fc2ブログ

OCS『DAK-II』クルセーダー作戦スモールシナリオセットアップ

 南方軍集団等に出入りされているメビウス氏にOCSを薦めましたところ、戦線のない戦場が好みで北アフリカ戦ゲームもたくさん持っておられ、「聞いているとシステム的に北アフリカに合いそうだから興味はあるなぁ」とのことで、『DAK-II』にてOCSのインストの機会を持たせてもらうこととなりました。

 メビウス氏は、『DAK』(IIでない方)も持っているのではないかとも……(未確認)。


 で、何のシナリオが良いか考えたのですが、練習シナリオと銘打たれているコンパス作戦の2つのシナリオはこの前やった感じでは「どかーん、ばきーん」というよりは「包囲して潰す」という感じだったので(あのプレイが普通かどうか分からないですが)、他のシナリオは……と考えまして、一番無難そうな? クルセーダー作戦スモールシナリオをセットアップしてみることにしました。


 ↓セットアップが完了したもの(航空ユニットは置いてません)。

CIMG3799.jpg

 フルマップ2枚で、当然ながら海岸線近くに部隊が集中しているのですが、南の方にも2つほど連合軍のスタックがあります。うち左側の方はGiarabubというオアシスで、コンパス作戦の少し後に攻めてきた連合軍に対してイタリア軍が奮戦して、映画まで作られたのだとかいうことをガルパン関係のイタリア第10軍に関する同人誌で知りました。また詳しく書きますね。

 そういう舞台まで含んでいるのはいいのですが、南側マップ端に座ると海岸線が遠く、プレイがしにくいこと必定です。この点が『DAK-II』の最大の難点ではないでしょうか……(^_^;



CIMG3800.jpg



CIMG3803.jpg

 ↑トブルク包囲環。赤いユニットはポーランド人部隊のユニットです。以前、北アフリカの南アフリカ軍兵士とポーランド軍兵士である程度書いてましたが、史実通りにトブルクの西側に配置してみましたバキッ!!☆/(x_x)

 このポーランド人部隊ユニットには「Carp」と書いてありまして、どういう意味か分かってないのですが、赤い色からも広島カープのことしか想起できません(^_^;



 と、並べてみましたが、今回OCSが初めての方へのインストですので、『DAK-II』の特別ルールも含めて全部正しくプレイするなんて無理であります。ので、このシチュエーションを使ってOCSの基本的なルールを説明していくという感じで……。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ポーランド人旅団の「Carp」の表記は
専用ルールVol.IIの30ページにある略語表には「Carpathian」とありますので、
カルパチア旅団のことではないでしょうか。

Wikipediaによれば、この部隊は1940年にシリアで編制されたそうです。

ご参考までに
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR