fc2ブログ

OCSインストで『Sicily II』「シチリア島西部」「プリマソーレ橋」をやりました

 承前(OCS『DAK-II』クルセーダー作戦スモールシナリオセットアップ (2016/11/02))。

 この祝日、メビウス氏を迎えてOCSのインスト(ルール説明と導入プレイ)をやってました。ちなみにメビウス氏はやはりOCS『DAK』を所有していたそうです(*^_^*)


 セットアップしてあった『DAK-II』クルセーダー作戦シナリオ上のコマや、プレイングエイド(→OCSの物置)を用いながら説明してますと、メビウス氏はどんどん理解されていきまして、「すごいなぁ……」と思いました。

 ところがインストの途中などでクルセーダー作戦シナリオの配置を見ていると、「これ連合軍側が攻勢できるだけの戦力あるの~?」「セットアップ間違えてるのかなぁ?」と、なんかそのままできる気がしなかったので、まあもっと小規模なインスト向けシナリオが『Sicily II』にあることだしということでクルセーダーは片付けてしまい、新たにとりあえずまず最もインスト向きと思われる「シチリア島西部」をセットアップしました。


CIMG3806.jpg

 ↑『DAK-II』クルセーダー作戦のスタックを広げてみたところ。枢軸軍側にはアリエテ戦車師団や第15装甲師団、第21装甲師団がハイスタックで存在しているのに、連合軍側には第7機甲師団の一部がちょろちょろ……とあとニュージーランド第2歩兵師団がかたまっているくらいで、あとはなんかぽつぽつといるだけ……。わりとセットアップミスとかあるので、ミスったか……。


 『Sicily II』「シチリア島西部」シナリオについては、以下をご参照下さい。

OCS『Sicily II』シナリオ1 シチリア島西部セットアップ (2016/10/19)
OCS『Sicily II』シナリオ1「シチリア島西部」の研究 (2016/10/24)
OCS『Sicily II』シナリオ1「シチリア島西部」に航空基地を置く意味 (2016/10/26)


 ↓第1ターン先攻(連合軍)終了時。

CIMG3807.jpg

 「プレイの指針としてここはこうこう、こうらしいですよ」やルールの細かい点など色々説明はしながらで、基本方針としては史実通りに第3歩兵師団で山道を押さえつつ、空挺部隊と第2機甲師団でシチリア島西部に進むことになりましたが、細かい部分は全部メビウス氏が決めていかれました。

 私が枢軸軍を担当したのですが、いつもの如くダイス目が悪さがとどまることを知らず、戦闘をしかけられたイタリア軍沿岸防御ユニットは一つ残さず降伏!(2/3の確率で降伏する) 逆にメビウス氏はほとんど全部の戦闘で攻撃側奇襲の目を出しまくっておられました(^_^;

 
 ↓第1ターン後攻(枢軸軍)終了時。

CIMG3808.jpg

 枢軸軍としてはとりあえず、残り2つの勝利条件ヘクスを取られないようにするために黒い点線のように下がりました。「何かいやがらせはできないものか……」と考えてましたら、黒い矢印のようにして装軌ユニットを進ませて鉄道線を切ると共に、無防備になっていた補給集積所を奪取!

 ところがこれに対してメビウス氏は、「じゃあリアクションフェイズ中に予備にしていた第3歩兵師団(1ステップ)を隣まで移動させて、自軍移動フェイズに戦闘モードにして徒歩3移動力でオーバーランすればいいよね」と冷静に対処され……。


 ↓第2ターン先攻(連合軍)終了時。

CIMG3809.jpg

 突っ込んだイタリア軍ユニットはあっという間に潰されてしまい、パレルモではイタリア軍砲兵が頑張っていくらかの敵部隊をDGにしたものの、駆逐艦隊の艦砲射撃も喰らった上であっけなく陥落してしまいました……。



 時間がまだあり、メビウス氏は空挺降下や上陸作戦が好きだ(ので、西部戦線が好きだそうです)ということであったので、それらも試せる「プリマソーレ橋」シナリオもセットアップしてやってみました。

 ↓第1ターン先攻(連合軍)終了時。

CIMG3810.jpg

 とか言いつつもメビウス氏は、(そもそも史実でこの時悲惨なことになった空挺作戦を反映して)空挺降下で分散が起こるので成功の確率が低いことを鑑みて、空挺降下させずに安全に航空基地に輸送されてました。史実で苦戦した戦いだけにこのシナリオではあまり進めませんでしたが、私はきっちりこのシナリオでもすべての沿岸防御ユニットを即降伏させてました(T_T)


 メビウス氏の感想としては、「結構面白かった」とのことで良かったです。「やはり北アフリカ向きのシステムだと思うから、『DAK』がやってみたいなぁ」とのことでしたが、まあ『DAK-II』をいきなりフルでやるのは難しいのでとりあえず更にOCSに習熟する意味でも普段の尼崎会にも時々来ていただきつつ……という話になりました。


 しかし、『Sicily II』のシナリオはマジ、インスト用にすぐれていると思いました(特に「シチリア島西部」シナリオ。「ジェラへの反撃」もインスト用にいいかも)。全体的に見ると『Sicily II』は空挺/上陸作戦をやる分難易度はむしろ高めとも思われるのですが、これらのシナリオでインスト、あるいは初心者が自分で習得用に……というのは非常に良いと思いました。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR