fc2ブログ

『TUNISIA』普通の展開?

 前エントリのミドルアース大阪ですが、私は前半は睡眠不足?で死んでおり、後半は『TUNISIA』でチュニジア戦の最初の史実を確認し、その後こかどさんが『TUNISIA』のシナリオ1を研究プレイするのを横で見ておりました。


CIMG1313.jpg

 史実を本で確認してますと、連合軍は↑の写真の黒矢印で進撃してきて○のところで激戦してその後も前進、チュニスまで12kmのところ(1ヘクス8km程度なので、2ヘクス先辺りか)で88mm砲で撃退され、その後また○のところまで戻ってそこでドイツ軍によって包囲されるも、青色矢印の根元のところに空挺降下してボロボロになっていたアメリカ軍部隊がふらふらとやってきて包囲環が閉じられるのを阻止したとか……。

 チュニスの2ヘクス先まで来られていたとなれば、それは確かに大変な状態だったのだなぁ……と再認識しました。また、アメリカ空挺部隊の降下先などもなかなか興味深い……。



CIMG0742.jpg

 その後こかどさんの研究プレイを見ていたのですが、第1ターン表の連合軍は「これは、最低限防御態勢を整えて、この後の攻勢準備ですね」と。今まで第1ターンから全力で殴り合うというのしか見てなかったので、「なるほど、これが普通のプレイなのか!?」と(^_^;

 考えてみると、私のこの前の連合軍プレイは「防御に気を遣うこともなく、殴るわけでもなく、まさにピクニック気分で前進」しており、そうすると側面を抜かれてボロボロになるのは当然だなぁと思いました。

 あと、第1ターン裏で枢軸軍側が第501重戦車大隊をチュニスに揚陸することもできる、という事に気付きまして、今まで第1ターンから殴り合いだったからかSPを運ぶこととのバランスを考えていたからかもですが、501は揚陸できないと思い込んでいたので、認識を改める良い機会になりました。


 第2ターン裏くらいまでやっていたのですが、いわゆるこの「普通の展開」?を見ていると、割と史実通りに展開するので、「おおー、なるほどなぁ」と。頭が死んでいたので何もできないかと思っていたのですが、また勉強になりました。こかどさん本当にありがたいです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR