FC2ブログ

OCS『KOREA』キャンペーンソロ第2~3ターン

 4/30はOCS『KOREA』のフルキャンペーンソロプレイの、第2~3ターンをプレイできました。

 ↓第2ターン表(北朝鮮軍)終了時。

CIMG2407.jpg

 イニシアティブの権利自体は韓国軍側が取ったのですが、「すでにある程度は下がってある」+「表を韓国軍が取ると、裏に北朝鮮軍、そして次の表が北朝鮮軍となるとダブルターンになってしまう」ということを重視して、北朝鮮軍に表を取らせることにしました。OCS『KOREA』6ターンまでのプレイで、北朝鮮軍のダブルターンでひどい目に会いましたので……。

 北朝鮮軍側はソウルに1ステップだけ残っていた韓国軍部隊を屠るために部隊を集めますが、SPがすでにして心許ない量しかないため、燃料にSPはほとんど使わずにケチケチ作戦発動……。燃料なしには動けない第105戦車師団はいっそ予備モードにしてしまい、敵のリアクションフェイズに燃料を供給して燃費を良くしよういう涙ぐましい努力まで……(^_^;

 ところが、ソウルに残っていた韓国軍への砲撃で「確実にDGにはしたい」ということで6Tを消費して撃ったところ、ダイス目が良くて1ステップロスして歩兵による攻撃はしないで済み、結局SP的には安くあがったかも……。


 ↓第2ターン裏(韓国軍)終了時。

CIMG2411.jpg

 韓国軍は天安(チョナン)の線まで下がって、戦線とも言えない3ユニットの線を張ります。後方にまであっという間に回られる可能性もあるため、後方にも部隊を置いてあります。

 で、リアクションフェイズ。先ほど予備モードになっていた北朝鮮軍の第105戦車師団のうちの2個戦車ユニットが天安(チョナン)の2ヘクス北にまで進出……! 天安(チョナン)周辺はLow Hillしか存在せず、ここに戦車部隊が攻撃をかけると戦力2倍換算となるので、パニックとなる韓国軍サイド(と、ソロプレイですが脳内再生される(^_^;)。



 ↓第3ターン表(韓国軍)終了時。

CIMG2412.jpg

 またもやイニシアティブは韓国軍が取りました。前ターン、戦車部隊が近づいてきてパニックになっていた韓国軍サイドは、「平地かLow Hillしかない天安(チョナン)なんて守れない! 南方に河川があるじゃないか! オーバーランも不可能なその線まで下がりたい!」という誘惑に抗しきれず(と、脳内再生(^_^;)、韓国軍が表を取ることを選択し、河川による防御線を構築します。


 ↓第3ターン裏(北朝鮮軍)終了時。

CIMG2413.jpg

 北朝鮮軍サイドは第105戦車師団全体が南下できるようになるためあわよくば突破口を穿つことができるのではないかと考えていたのですが、他の歩兵師団が全然追いついてきてないことと、やはり河川の存在が想像以上に鬱陶しく(渡河に移動力+3を要求されるのが痛い)、次ターン以降への準備に終始しました。が、ここ2ターンの間戦闘をほとんどしていないことからSPは蓄積されつつあり、攻撃可能な水準に達してきた感があります。


 以下、また続きます。


 ↓今回の疑問点。

CIMG2408.jpg

 韓国軍(国連軍)の最初の増援がこのスミス支隊です。日本に駐屯している間に部隊の米兵さんは日本の女性達と仲良くなり、部隊のトラックには(弾除けのおまじないに?)その日本女性達の名前がたくさん書かれていたそうです。

 それはいいのですが、このユニットが日本から運ばれる時の連隊規模(RE)はいったいいくつなのか? 一応色々探したのですが、見つけられず……。基本ルールによる「その他は全部1REだよ」というのはさすがにちょっとひどいと思い、今回はとりあえず勝手に1/4REだと見なしておきましたが、どこかに書いてるんでしょうか~。というか、前回プレイ時に悩んだ記憶がないので、その時は何REになるか見つけていた可能性が結構あるという(T_T)

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は2版は所有していないので初版の情報ですが、第24歩兵師団のTF Smithは、「国連軍増援登場表(UN Order of Arrival)」に「大隊(Bn)」と表記されております。これが部隊規模に相当するのではないかな、と思ったのですが、いかがでしょうか?

ご参考までにー

No title

2版でも同じですね。

Re: No title

 確かに、(TF Smith Bn (FEC))とありました……。

 1T支払いが足りなかったので、払っておきました(^_^; コメントありがとうございました。

No title

はじめまして、ぴょんと申します。
古い記事へのコメントで申し訳ありません。
このたびOCSコリアを入手しまして、ただいま勉強中です。OCSコリアで検索すると日本語ではこちらのブログがほぼ1強なので参考にさせて頂いております。OCSの物置も参考にさせて頂いております。
いろいろとOCS新作が出ているようですが、Forgotten WarにならないようたまにはOCSコリアのリプレイも届けて頂けると幸甚です。
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR