FC2ブログ

『Reluctant Enemies』ソロプレイ第1ターン表

 盆休みに入って9連休なので、『Reluctant Enemies』のソロプレイを通してやってみようと思っています。

 まず最初に、前回思っていたことなんですが、勝利得点ヘクスに分かりやすいように水性ペンでフチを付けてしまおうと。『Reluctant Enemies』は2つあるシナリオのどちらでも必ず勝利得点ヘクスを参照するので、プレイのたびにいちいち参照するのはめんどくさい。で、サドンデスヘクスは赤、2VPヘクスは紫、1VPヘクスは青でフチを塗ってしまいました。

 で、まず第1ターンの表(英連邦軍ターン)をやってみました。


【以下、さとうさんからコメントを頂いたルールの部分を忘れていて間違っていたので、うすーく灰色表示にしておこうと思います。この薄い灰色表示の部分はルール間違えによるミスなので、参考にされませんよう(^_^;】


 前回(OCS『Reluctant Enemies』お試しプレイ)には私は西半分しかやらなかったので、今回初めてじっくりと東半分を考えてみたのですが……。

CIMG050312.jpg

 ↑の写真の部分、最初真ん中の4-3-5騎兵ユニットを殴りに行くんだろうなぁ……と計算してたんですが、いやいや、明らかに戦力も移動力も足りない。というか、航空基地の左下にむき出しの補給集積所があるんですが、SPがどうとかよりも第2ターンにそのヘクス自体に自由フランス軍ユニットが大量に湧くので、そのヘクスを守らなければならない(? ヴィシーフランス軍に占領されていたら出てこない?)。

 しかも周辺のヴィシーフランス軍には騎兵ユニットや自動車化ユニットが複数あって、それらが走ればサドンデスヘクスであるアンマン(Amman:写真右)を占領できてしまいます(青い矢印)。もしイギリス連邦軍側がなんの手当もしなければ、第1ターン裏、第2ターン表と連続ターンになればヴィシーフランス軍は何の苦労もなく「はい、アンマン取りました。勝ちです」となってしまう……!?

 「いやいや、それはやばすぎるでしょ。ここは第1ターンは守勢で、第2ターンから攻勢の場所なのだろう……」ということで、補給集積所とアンマンにユニットを送りました(茶色い矢印)。

 実際、ヴィシーフランス軍はこの地域で第1ターンにはかなりいやがらせをできるように思いました。


CIMG050313.jpg

 ↑第1ターン表終了時です。

 海岸沿いではコマンド部隊3つのうち2つが吹き飛んだものの、最初に渡っておくべき川をなんとか渡ってヴィシー軍ユニットを2個とばしました。その一つ東の荒れ地の中の戦闘はダイスの目が悪くイギリス連邦軍ユニットが一方的に1つ壊滅。他の2つはまあ順調にユニットを飛ばしまして、計ヴィシー軍の損害は4ユニット、英連邦軍の損害は3ユニット(うち2ユニットはどうせ一般補給路が繋がったら消えるコマンド部隊なので、実質1損害)。

 ヒストリカルノートを訳している最中なのですが、この直後、ヴィシーフランス軍は反撃を敢行し、英連邦軍をびびらせています。特に真ん中上部の山脈の西側の部分で大反撃をおこなったようです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

専用ルール3.1B項により、
ヴィシーフランス軍は第3ターンより前は、トランスヨルダンに進入できないので、
第2ターンにアンマンが陥落したり、自由フランス軍の出現地点やむき出しの集積所が蹂躙されるという事態は発生しないかと思います-。

ご参考までに

Re: No title

 あー、なるほど。確かにそのことをこかどさんに口頭で伝えていた記憶がありますわ……(^_^;

 とすると、この部分はやり直しですね。ありがとうございます!
今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR