fc2ブログ

OCS『South Burma』(仮)製作のために:日本軍の第55師団の連隊長と参謀長の更迭について

 トングー戦の時期に、日本軍の第55師団は連隊長と参謀長の更迭が行われたそうで、その件について戦史叢書『ビルマ攻略作戦』に述べられていました(P299,300)。


 ↓現状の第55師団ユニット。

unit8492.jpg


 連隊長というのは第112連隊長であった小原沢幸蔵大佐で、これまでの戦闘で多数の死傷者を出して神経衰弱気味であり、爾後の行動に積極性を欠いていたそうです。それで3月19日にピユ付近の敵(中国軍)を撃破して占領した日に、連隊副官から「連隊長の神経衰弱が昂じ、部隊の指揮がとれなくなった」と報告がありました。

 師団の方でも連隊長の更迭を考慮していた際でもあったので、先任大隊長に指揮をとらせて連隊長はラングーンの兵站病院に後送することにしたそうです。

 後任には棚橋真作大佐が任命され、4月3日に着任しました。


 私は以前、洋書か何かで「第55師団のいずれかの連隊長が積極性を欠いていたとして、後に更迭された」という記述を読んでいたような気がしていたのですが、これなんでしょうね。私は「指揮官の性格が積極性を欠いていた」あるいは「戦果の課題報告」とかからと思っていたのですが、そうではなくて心労のためだった?

 また、新たに連隊長となった棚橋真作大佐は、後に第2次アキャブの戦いでその時第55師団長であった花谷正中将から督戦されるも独断撤退し、終戦後割腹自殺したことで知られ、高木俊朗氏の『戦死 インパール牽制作戦』で詳しく扱われています。





 『戦死』を読んだ印象では、棚橋真作大佐は立派な人であったと私は思いましたし、指揮能力も高かったように思われました。



 閑話休題。

 第55師団の参謀長の方の話ですが、師団司令部内では出征以来(第55師団はタイ、ビルマ方面が初の出征)、「師団長と参謀長をはじめ高級副官その他幕僚との間はとかく折り合いが悪く、特に参謀長とはことごとに反発し合っていたといわれる。その結果師団がトングーに向かって北進中、師団長(竹内寛中将)はついに参謀長の更迭を上申するに至った。」とのこと。

 新たな参謀長は久保宗治という人でしたが、特筆されるようなことはなし? 更迭された参謀長の名前は記されていませんでした。



 第55師団の2つの連隊のアクションレーティング(AR)なんですが、現状私は第112連隊をAR3とし、後から来る第143連隊をAR4としています。最初は両方とも3にしていました。一方、第33師団の先に出てくる連隊2つはAR5です(後で追いついてくる連隊1つはAR4)。

 最初に第55師団の連隊2つをAR3にしていた理由なんですが、「(日本軍をひいきし過ぎて)あんまりぽんぽんARを高めにしたくない」「ARが低い部隊があったり高い部隊があったりした方が良いじゃないか」という思いがあり、第33師団のARは高めにせざるを得ないとしても、第55師団のARを低めである3にできないか……という思いがあったのでした。

 ところがその後、ツイッター上で英語圏の日本軍マニアだという人から「第55師団のARが低すぎるのではないか。第55師団は出征前にジャングル戦の訓練を受けていたのだから、もっと高くすべきだと思う」というような指摘をいただきまして、悩んだ挙げ句、少し遅れて登場する第143連隊の方を、「ゲーム登場前にマップの南方域ですでにいくらか戦闘を経験していたから」という理由を頭の中でむりやり付けて、AR4に上昇させました。が、第112連隊の方は「ARが低いユニットもあった方が面白い」という理由にしがみついてそのままにしていたのでした。

 ところがここに来て、第112連隊のARが低めであるべき理由が見つかって、「よっしゃ」となりました(バキッ!!☆/(x_x))


 しかし逆に、連隊長がこの頃更迭され、指揮能力が高めかもしれない棚橋真作大佐が新連隊長になったとすると、「AR4とかの差し替えユニットを用意して、差し替えすべき」という説が頭をもたげてくるかもしれません。

 まあそれはそれでもしかしたらアリかもしれないので、今後考えていくということで……(反論としては、連隊長のみでARが決まるものではないでしょ、というのもあると思います(^_^;)。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR