fc2ブログ

占守島の戦いをGTS(Grand Tactical Series)やCSS(Company Scale System)の超簡易版的なシステムで?

 「占守島の戦い」の自作ゲームを作るなら……ということについてまた考えてました。







 「積み木ゲームにしてはどうか」というアドバイスも貰ったんですが、今日ちらっと考えたのは、BCSの超簡易版とかではどうかとか。

 でもGTSという話もありましたし、そこらへんどうなんだろうとちょっと検索したりしてたんですが、OCSが最短で1ターン2日、BCSが1ターン1日程度、GTSが1ターン2時間で、占守島の戦いは1ターン2時間とかでないと再現は難しいと思われるので、やはりGTSぐらいの方が良いのかと思いました。

 で、GTSですが、シリーズデザイナーのアダム・スタークェーザー氏(『激マン』の英語版を作ったりもした人)がMMPと喧嘩別れした?というのは知っていたのですが、その後GMTへ移ってGTSとほぼ兄弟のCSS(Company Scale System)というのを作っており、そのシリーズゲームにサイパンとかグアムとかの、ある意味占守島の戦いと同じようなシチュエーションのゲームが出ているということを初めて知りました(^_^;

【Company Scale System】CSS Rules First Impression
【Company Scale System】「Saipan:The Bloody Rock」Dog Day Solo-Play AAR Part.1
【Company Scale System】「Guam:Return to Glory」

(市川さんのブログは基本的に楽しみにしているのですが、その時に興味を持っていない話題だと読まないもので……(^_^;)


 見ていると、占守島の戦いにも結構合いそうな感じだと思いました(和訳も落ちてました)。が、私が欲しいような占守島の戦いのゲームに当てはめるにはシステムが複雑すぎるので、ごくごく一部をいいとこ取りだけして超簡易版的な感じで作ろうとしてみるのが良さそうかも……。



 考えている内に、これまで「どうしたものか」と思っていた部分に色々解決策が思いついたので、メモっておきます。

・ソ連軍の司令部を積んだ上陸用舟艇が上陸前に、日本軍の砲撃で沈んでしまったためにソ連軍が統制を失って不利になったという話があるのですが、「司令部は1つだけ」という思い込みがあったので、ゲーム上では「運ゲー」になってしまうと思ってました。が、「大隊司令部ユニット」が例えば3つあるとかにすれば、0か100かの運ゲーは避けられるじゃないかと思いつきました(^_^;

・日本軍側は、上陸海岸の両端の沿岸砲台と内陸の遅滞用部隊の間でセットアップ時にリソースを割り振らなければならない(リソースは乏しい)とかにすれば悩ましくて良いかも。あと、リソースの割り振り加減がソ連軍側には分からなくて、沿岸砲台が撃てないというランダムイベントがあったりとかしたら面白そう。

・四嶺山の洞窟陣地は、どこにそれがあるか分からなくて、ソ連軍が踏んだら初めて分かるとか。

・8月18日の正午ぐらいまでにソ連軍が(1ヘクス500mのA3マップで)マップ南西方向に突破したら、ソ連軍側が勝利するとか。ソ連軍側は迅速に占守島を占領できるつもりだったし、また終戦もしていたから迅速に占領しなければならなかったので、早期に強制的にゲームが終了してしまうのにソ連軍が追われている、というので良いだろうとも思われ(エポック『エル・アラメイン』が4ターンで強制終了するのと同じようなものですね)。

・一方で、史実で日本軍の戦車部隊が突っ込んだことによってソ連軍側が士気阻喪していた面もあると思うので、攻勢がうまくいかないとガタッと士気が下がる(逆にうまくいったら士気が上がる)とかってシステムにして、割と膠着せずにバランスが急激に傾いて決着が付いてしまうというシステムでちょうどいいのかも。


・ソ連軍の上陸用舟艇の進入を3列にして、上陸海岸を3ヘクスにする。また、上陸用舟艇を大きいもの、中くらいのもの、小さいものを用意し、それらの装甲値に差を付ける。日本軍側の大砲2門は3列から任意に目標を選べるが、真ん中の列は少し当たりにくい。

・ユニットは表が完全戦力面、裏が減少戦力面とし、ソ連軍側は物量、日本軍側はアクションレーティングが高いようにする。10面体ダイスで同時射撃解決をし、アクションレーティングと地形効果でダイス目に±修正を与える。9出ろシステム?

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR