OCS『Tunisia II』の「第999懲罰師団」ユニット

 『砂漠のキツネ』をチェックしていたら、いわゆる第999懲罰師団に関する記述がありました。


 まずはOCS『Tunisia II』のユニットを。

unit00077.jpg

 AR4と良質です。『Tunisia II』の他のドイツ軍ユニットを見ていると、第164軽師団はAR3が基本で1ユニットだけAR5があるという編成で、平均的に見れば第999師団の方が優れているのが意外でした。しかも第999師団は完全に自動車化されていて移動モードでの移動力が14なのですが、第334師団は半自動車化で移動力12、第164軽師団にいたってはまったく自動車化されていないのです。



 『砂漠のキツネ』には以下のように書かれていました。

 ベルリンは第999師団を送ってきた。それはいわゆる《執行猶予師団》で、敵側放送をそっと聞いたり、家畜の密殺をやったりで軍法会議で有罪判決を受けた兵士たちから成っていた。それに兵に降下された将校、強制収容所から《恩赦》で出た囚人などもまじり、祖国とヒトラーを同一するいわれなど毛頭ない連中である。しかしここで言っておきたいことがある。同師団は地中海上で指揮官の乗機を撃墜されたが、驚くほどの善戦を示した。ことにヴォルフ中佐の連隊がめざましかった。敵に走った者は一割もいない。ほかの者は勇気で汚名をぬぐおうと努めた。
『砂漠のキツネ』P339



 他の資料を探してみますと、英語版Wikipediaの項目よりは日本語のウェブ資料の方が詳しいくらいでした。やはり「懲罰」ということから興味を持たれるからでしょうか。

 "999"という特別な番号を持つ(一つ若い番号を持つ部隊とは100番以上離れている……もっとも"999"には「歩兵」の名は冠せられていないが)この部隊は、指揮官は正規の将兵であったが、兵士たちは執行猶予のついた者たちであった。
 そうした事情でか、部隊編成の段階で、そのころ導入が始まっていた歩兵師団などへの突撃砲の装備は見送られていた。そして兵力も十分に揃わないままにチュニジア戦に投入されていた。
(『チュニジアの闘い:1942~1943[下]』P24)


 ドイツ陸軍には、軍規違反者に対する前線での執行猶予制度(Frontbewährung)があり、執行猶予大隊(Bewährungsbataillon)と呼ばれる懲罰部隊があった。第二次世界大戦中には、師団級の懲罰部隊として、第999アフリカ軽師団 (de:Strafdivision 999, AKA Bewährungseinheiten 999, Bewährungstruppe 999)も作られ、その一部が基幹となったロードス突撃師団も編成された。師団級の部隊に関しては全員が懲罰兵というわけではなく、一般部隊も編制内に含まれていた。また、戦闘能力では一般部隊に必ずしも劣るものではなく、北アフリカ戦線などで勇敢な戦闘を繰り広げた。ドイツ陸軍の懲罰部隊にしばしば見られた部隊番号の「999」は、イギリスのスコットランドヤードにつながる緊急通報用電話番号「999」に由来するともいわれる[1]。
日本語版Wikipedia「懲罰部隊」


第999執行猶予部隊(„Bewährungstruppe“ 999)
 1942年10月、戦況の変化に伴いより多くの兵力が必要とされるようになると、刑務所の囚人などこれまで「兵役不適格者」(wehrunwürdig)として招集を受けてこなかった民間人の招集が始まり、これが所属する部隊として第999執行猶予部隊が設置された。これに所属する隊員もまた、前線での勇敢を示すことで不名誉を返上し、規律の中で本物の兵士かつ市民に生まれ変わる事が期待されており、これが達成されない場合は刑務所に戻され残りの刑期を過ごすか、または強制収容所に送られた[13]。

 隊員のうちおよそ28,000名は政治犯であった。隊員はバウムホルダーの刑務所やホイベルク収容所(ドイツ語版)の囚人から集められた。第999部隊は当初アフリカ戦線に展開し、のちに東部戦線やバルカン半島を転戦し、ギリシャではパルチザン狩りに従事した。また第999部隊の隊員100名ほどが離反して占領地における対独抵抗運動に参加したという[14]。
日本語版Wikipedia「執行猶予大隊」



 それから「泡沫戦史研究所」さんに、かなり詳しい「第999アフリカ旅団/第999アフリカ軽師団」という項目がありますのでそちらもぜひご覧下さい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR