FC2ブログ

シチリア島のイタリア軍沿岸防衛師団について

 シチリア戦のイタリア軍について。

 今回は沿岸防衛師団についてです。師団でない、独立部隊もあります。



CIMG3944.jpg

 ↑『Sicily II』の沿岸防衛ユニット。帯が付けられているのは師団で、兵科マークの右側の数字が師団名です。兵科マークが青色で波のマークになっていないものは沿岸防衛部隊のカテゴリではないものです。

 沿岸防衛師団は、全て海岸線に沿って配置された。2線級の部隊であり、いずれの師団も定員を大幅に割り、士気は驚くほど低かった。また、敵の上陸に備えて適当な防御拠点を準備している部隊は、数えるほどしかいなかった。
 ……
 シチリア沿岸防衛隊は、この悪天候の中、敵が上陸する筈はないとタカをくくっており、空挺部隊や上陸部隊が深刻な状況に追い込まれることはなかった。
コマンドマガジン別冊 第7号『シチリア撤退作戦』P4~5


 1943年までに総計で25個の沿岸防衛師団が編成され、そのうち5個師団と2個旅団がシチリア島に配置された。
 この沿岸防衛師団は、シチリア島における最も弱体なイタリア軍部隊であった。これらの部隊はわずかな正規兵を含めただけでほとんど地元からの兵で構成されており、訓練は乏しく、装備は貧弱で、機動性もなかった。武器のほとんどは、フランス、ユーゴスラビア、ギリシアからの戦利品であった。海岸線に沿って薄く広げて配置された状態で、平均で1kmにつき26troops【中隊? 人?】、対戦車砲は8kmに一門しか配備されていなかった。彼らの主要な役割はコマンド部隊の上陸に対処することであって、本格的な上陸作戦に対してではなかったのだ。
『Sicily 1943』P18


 沿岸防衛師団は二線級の師団であり、労役や第二線の任務のために集められた40代や50代の男達で多くが編成されていた。地元で徴兵された彼は多くの場合、退役から再呼集された将校によって指揮されていた。彼らの装備もまた二流のものであり、ムッソリーニは解体されたヴィシー・フランス軍から大量の武器装備が得られるものと期待していたが、それらの多くはわざと破壊されていたり、弾薬がないまま到着していたりした。
Wikipedia:206th Coastal Division (Italy)



 40代、50代というと、我々日本のウォーゲーマーくらいですよね~。前線の兵士としては全く役に立たない体力しかないと思います。

 何かの資料で、「地元民の方が地元のためにより戦うであろうから」ということで徴兵されていたのだけども……というのを読んだ気がするのですが、むしろ地元民だと土地勘があるとか故郷が近いからという理由で逃げ出す率が高くなりますよね。実際、『Sicily and the Surrender of Italy』を読んでいるとどんどん降伏してましたし。

 『Sicily II』では3分の1の確率でしか戦わず、枢軸軍プレイヤーにとっては泣ける話ですが、しかしもし自分がこれらの部隊に配属された身だとすれば「戦うなんてやってられるかー!」という話で泣けますよね……(T_T)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR