で、この本について検索してみると、ドイツ語での書評、あるいは読後感想らしきページを見つけました。

 それをGoogle翻訳でドイツ語→英語翻訳で読んでみると、結構分かりやすい英語になって出てくるので読んでいたのですが、3段目で私にとってクリティカルな情報が!

 Google翻訳さんで、さらに英語→日本語したものを引用してみます。

 一般に、著者は東部正面にイタリア軍が果たした役割の新しい解釈を提示する。このように、彼は、イタリアの兵士と民間人との友好的で調和のとれた関係の主張に対抗する。これは文学に広がっており、主に退役軍人の発言に由来する。一方、Schlemmerは、未公開のフィールドポストの手紙と日記を使用して、イタリア軍の行動がしばしばソビエト連邦の人々に対する否定的な偏見であることを示している。イタリアの部隊がソビエトユダヤ人の迫害にどの程度関与しているかは言えないが、ドイツの「モデル」に劣らない民間人に対する抑圧の事例も報告されている(35)。しかし、この情報源は、反スラヴ主義と反共産主義の考え方によって役人や兵士の精神がどの程度影響を受けているかを少なくとも明らかにしているが、ムスリニ政権に対する広範なナショナリズムや忠誠心のように、家庭と家族のための憧れを思い出しました。



 以前、東部戦線のナチス・ドイツ軍兵士の蛮行や残虐性について (2017/07/17) の中で私は、

 『Sacrifice on the Steppe』は、イタリア軍兵士の悪い面がほとんど全く描かれていない印象があり(「悪い行為もあったが、それらは厳格に処罰された」というような記述がこれまで読んだ中で2回ほど出てきたのみで、具体的に悪い行為の描写は一つもない)、『ふたつの戦争を生きて』などではイタリア軍兵士の悪い面も全然描かれているのに比べて、ちょっと偏向気味ではないかという感もする……

と書いてました。イタリア軍による残虐行為がなかったはずはないと思っていましたので、今回のこのドイツ語本に関する情報は「やっぱり!」と思いました。

 このドイツ語本、読んではみたいですが、もしKindle本があればコピペでGoogle翻訳にかけて英語にする、あるいはそこからさらに日本語にすることによってわりと読めそうですが、Kindle本がないので、自分でドイツ語を入力してGoogle翻訳にかけて……そんなことは明らかに大変すぎるので、やはり見送りでしょうかねぇ……。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR