fc2ブログ

ルーマニア軍の中で最も進取の気性に富んだ指揮官の一人であったというラドゥ・コルネについて

 OCS『Crimea』のヒストリカルコメンタリーを訳していますと、クリミア戦最初期に編成された「ツィーグラー支隊」の中にルーマニア軍の中で最も進取の気性に富んだ指揮官の一人であったラドゥ・コルネ大佐という人がいたということで、調べてみるとその後結構重要な戦いで師団長などを務めたということで、OCSゲームでどういう部隊を指揮していたかを調べてみました。


unit8475.jpg

 ↑ラドゥ・コルネ大佐(Wikipediaから)



 またぞろ、日本語版Wikipeida「ラドゥ・コールネ」が簡潔で分かりやすかったので、引用してみます。

ラドゥ・コルネ(Radu Korne, 1895年12月13日 - 1949年)は、ルーマニア王国の軍人。最終階級は少将。

ブカレストのボイヤー(貴族)出身。本来の姓の表記はCorneaだが、ラドゥは年代記にて記されていたKorneを好んで名乗った。

1913年、トゥルゴヴィシュテの騎兵士官学校に入学し、15年卒業。騎兵第4連隊「マリア王妃」第703機関銃分隊長として第1次世界大戦に従軍。7月31日〜8月13日にかけてタラパン高地にて行われた第二次オイトゥズ会戦で砲撃に巻き込まれ負傷するものの、8日後に護送されるまで前線を引かず指揮し続けた。この勲功により、3等ミハイ勇敢公勲章(英語版)を受章。ハンガリー・ルーマニア戦争では第2機関銃大隊長。

戦後、上級戦争学校を経てフランスに留学。帰国後はシビウの騎兵特別学校教官に就任し、以後長らく教育畑を歩んだ。

第二次世界大戦勃発当時、第5騎兵旅団隷下の第6騎兵連隊長であった。1941年6月22日独ソ戦が始まると第6騎兵連隊はかねてよりソ連に支配されていたモルドバに進軍。要所を次々と陥落させた。

1941年7月22日、第6騎兵連隊隷下の山砲3個大隊を分離再編させ「コルネ」自動車化騎兵集団(2個自動車化騎兵連隊規模)を編成。8月上旬までにブグル(Bugul)を経てドニエプル川まで進軍を果たした。

9月25日、ソビエト赤軍第9軍および第18軍は大規模な反攻作戦に転じた。第5騎兵旅団はアキモフカにて深刻な打撃を受け撤退を余儀なくされるが、第6騎兵連隊は戦線を維持し続けた。これにより2等ミハイ勇敢公勲章を受章。

翌1942年、かねてよりセヴァストポリ攻略に苦悶していた第11軍司令官エーリッヒ・フォン・マンシュタイン元帥は、コルネ大佐にクリミア半島への転進を命じた。第6騎兵連隊および第10騎兵連隊、第54砲兵師団、一個対戦車大隊および二輪車部隊から編成されたコルネ支隊は、3月5日半島南部のフェオドシヤに上陸。ただちにグロデック旅団の指揮下に編入された。ケルチ郊外の戦いにおいて、重要な役割を果たし、16万人以上を捕虜にした。

1942年に第3騎兵旅団、1942年から1943年に第8騎兵師団を指揮した。1943年10月、第8騎兵師団は第8装甲騎兵師団に改編される計画であったが、実際は1944年8月まで装甲化されてはいない。同旅団はマンシュタイン指揮下のドン軍集団ルーマニア第4軍の下で作戦行動を行い、スターリングラードで包囲されたフリードリヒ・パウルス将軍の包囲解除を試みた冬の嵐作戦に参加した。1942年12月18日、騎士鉄十字章を授与された。

1944年4月から第1装甲師団の司令官に親補された。敗戦の濃くなった8月20日、バフルイ川南部にソ連軍の大規模な部隊が押し寄せた。第1装甲師団はスコブルツェニにて戦闘を展開。これは連合軍との最後の大規模な戦闘となった。23日、宮廷クーデターによりイオン・アントネスク政権が崩壊。

1944年9月、予備役に編入され、間もなく逮捕された。1946年に釈放されたが、1948年に再逮捕され、軟禁の上で病死した。







 マンシュタインは大きな装甲部隊を持っていなかったため、即席の「ツィーグラー支隊」(ハインツ・ツィーグラー大佐は、ドイツ軍第42軍団の参謀長でした)を、第190突撃砲大隊やルーマニア軍のコルネ旅団(ラドゥ・コルネ大佐は、ルーマニア軍の中で最も進取の気性に富んだ指揮官の一人でした)、その他の雑多な自動車化部隊によって編成します。彼らは素早く前進し、わずか2日でシンフェロポリ(F18.08)郊外に到達しました。
『Crimea: Conquest & Liberation Playbook』P22



 ↓OCS『Crimea』の「ツィーグラー支隊」と思われる構成ユニット。右側がコルネ旅団です。

unit8476.jpg





 英語版も含めて、Wikipedia上に書かれているコルネが指揮したという部隊の名称が、OCSゲーム上に見つからないことが多いのですが、とりあえず……。




 ↓OCS『Case Blue』のコルネ連隊。

unit8474_2023122909233017a.jpg

 ↑これは『Case Blue』の扱う前半の時期のものなのかもです。





 スターリングラード攻略戦、および冬の嵐作戦の時にはコルネは第8騎兵師団の指揮を執ってそれらに参加していたというのですが、OCS『Case Blue』には第8騎兵師団のくくり(複数ユニットフォーメーション)でユニットが入っていません(第7、第9騎兵師団は複数ユニットフォーメーションで入っているのですが!)。

 OCSでは、割とばらばらに使用されていた師団などではそういうことがあって(例えば、イギリス第6歩兵師団は枢軸国の情報機関を欺くために第70歩兵師団へと改称された(付:OCS『Reluctant Enemies』、『DAK-II』、『Burma II』) (2021/06/06))、それ自体はいいのですが、じゃあ具体的に第8騎兵師団の隷下のユニットがどれであるか、調べようとしてみたのですが……。


 ↓OCS『Case Blue』の冬の嵐作戦シナリオの初期配置。

unit8473.jpg


 ↑ルーマニア軍の騎兵ユニットが4つほど見えています。この中に第8騎兵師団と、第5騎兵師団があったらしいです。


 ところが、手持ちの資料で(楽をしようと)戦闘序列の表を探してみたのですが、見つけられず。文の中を探せば隷下の部隊は分かるのかもですが、面倒なのでパスで(^_^;

 とりあえず見つけられたのは、以下の2つの記述でした。もしどなたか分かりましたら教えて下さい!(>_<)

・Group Popescu (General Korne's 8th Cavalry Division, two regiments of 5th Cavalry Division, and Group von Pannwitz)
『Companion to Endgame at Stalingrad』P319

5th Cavalry Division Col. Dumitru Popescu
8th Cavalry Division Br-Gen. Radu Korne
『Stalingrad Battle Atlas Volume IV』P94








 OCS『The Third Winter』の期間においてコルネは、ずーっと第8騎兵師団長、そして最後の最後で第1装甲師団長かと思われます。

unit8471.jpg

unit8472.jpg


 OCS『Case Blue』の時にはアクションレーティングが4で頼りになりましたが、OCS『The Third Winter』の時期にはアクションレーティング2が基本で、なかなかつらいものがありますね……(T_T)


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR