fc2ブログ

CMJ52『赤い夕陽のナポレオン』のサマリーを作ってみました

 CMJ52『赤い夕陽のナポレオン』のサマリーを作ってみました。



unit8384.jpg




・移動力コストは、森が2、河川が+2。それ以外は1。
・1ヘクス移動保証あり(戦闘後前進時も。ただし、強行軍時にはなし)。
・ZOC停止。ZOC to ZOC可。総司令官と守備隊マーカーはZOCなし。
・マストアタック。
・スタック制限は部隊(軍団)ユニット1枚。ただし、総司令官、守備隊マーカーはスタック制限に含まない。
・部隊+総司令官の場合、作戦能力値は総司令官のものを使用。ただし、持てる戦力値(後述)は部隊指揮官の作戦能力値を使用。
・守備隊は防御1戦力(攻撃には使用できない)。退却の結果が出たら除去され、「連合軍占領マーカー」面に裏返す。
・戦闘は戦力比と戦闘結果表による。
・都市で防御でダイス目-1。河川ヘクスサイドが1つでもあればダイス目-1。
・攻撃時のみ、総司令官の攻撃ボーナス分+修正。
・戦闘結果の損害は、参加した部隊毎に適用。



・シークエンスは、↓のセグメントよりなる。各「行動」は「1.士気範囲確認(後述)」「2.移動」「3.戦闘」よりなる。

1.再編成(第1ターンは省略。壊滅した部隊が1戦力で戻ってきて、総司令官の作戦能力値分の補充が来る)
2.フランス軍第1行動
3.連合軍第1行動(ボヘミア方面軍かシレジア方面軍かどちらか。2連続は可だが3回は不可)
4.フランス軍第2行動
5.連合軍第2行動
6.フランス軍第3行動
7.連合軍第3行動
8。勝敗判定(パリから4ヘクス以内に連合軍部隊がいたらパリのモラルチェック。第3ターン以降に連合軍が占領すべき都市数を満たしていなかったら連合軍のモラルチェック)



・総司令官は↓の3人。戦力は持たない。攻撃ボーナス(★)を持つのは総司令官のみ

フランス軍:ナポレオン 作戦能力値5 ★★

シレジア方面軍:ブリュッヒャー 作戦能力値4 ★
 (シレジア方面軍:プロイセン軍(灰色)とロシア軍(濃い緑色))

ボヘミア方面軍:シュヴァルツェンベルク 作戦能力値3
 (ボヘミア方面軍:オーストリア軍(茶色)とロシア軍(明るい緑色))


・部隊は1個軍団と指揮官を表す。右上が作戦能力値、下段が初期戦力値(VASSAL版は、左下の黒字がその時点での戦力値。その右の白字が初期戦力値です)。




 このゲームは「作戦能力値(1~5)」がむちゃくちゃ重要です。以下、その辺を書きます。

・「指揮範囲」は、総司令官の作戦能力値+部隊指揮官の作戦能力値で、総司令官ユニットから各部隊に向かって、その範囲内であるかどうかチェックされます。例えば、ブリュッヒャー(4)とクライスト(3)の間の指揮範囲は7で、ブリュッヒャーから7ヘクス以内にいればクライストは指揮範囲内。


 「指揮範囲」は↓のタイミングでチェックされます。

・再編成セグメント
(指揮範囲外であるならば、補充の対象になれない。補充戦力は総司令官の作戦能力値分。部隊は、初期戦力値+その指揮官の作戦能力値までの戦力を持てる。)

・各セグメントの最初にある「指揮範囲確認フェイズ」
(指揮範囲内であるならば、移動力5。外である/移動開始時に敵ZOCにいたならば、移動力は作戦能力値と同数。)

・戦闘フェイズの実行中
(指揮範囲内の部隊にのみ「攻撃命令マーカー」を、総司令官の作戦能力値と同数だけ置ける。攻撃命令マーカーのない部隊は、戦力と作戦能力値のより低い方が戦力となる。防御部隊が指揮範囲外ならば、戦力と作戦能力値のより低い方が戦力となる。)



 他にも……。

・強行軍は移動を終えた直後に宣言。1D6して作戦能力値以下ならば、ダイス目分の追加移動力。上回ったならば、1戦力を失って作戦能力値分の追加移動力。総司令官は自動的に作戦能力値分の追加移動力+直前の移動で消費しきれなかった移動力を得る。(戦力1の部隊は強行軍を宣言できない)

・要求された退却ヘクス数が作戦能力値未満の場合、所有プレイヤーが退却路を決定する。以上の場合、1戦力を失った上で対戦相手が退却路を決定する。作戦能力値が高い部隊から退却を行う(総司令官が載ってたら、作戦能力値は総司令官のものを使用してOK(11.8により)。退却方向はフランス軍は西の2ヘクス、連合軍は東の2ヘクスに限定され、敵部隊が存在するヘクスに進入するならさらに1戦力を失う。(敵ZOCは何の影響もなし)

・要求された退却ヘクス数と同数の移動力で戦闘後前進ができるが、戦闘後前進する側の作戦能力値と同数までに制限される(敵が全滅しても、退却の結果が出ていなければ戦闘後前進できない)。1ヘクス移動保証あり。



・疑問点として、フランス軍側の攻撃で都市からフランス軍側が退却した場合、連合軍側は戦闘後前進は守備隊のいるその都市に戦闘後前進できるのか、書かれていないように思いました。とりあえず、15.3項に「守備隊のいる都市ヘクスに連合軍は退却できない」とはあるので、戦闘後前進もできないと考えるのが穏当ではないかと考えました。




 ルールはほぼこれぐらいでしょうか(ごく細かいものは省略しましたが)。

 特に、非フェイズプレイヤー側(防御側)の部隊が指揮範囲外であると、持っている戦力にかかわらず作戦能力値分の戦力しか持っていないことにされるのに気を付けねばならないのではないかと思いました。

 あと、退却方向が限定されるため、退却方向の2ヘクスを押さえてから攻撃すると、敵退却時にもう1戦力削ることができるのですが、これは重要なのか、それともあまり関係ないのか?(^_^;

 補充が結構来るので、強行軍とか戦闘とかをバリバリやっても良いのかなと思えました。


 戦闘結果表を良く見ていると、たとえば「3:1 +2」と「4:1 +1」のどちらでも選択できる場合、+修正が高めになる選択肢の方がお得?

 残り1戦力になったユニットは、壊滅しても1戦力が自動的に補充されて戻ってくるので、どう扱ってもよいという点で楽?(ただし、都市を持っていないと後方で復活せざるを得ないので、進撃が遅れるとかはあるかも)。


 連合軍側は、フランス軍が近くに来ていても殴っているよりも、とにかく都市を占領しに走らないと士気チェックが必要になり、まずいような気がしました。都市を占領しておかないと、再編成の拠点が前方に確保できず、マップ端から入って来なくてはならなくなりますし。

 シレジア方面軍は、第3ターン以降にマップ北端辺りから所属の部隊が増援で出てくるので、割と北の方向へ向かって移動していくのが吉であるようです。



 ルールの理解間違い、重要な作戦テクニックなどありましたらぜひコメント下さい!

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR