fc2ブログ

OCS『Enemy at the Gates』ウラヌス攻勢の第1ターン北側

 OCS『Enemy at the Gates』ウラヌス攻勢シナリオの研究ソロプレイをやってました。第1ターン(ソ連軍ターン)のとりあえず北側だけを(南もいっぺんにやるとしんどいので……)。移動フェイズ中のオーバーランはなしでやってますので、枢軸軍側のリアクションフェイズはありません。

 ↓第1ターン終了時(北側だけ)

CIMG3487.jpg

 主攻勢軸の少し東でも突破作戦をやってみたのですが、ドイツ軍司令部を踏みつぶせるところまで行かず。

 主攻勢軸では3ヘクスで突破してみましたが、戦域に敵味方が高濃度で混在するような感じになるので、補給路を確保するためにユニットを敷き詰めねばならず、とりあえず「敷き詰め用のユニット」が足りなくて大変でした(^_^; 戦線用に置いてある歩兵師団をもっと抜いた方がいいのかもとも思ったりしましたが、そうでもないかとか悩ましいですね……。

 突破フェイズ中にはまずルーマニア軍司令部1つをオーバーランした機械化軍団がそのまま南へ走って、その後の戦闘セグメント中に(1)戦力の守備隊がいた鉄道線(降車可能ヘクス)を占領。枢軸軍の補給線を切ります。この機械化軍団はやや投げ捨て気味にやったつもりだったのですが、結局この時点では司令部からの支給範囲が繋がってました。

 戦線近くではドイツ軍の独立部隊3ユニットがいたところは包囲してDL1o2で全滅させましたが、第22装甲師団とドイツ軍司令部がいたヘクスは7ユニットもいて、2ユニットを吹き飛ばしたもののソ連軍騎兵で敷いてある包囲環はこの後破られてしまうでしょう(写真のルーマニア軍司令部のある黒い○で囲んであるハイスタック)。

 ので、第22装甲師団に攻撃をかけたソ連軍の2個機械化軍団はむしろ第22装甲師団を放っておいて、オレンジの矢印のようなもっとよい進撃路がないかと考えたのですが……。

 まず一番心引かれるのが一番左のモロゾフスクに進撃するというものだったのですが、史実ではその方向に向かってないので史実に近い方向で考えると、まずカラチ(一番右)に行くという方法。しかしこれは包囲環を閉じるという意味合いではありでしょうけども、第1ターンから効果があるというものではなさそう。そうすると真ん中の矢印のように進んで橋の西側を占領するとか……。

 ただ、第22装甲師団をまったく自由にしておいてそれらへ向かうのかというと、まあそれよりは第22装甲師団がある程度は拘束されて他に大して何もできない状態にしておいた方がメリットは大きいのかな……とも思いました。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR