OCS『Case Blue』「ウラヌス攻勢」キャンペーンセットアップ

 来る7、8、9日の『Case Blue』ウラヌス攻勢キャンペーンゲーム会のためにセットアップをしてました。

 『Case Blue』ではウラヌス攻勢が始まった時点の、『Guderian's Blitzkrieg II』マップ部分(マーズ作戦とかができる)、『Enemy at the Gates』マップ部分、『Case Blue』マップ部分(コーカサス方面)がそれぞれを選択したり連結したりもできるようなのですが、今回やるのは『Enemy at the Gates』マップ部分のものです。

 ただしオリジナルの『Enemy at the Gates』のスターリングラードの西側部分のマップが少しばかり付け加えられていました。


 ↓全景

スクリーンショット_160405_115



 ↓ウラヌス攻勢主要部

スクリーンショット_160405_116


 セットアップしてみた感想ですが、『Enemy at the Gates』に比べて、攻勢と関係ない部分のユニット密度がスカスカだったり、あるいはやはりというべきか、後背地の重要地点に守備隊がかなり置かれていたり、縦深や予備部隊が置かれていたりしています。あと、かなり後背の方に置かれている戦車軍団があったりで、これは自分で動かしていくのでしょうか。

 あと、航空ユニットの数が減っているような印象を受けました。『Enemy at the Gates』だと多すぎる印象もあったので、ちょうど良いくらいなのではないでしょうか。


 ただしアレですね、『Case Blue』にはリトルサターン作戦シナリオ(あるいは「からのキャンペーン」)が入っていないのが残念で、しかし『Enemy at the Gates』の戦闘序列から推測して『Case Blue』用のリトルサターン作戦用セットアップ情報が作れはしないかなぁ……と妄想していたのですが、とても無理っぽい感じでした……残念っ!


 あと、今気付いたんですが、『Case Blue』は2007年出版なんですが、2015年12月の『Case Blue』ゲームルールv2.04……だと!? どうも2012年5月にv2が出され、そのあとまた改訂されたっぽいですね……。これも訳していくべきなのか……!!(ルール改訂のついでにリトルサターンシナリオの追加はないものかと探してみたのですが、ないっぽい……)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ゲームをしないウォーゲーマー……でしたが、最近はOCSだけはひたすらプレイしたり情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになりつつありますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR