『最小スケールのウェリントンの勝利』:歴史を歪めようとするのは誰か?

 だいぶ前に何かの折に買った、ウェリントン将軍の子ども向け伝記洋書を読み始めてみました。





 で、良くやるのですがふと思いついて「あとがき」の部分を読んでみたら、「ウェリントンについてオススメの本や史跡としてはこんなのがあるよ」というようなのが書いてある中に、以下のような記述がありました。

 ロンドンでは、チェルシーの国立軍事博物館に、ウィリアム・シボーン(William Siborne)によって作られた巨大なワーテルローの戦いのミニチュアがありますから、それを訪れるのも良いでしょう。このミニチュアに関する舞台裏の話はPeter Hofschröer【どなたかこの名前の発音教えて下さい(^_^;】によって書かれた『Wellington's Smallest Victory』で語られています。
『Who Was the Duke of Wellington』あとがき



 SiborneとHofschröer! Siborneと言えばワーテルローの戦いに関しての膨大な証言を集め(1844年に出版)、現在巷間流布しているワーテルロー象を作った、ワーテルローに関する(過去の)歴史家としては最も重要なんじゃないか?と思われる人物です。

 一方、Hofschröerと言えば、(1999年頃から?)ドイツ語資料や証言を駆使してこれまでの「ワーテルローの勝者はウェリントンであり、イギリスである」説に異論を唱え、プロイセン軍や、ウェリントンの率いた軍隊の中のドイツ語圏の兵士達の貢献に光をあて、またウェリントンやそのシンパによる自己宣伝による歴史記述の歪みを糾弾した人物として印象深いです。ただし、彼もまた、自説のために証言を歪めていると非難されたりもしています(→R/DさんのHofschröerの問題点)。


 ↓『Wellington's Smallest Victory』





 巨大なワーテルローの戦いのミニチュアという話は全然知らなかったのですが、「Model of the field of Waterloo」で検索すると画像が色々出てきます。ワーテルローの戦いの開始時のミニチュアではなく、その最終盤の時点(19:45)におけるミニチュアらしいです。

 公的な紹介ページは↓こちら?

Model of the field of Waterloo with troops positioned as at 19.45 hours, 18 June 1815.


 このページやWikipedia英語版William Siborne、あるいは大英図書館所蔵「ワーテルローの戦い」関連文献集成というpdfファイルを見ていると……大略。


 シボーンはワーテルローの戦いの時には兵士として18歳でパリにいましたが、その後の人生で何冊かの本を出版。1830年にイギリス軍最高司令官であったローランド・ヒル卿から、ワーテルローの戦いのミニチュアの製作を命じられました。彼は大規模な調査を開始し、当時のフランス陸軍省にも資料を提供してもらえるように丁寧にお願いしたもののそれは完全に無視され(フランス側にしてみれば負けた戦いですからね)、しかしオランダのオラニエ公からは親切にオランダ軍に関する資料をもらえたとか。

 彼は8ヶ月間ワーテルローの古戦場を調査し、またイギリスに生き残っていた当時の将校達に手紙を出して当時の様子について詳細に聞き取りをおこないましたが、当時のフランス軍やプロイセン軍の将校達にはその聞き取りはおこなわれませんでした。

 さて、ここからがややこしいのですが、公的ページによると、「このミニチュアモデルには、前進するプロイセン軍がいるべき領域がカットされてしまっており、明らかにイギリス側の立場から見るようにして作られていた」。一方Wikipediaによると、「Hofschröerの主張によると、ミニチュアモデルの建設中にシボーンはウェリントン公から敵意をもたれるに至ったが、それはシボーンがワーテルローの戦いにおけるウェリントン公の(巷間伝えられる?)出来事の一部に疑問を呈したからであった」。と。

 で、集められた資料はまとめられ、1844年から出版され始めましたが、Wikipediaによると「客観性の欠如は依然として議論の源です。」だとか。


 歴史を歪めようとしたのは、シボーンか、ウェリントンか、Hofschröerか? その全員であるというのが答えなのでしょうか。いや、そもそも我々人間は誰しも、「歴史を歪めようとする無意識から逃れられない」と言うべきなのかもしれませんが(脳科学的にそもそもそうであるようですね(>_<))。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR