Kindle本を買ってしまっても索引が見られる方法を発見

 OSPREYで北アフリカ本4冊を購入してみたのですが…… (2017/03/29) で書いてました「索引が見られない」問題ですが、前エントリを書いている途中に、(Kindle本を買ってしまっていて)索引がその中になくても、索引を見られる方法を発見しました!

 Amazonの「なか見!検索」か、Google Books上で索引のページを発見し、印刷してしまえばいいのです!





 ↑は「なか見!検索」で索引ページが見られます。項目があることが分かるなら、Kindle上で検索すればOK。

 



 ↑は索引がないのですが、Google Books上でたまたま英語版の索引ページがヒットしたため、そこを利用できます。もちろん、日本語版とページは合いませんが、何カ所あるとか、どこらへんにあるか分かるだけでもありがたいです。





 ↑ですが、「なか見!検索」では索引ページが出ず、Google Books上で色々工夫しても出ないなぁ……と思っていたら、よく確認してみたらそもそも索引ページがない本でした orz(がっくし) それじゃあしょうがないですね~。





 ↑以前Kindle版で買っていたこの本ですが、Google Books上で「Index」が見られるのですが、ページ数が書いてあるのでなくて直接飛べるようになってる? 「えっ、これってKindle版用のIndexってこと……?」と思ってKindle版を確認してみたら、Kindle版の最後がこうなっていて、直接飛べるようになってました。すごい! 他のもこうしてくれればいいのに……。



 他のKindle版を買ってみていたやつも確かめてみたのですが、同じようにできるやつはなかったですね……。ただし、↓は、本文中の注から巻末の注へとジャンプでき、巻末の注から本文へも戻ってこられる仕様になってました。これも便利。




 この本はKindle版には図がないのでペーパーバック版も買ってあって、そちらには索引も完備しているので、一応個人的には困らない感じです。



 というか、この『Jena to Eylau』は個人的に内容が非常に興味あるのと、書き方が面白いので、(ブリュッヒャーが降伏するところまでは)全部和訳作業したいと思っているのですが、全然できてません……(T_T)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR