fc2ブログ

『Operations』のOCS関係ページのコピー終了しました

 ワニミさんからお借りした『Operations』のOCS関係のページ(それ以外でも個人的に興味のあるページも)のコピー作業終了しました。

 大変でした……が、多くの面白そうな記事があり、読んでいきたいです(が、英語力がもっと欲しい……)。

 小ネタ的に興味深かったのが、『Operations』の2ページ目が基本的に「Up Coming」というページになっていて、企画中とかテストプレイ中とかのゲームの名前とほんの少しの説明があるのですが、そこに長い間、『Army Group North』『Army Group South』というバルバロッサ作戦のそれぞれの戦域を扱う、フルマップ4枚のOCSゲームが挙げられていたり、また、『Ardennes』というフルマップ1枚のバルジ戦ゲームが挙げられていたりしたことです。

 バルバロッサ作戦のゲームについては、ワニミさんから「GMTのEast Front SeriesとかぶるからOCSで出すのはとりやめにした、とどこかに書いてあった」と聞いていまして(なにしろ1ヘクス5マイルというスケールがまったく同じですし……)、残念に思っています。尤も、新たに『Smolensk 41』という、スモレンスク戦だけをフルマップ1枚で扱うOCSゲームが企画中らしいので、それは期待しております。

 また、『Ardennes』の方にしても『Beyond the Rhine』の方で、専用マップでもって実現したわけですね。


 あと、こかどさんから「Dean Essig氏は『DAK』を作りたくて、OCSのシリーズゲームを作り始めたらしいよ」「ソースはどこですか?」「忘れたけどどこかに書いてあったと思う」という風に聞いてまして、それがどこかに書いてないかな~と思っていたのですが、『Operations』のだいぶ最後の方の号(Special Issue#1)にDean Essig氏へのインタビュー記事が載ってまして、そこに、

インタビュアー:ゲーマーになってから、最も大きな満足をあなたに与えたゲームはなんですか?
Dean Essig:疑問を挟む余地もなく、それは『DAK』だよ。あれこそが私の夢の到達点なんだ。

 というくだりがありました。

 『DAK2』のデザイナーズノートを見ていると、Dean Essig氏はこのように書いています。

 私がそのゲームを欲しいと思い始めたのは1976年(かそこら)のことで、その頃SPIがプレイヤーの意見を反映したゲームを作っているらしいという噂が流れてきて、それは結局リチャード・バーグによる『Campaign in North Africa』【原文のママ:いわゆる『Campaign for North Africa』のことだと思われる】として出版されることになりました。隔月巻のS&T誌を入手するたびにそれを握りしめながら、私はこの"長らく待望したゲーム"が届けられるのをひたすら待ちました。その開発が2年も遅れている間に私はこの開発中のゲームに関するあらゆる報告、遅延の知らせ、進行状況に関する手がかりを探し回りました。それに私は、このゲームがどんな風になるだろうという私自身のイメージを膨らませていったのです。私の期待は高すぎたのかもしれません。

 いよいよ販売の申し込みが始まる段になって私は即座にそれに申し込み、固唾をのんで待ちました。

 そのゲームが来た後……。

 その年以来、私はこのゲームをプレイしたという数多くのプレイヤーに出会いました - ある人は30ターンプレイしたと言っていました。しかし私はついにこのゲームをプレイすることはありませんでした。私はその硬い膜を突き破り、"理解する"ための試みを何回も行いましたが、それは結局うまくいきませんでした。そうするための一人の努力は実らなかったのです!

 あなたが今手にとって見ているものは、私が今までに立案し、かつ粉骨砕身した企画の中で、最も精密かつ正確なゲームとなります。このゲームはあの時の夢の実現であり、その点において素晴らしくもやばいゲームだと言えるでしょう(もちろんこれが偏った見解であることは承知です……しかし私は少なくともこのゲームをプレイはしたわけです - ソロプレイだとしても!)。あなたがこのゲームで多くの時間を楽しみ、私の夢を共有して下さることを願っています。あなたが私の仕事を気に入ってくれますように。



 今、『DAK2』の和訳作業をサンセット訳を参照しつつやっているのですが、『Operations』の『DAK』紹介記事に目を通していて、「最初の15ページがゲーム専用ルールで、その後のオプションルールは読まなくてもプレイできるよ!」みたいに書いてあったのを見て「あ、そうか、全訳しないでもいいんだ!」と思って気が楽になりました(^_^; なにやらSCSのフルマップ5枚版北アフリカゲームが企画中らしいので、それが出る前になんとしても『DAK2』をプレイしたいものです(SCS版をやって「これでもういいじゃん」となるのはイヤなので(^_^;)

 もちろん、OCSの他のゲームもやっていきたいですが、新版ゲームとか出て追いつかない~。

 それにしても、ワニミさんに教えてもらったワニミさんのブログの『Operations』記事に関するコメントを見ていますと、ワニミさんが苦労して大枚はたいて購入されたものを横滑りで読ませてもらったりしているのが大変申し訳ないです(T_T) ただその分、OCSに役立つものを集積させてもらって、恩返しができれば……。

 以前書いてましたWikiページの「OCSの物置」もだいぶ拡充してます。今後も積めるものはどんどん積んでいこうと思ってます(私は8つのプロファイルのうちの「アキュムレーター」であると明確に思ってます)ので、もし協力していただける方おられましたら、ぜひお願いします。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR