FC2ブログ

民間人の服でワーテルローにいた4人の有名人

 このブログの過去のエントリを見ていて、「あれっ、おかしいゾ?」と思う記述に出会いました。

ウェリントンとヒル卿のユニット (2012/03/27)

 の中の、以下の部分。

 ワーテルローの戦場で彼【ウェリントン公】以外に民間人の服を着用していた有名人として知られるのは、彼の息子のRichmond公爵と、シルクハットに銃弾を受けて死亡したピクトン将軍だけであった。
『Waterloo:Companion』P93


 「えっ、リッチモンド公爵がウェリントン公の息子ってことに?!」

 上記エントリは2012年に書いていたもので良く分かっていなかったわけですが、その後2014年に『Children at the Battle of Waterloo』を読んで、リッチモンド公爵について結構分かってきました。例えば↓ですとか。

リッチモンド公爵はなぜブリュッセルに来ていたのか? (2014/09/20)

 改めて簡単に書いておきますとリッチモンド公爵というのはウェリントン公の元上司にあたるような人物で、ワーテルローの戦いの時にはブリュッセルに置かれていた予備部隊の指揮官という地位にあり、またリッチモンド公爵夫人が戦役直前に開いたブリュッセルでの舞踏会は映画『ワーテルロー』でも描かれた有名なものでした。そいでもってリッチモンド公爵の四男であるウィリアム・レノックス(15歳)が以前からウェリントンの副官になっていたのにちょっと前に馬から落ちて怪我して従軍できなくなっていたのを、もともと彼が配属されていた近衛旅団長メイトランドの同僚副官(18歳)がカトル・ブラの戦いで戦死したというのを聞いて矢も楯もたまらず父親のリッチモンド公爵と一緒にワーテルローの戦いを見に行って……という流れになっておりました。


 で、原文を見てみると、こうなってました。

 The only other senior personages at Waterloo known to be in civilian clothes were the Duke of Richmond, his son, and General Picton who died with a ball through his top hat.


 これはまあ、事情を良く知っているのでなければ間違ってもしょうがない感じの文だった……?(^_^;


 聞いた話として、スペイン半島戦役に登場するイギリス軍のサー・ジョン・ムーア将軍という人物がいますが、なんらかの作品では彼のことが「ムーア人【モロッコ・モーリタニアなどアフリカ北西部に住み、イスラム教徒でアラビア語を話す人々】」と訳されていたそうです。事情を知らなければそういうことって起こりますよね~(ただし綴りはMoore将軍とMoor人とで、異なるっぽいですが……)。


 一応、件のエントリは訂正しておきました……。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR