fc2ブログ

OCS『Enemy at the Gates』リトルサターンキャンペーン第3ターン先攻

 9月17日(土)、18日(日)の二日間に渡って、富山のKさんもサンダーバードで一泊二日で来られて、ワニミさんと3人でOCS『Enemy at the Gates』リトルサターンキャンペーンの続きをプレイしました。

 これまでワニミさんと2人で松浦方式(Aの陣営を参加人数で分担し、Bの陣営はAの分担対面でないところを担当する)でプレイしてきたわけですが、今回3人なので、遠方から来られた富山のKさんに好きなところを選んで頂く形で。結果として富山のKさんがソ連軍のスターリングラード包囲環軍+タチンスカヤ方面と、枢軸軍のハンガリー軍方面を担当されることになりました。

 ↓3人プレイの写真。

スクリーンショット_160405_048

 結果として、2日で2.5ターン分進みまして、2人プレイの時よりも明らかにプレイ速度が速かったです。4人、5人、6人ともなれば松浦方式を捨てても加速度に早くプレイできるでしょうから、やはりOCSプレイヤーの増加が待たれます



 さて、第3ターン(ターントラック上では第11ターンであり、1942年12月24~26日に当たります)の先攻、ソ連軍ターンです。

 ↓第3ターン先攻(ソ連軍)終了時。

スクリーンショット_160405_049



 ↓北西方面。

スクリーンショット_160405_050

 前ターンにハンガリー軍+ドイツ軍の攻勢によって割と危ない状態にまでなっていたのですが、ソ連軍ターンとなったのでなんとか手当はできました。問題は今後の進行方向です。①の方向に進んでハンガリー軍戦区全体を包囲するのは魅力的ではありますが、ある程度無理をして今後のリスクも抱えなければならず、SPも枯渇している現状では苦しそうな気がしました。②の方向にユニットを送り込んでとりあえずハンガリー軍戦区への補給路を遮断することは絶対やるべきだと思いますが、問題はその規模です。③の方向には今後のことを考えると最も進んでおきたい方向ですが、道路や川の走り方がイヤな感じで枢軸軍側ももちろん防備している……。④の方向にも圧迫は加えたいですが、こちらの補給路次第か(あまりぽんぽんとは伸ばせない状況)。

 ここらへんをどうするかで悩みまくり、いつもそれだけで30分以上は悩みます(^_^; ただ全般的に、このターンは今後のための状況を良くするためのターンであり、「どうしても必要な攻撃以外は禁止」という一般命令でもあったので、結局あまりリスクなしでできそうなことだけをやることにしました。

 結果として②の方向に最速にして強力な第24戦車軍団をまるごと送り込んで線路上に座らせたのですが、最終的な帰結としてはこれは「第24戦車軍団の壊滅(しかも枢軸軍にまったくダメージもなく)」という大失敗に終わりました(ひたすら滂沱。今後のリプレイをご参照下さい)。赤い○の村にいた警戒大隊(2-3-3)を殴ってそこに居座る選択肢も考えていたのですが、そちらの方が遙かに良かったと思われます(攻撃をこの時はしたくないと思ってしまった……)。また、送り込むことは必要であるにしても、軍団丸ごとではなく1ユニットか2ユニット(ならばらして複数箇所に)でも良かったわけで……。

 あと、④の方向の村が1つ無人であったのでそこを占拠したのと、ミレロヴォ(黒い○)方面ではミレロヴォへの攻撃は最上級司令部(私)が禁止したものの、その2ヘクス北東に残っていた枢軸軍スタックをワニミさんが壊滅させておられました。


 ↓南西方面。

スクリーンショット_160405_051

 こちらの方面は私が枢軸軍を担当している場所です。真ん中を左右に走っているドン川の北側を今回富山のKさんが担当されており、南側のコテリニコヴォ方面がワニミさんの担当です。

 ソ連軍は①のようにして進撃を伸ばしてきましたが、ドネツ川の東側に残っていたドイツ軍部隊をまたいで進撃されて私は焦ってしまいました(^_^; また、1個軍団?が②のように進撃。③の箇所ではワニミさんがコテリニコヴォを陥落させる!と進撃するもまだ攻撃は始められない感じでしょうか。


 ↓スターリングラード周辺。

スクリーンショット_160405_052

 こちらはソ連軍が富山のKさん、枢軸軍がワニミさん担当ということになったので私は全然分かってない状況となってますが、この時は何とか包囲環を閉じた状態でしょうか。それでも3REに満たないとかで、6VPを失って総計VPは3にまで減少しました。あと、包囲環の一番西側でソ連軍が攻勢し、環が短くなっています。


 次は後攻、枢軸軍ターンです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR