OCS『DAK-II』の「サハリアノラクダ大隊」ユニット(再)

 先日、OCSユニットで見る「リビア人部隊」と「サハリアーノ大隊」 (2017/03/29) で書いてました「サハリアノ大隊」ですが、『DAK-II』の特別ルールに史実でのラクダ数が書かれているのに気付きました(どうも「サハリアノ」の書き方の方が正しそうなので今後それで)。


 ↓『DAK-II』の「サハリアノ大隊」ユニット。

unit00079.jpg

4.6f ラクダ  サハリアノラクダ大隊(Sahariano Camel Battalion)は160 頭のラクダを有していました。これは同大隊のリビア兵全員を騎乗させられる数ではなかったものの、この部隊を「快速」歩兵とみなすには充分なものでした。


 移動モードでの移動力が、ギリギリ航空輸送できる枠内に収まってますね……。




 利便性のために、前掲エントリの関連部分もここにコピペしておくことにします。




 さて、ラクダの兵科マークの部隊ですが、『アフリカンギャンビット』(P25)にあるこれかと思っていたのですが……

……サハリアーノラクダ騎兵連隊(実際は乗馬)……



 『Operation Compass 1940』にはこういう記述がありました。

……オアシスや前哨基地を守備する目的で現地民による部隊(Compagnia Sahariana)がサハラにおいて維持されており、その中には機関銃守備中隊、ラクダ大隊、自動車化中隊が含まれていた。


 これによるとラクダが実際に使われていたようでもあります……。

 「Compagnia Sahariana」で検索してみると「Auto-Saharan Company」というのが引っかかりますが、しかしこれは違うものかな……。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR