FC2ブログ

『La Bataille d' Halle -1806』をダウンロードしておきました

 バタイユシリーズのゲームにはいくつか無料でダウンロードできるミニゲームがあるのは知っていましたが、そういえば今熱中している1806年戦役の中(イエナ・アウエルシュタットの戦いの後)の戦いであるハレの戦いのゲームがあったのに気付いて、ダウンロードしておこうと思いました。

LA Bataille ME Premier

 ゲームをするかどうかはともかく、資料として……。ユニットや、ヒストリカルコメンタリーは特に資料になるような気がします。

 実は、ハレの戦いでも活躍した指揮官であるデュポン(日本語版Wikipediaに詳しい項目がありました:ピエール・デュポン (軍人))に最近触れることが多く、印象付いてます(前回のエントリでも扱ってました)。

 まずはR/Dさんのブログの2015年分を印刷したやつを読んでいたら、バイレンの戦い(1808年7月のスペインで、ナポレオンが直接指揮していないものの、フランス軍が最初に大規模に敗北、しかも降伏したため、ヨーロッパ全体に大きな衝撃を与えた)についてずーっと触れられていて、そのフランス軍の軍団長がデュポンでした。デュポンは帰国した後監禁されてしまったそうです。

 と、尤も、バイレンの戦いといっても私は(半島戦争に興味がないのもあって)全然知らなかったのですが、たまたま『歴史群像』の最新号のナポレオン戦争の連載がバイレンの戦いを扱っていて、それで少なくともある程度は頭に入ってきました。

 デュポンはバイレンではそういう不名誉なことになりはしましたけども、それまでの戦歴はかなり立派なものだそうで、ポッツォロ、ハズラッハ、デュレンシュタイン、ハレ、フリートラントなどで華々しい戦果を挙げたとか。で、『ナポレオン戦線従軍記』の著者のフランソワ・ヴィゴ=ルシヨンがデュポン師団に所属していたのでその中のハレの戦いについても数ページで描写されています。

 今、1806年戦役の最初のところを調べ初めてますけども、実はイエナ・アウエルシュタットの戦いの後の追撃戦の部分にかなーり興味があるので、その中の一つの戦いであるハレの戦いに関してバタイユゲームが存在し、そのユニットやヒストリカルコメンタリ-が見られるというのは大変嬉しいなと思いました(*^_^*)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR