fc2ブログ

『ナポレオン一八一二年』がものすごくよかったです

 だいぶ前にちょこっと読んでいて、かなり長い間放置していた『ナポレオン一八一二年』をここ十数日かけて読了しました。



 ものすごく良かったです! 以前のエントリで「読みにくいんじゃないかと思うから後にしよう」とか書いてたんですが、いやいや、これこそを他のロシア遠征本の前に読むべきだった……(T_T) (このエントリも参照)

 文章が平易で、地図もかなり完備されていて、作戦面の動きが非常に分かりやすいです。分析的な記述も興味深いですし、特に良かったのがロシア軍側のアレクサンドル皇帝、バルクライ・ド・トリー、バグラチオン、クトゥーゾフの人物像や行動に関する詳しい記述があったこと(それに比べると、フランス軍側の人物に関する詳しい記述は、コランクール辺りを除けばあまりないですが)。他のロシア遠征本(和本)と比べた時に、まっさきに読まれるべき本だと確信しました。

 個人的には、ウージェーヌが随所で活躍しているのが興味深かったです。ウージェーヌに関して洋書など調べて詳しく知りたいなぁと思ったりしましたが、いやいや、そんなところまで手を出しちゃダメだよ……(洋書の積ん読が多すぎるのに)。

 最後まで読むと出版案内のところに、『アレクサンドル1世』があったので、注文してみました(昔持っていた様な気もするのですが……)。



 『ナポレオン一八一二年』上でもアレクサンドル1世の人物像が非常に興味深かったのですが、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の妻ルイーゼとの関係(ルイーゼ側が憧れて一時期仲が良かったが、ティルジット和約でルイーゼは裏切られたと感じた)とか、1813年戦役、1814年戦役でのブリュッヒャーとのやりとりやなんかが書かれていればなぁ……と期待してます(が、どうなんでしょ)。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR