fc2ブログ

OCS『KOREA』5.8 龍はやはり強かった?

 4/26のミドルアース大阪で、前回と同じOCS『KOREA』の中国軍介入シナリオ(5.8 Enter the Dragon!)をやってました。

 といっても、元々時間が短めで、こかどさんが「作戦を思いついた!」ということだったので、それを試してみるのが主眼で、私はほとんど何もしてませんでした(教えてもらったり、「その選択はあまり意味がないのでは~?」と突っ込んだりしていた)。

 こかどさんの作戦案の主眼は、(今までのプレイでは全然やってなかった)オーバーランを活用するというもので、確かにこのシナリオの第1ターン、そうすれば国連軍による砲撃を喰らわずに攻撃できる上に、戦闘フェイズにも(砲撃は喰らいますが)さらに攻撃できます。

 ところが、振るダイスの目がことごとく悪い! 奇襲チェックが奇襲成功に1足りないとか、逆奇襲喰らって3~5コラムシフトとか、戦闘解決のサイの目が2~3だとかだらけで……。しかしそれでも、弱体な韓国軍戦線は食い破って包囲環を作ろうとします(アメリカ軍戦線も食い破りたかったのだけども、ダイス目により無理でした。普通のダイス目なら食い破っていたはずです)。

CIMG2382.jpg

 ↑第1ターン裏(のみ)の移動フェイズ終了時。


CIMG2386.jpg

 ↑第1ターン裏の終了時。



 次に第2ターンですが、前回は適用を忘れていましたが、イニシアティブのダイス目に共産軍側が+2するということで、きっちり共産軍側が表を取りました。包囲環の中の部隊の多くを壊滅させていきます。


CIMG2390.jpg

 ↑第2ターン裏の終了時。

 ↓国連軍側の損害。

CIMG2389.jpg


 第2ターン中も相変わらずダイス目は悪かったので、本来ならもっと大きな戦果が挙がっているだろうと思われます。

 以前書いてました「こかどドクトリン」(高オッズで戦闘フェイズに殴って、突破の結果を獲得してさらに進む:OCS『KOREA』6ターンまで参照)は、中国軍のように徒歩部隊しかない場合には突破してもせいぜい1~2ヘクス進めるだけなので大して進めず、また敵側に圧倒的航空優勢があるのでDGにさせられてしまう。ので、中国軍の場合にはこかどドクトリンではなく、むしろオーバーランの方を重視して、スタックを薄く広くし、Do1の結果で全然OKなのでそれを各所で狙っていく……ということが有効だろうと思われる……と話してました。

 あと、写真の一番右側の鉄道線(徳川経由)を早期に確保しておくこと、包囲環を作ってなるべく逃さずに敵を削ること……などが重要であろうと。

 逆に国連軍側としては、重要な場所に陣地を作るのが良いのではないかとこかどさんが言っていて、私は「しかし2SPは重すぎるのでは」と言っていたのですが、「最終的には取られるとしても、1回奪取を遅らせれば2SP以上を敵に払わせることになるだろうから」という理由面にはなるほどと思いました。

 あと、1SPで航空基地を作ったり、対施設砲爆撃を活用するのを今後もっとどんどん活用していくべきだろうと。


 ゴールデンウィーク中ですが、滋賀合宿には一泊二日で参加して、富山のKさんと『KOREA』の「1マップシナリオはしご」をしようということになってます(^_^;

 他にゴールデンウィーク中には予定がない(ネトゲをやったりとかはあるけど)ので、家で『KOREA』のフルキャンペーンのソロプレイを着手してみようと思ってます。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR