fc2ブログ

シル少佐本と英単語

 シル少佐本が届きました(OCS4.1aとシル少佐関連で書いていたものです)。



 見てみると、全9章のうち最初の3章がシル少佐自身の行動の記録で、第4章もその直後あたりに関して。第5章から後世への影響が始まる感じでした。結局120ページ程度がシル少佐自身に割り振られており、まあちょうどいい程度かなと……(本自体は313ページ)。


 ここ数ヶ月、当時のドイツに関する記述を含んだ和書を複数読んでまして、いやが上にも興味関心が深まってます。↓の一番左の本をたまたま古本屋で買いまして、その後Amazonでその他の本を探して読みました。



 個人的にはナポレオン戦争当時のドイツに関しての話が散見されるので読んでいて興味深かったのですが、そこまで興味のない人にお勧めするようなものでもないかなとは思います(^_^; でも一番右の本はフリードリヒ・ヴィルヘルム3世とその親族の話や、将軍達に関する話も出てくるのでそこらへんに興味のある人には良いかも。


 買ってからシル少佐関係で少し紐解いたりした他は積ん読状態になっていた『Blücher:Scourge of Napoleon』ですが、序文を読み始めてみたらブリュッヒャーの能力に関しての詳しい記述で、ハマりました。とりあえずは今までに手に入れた本におけるブリュッヒャーの能力分析に関してまとめてみて、その後1800年頃から1807年にかけてのブリュッヒャーとその周辺のことがまとめられないかな……と考え始めてます(今まで作業が進まなかったのは、ブリュッヒャーが参加した1790年代の革命戦争関係のことにいまいち興味が持てないでいたのにそこをやらなきゃならないと考えていたからだと判明……そこを飛ばせばもっと気持ちよく作業ができる!)。




 それから、分かる英単語の量を増やすことが必須だというのはずいぶん前から分かっていて、電子単語カードなど色々色々色々……やってきたのですが、きっちり全部挫折してきました(以前にも同じ事書いてましたが、その後もまた色々手を出しては挫折していたのです(T_T))。しかし! 今度こそ! たぶんもしかしたらひょっとして恐らくは大丈夫かもしれない……手段を開発しました!

 というのは、私が常用している電子辞書である英辞郎には良く使われる単語について、1(最も良く使われる1000語)、2(次に良く使われる1000語)、3(次に……)……と12まで(つまり12000語)のレベルが割り振られているのですが、洋書に分からない単語の意味を書き加える際にこのレベルも⑥とか⑪とかっていう風に書き込んでしまおうと。で、やってみるとレベル⑥辺りが割と多くて、⑥以下のものをとりあえず暗記する努力をしてみると良いのでは(で、⑦以上はしばらくは放置)という気がしたので、⑥以下のやつには消せる蛍光ペンで○をしてみる、と。時々③とか④とかもあるので、それは大きく○をして特に覚えなきゃいけないよ、と。で、覚えたら○を消すこともできます。



 だいぶ前に、「興味のある文と一緒でなきゃ単語は覚えられないのでは」と思って、電子単語カードに洋書の文を引っ張ってきたりもしてみたのですが、めんどくさくて挫折。その後も単語だけを単語本とか単語カードとか単語ソフトで覚えようとして挫折してきたわけですが、自分がめちゃくちゃ興味のある本に分からない単語のレベルを書き込んで、そのレベルの低いものから覚えようとすれば、その洋書は良く開くわけだし、興味のある文がそこにあるわけだし……で、自分にとってかなり良い方法なのでは………………………………ということになんでもっと早く気付かんかったんやー!!!

 喜ばしさ4割、悲しさ6割というところでしょうか。


 といっても、洋書に分からない単語を書き込むことによって読んでいく……という方法は実力的に長らくそこまでできないでいたのも事実で、ここ半年くらいでようやくできるようになってきた様な気がします。

 というか、一度だいぶ前にそれをやってみようとしたことがあったのですが、その時にやってみたとあるその洋書の部分が、政治的な駆け引きが二転三転して展開も訳が分からない……というような部分だったので、それでその時は挫折してしまったのではなかろうか、その時もっと分かりやすくて面白い部分を選んでいたならば……ということに思い至りました……。

 うおおおーん。泣けますわぁ……。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR