fc2ブログ

OCS『South Burma』(仮)製作のために:ラングーン陥落後の中国軍の作戦計画

 承前、ラングーン陥落後の中国軍の作戦計画についてです。今回も要約します。



unit8499.jpg





 これは3月中旬ころに中国軍が考えていた全般作戦計画だそうですが……(日本軍第15軍が入手していたもの。『ビルマ進攻作戦』P106~9)。

1.有力な一部でタイ・ビルマ国境(画像の右側)を守備する【タイ北部から日本軍が侵入する動きを見せていたため:赤色破線矢印】

2.別に一部でトングーおよびマンダレー街道【トングーからマンダレーへ通じる道】を守備し、要所を固守し、逐次日本軍を撃滅する。主力はマンダレー付近に置き、日本軍を誘引して深入りさせ、その後方の交通路を遮断し、爾後攻勢に転じて日本軍を捕捉撃滅する。

3.日本軍がもしマンダレー街道沿いに北進してくれば、ピンマナ(Pyinmana)、ピヨベ(Pyawbwe)、サジ(Thazi)の各守備隊【水色破線】は、各陣地を固守し、日本軍に重大な打撃を与える。その際、トングー東北方の山岳地帯を根拠として遊撃戦法により敵後方に侵入し、連絡路を遮断して日本軍の前進を妨害する。

4.日本軍との会戦において万一不利に陥った時でも、必ずトングー、サジ、マンダレー以東の山岳地帯を確保し、ロイレム(Loilem)およびメイミョー(Meymyo)の両拠点【緑色破線】を核心としてこれを固守し、新国際路線【インドルートのこと?】を確保する。

5.【この項、かなり省略】日本軍がタイ・ビルマ国境から進出した時は、山地で頑張る。日本軍が英印軍方向に主力を向けた時は、そちらの方向に進出して英印軍と協力する。

 で、この計画は、「中国軍得意の<誘致導入、消耗撃破、遊撃ゲリラ>の戦法を基調とするものであった。」そうです。


 「山岳地帯からの遊撃」は、画像の水色の矢印で、確かにこれをやられたらイヤだと思います。逆に日本軍から見れば、この山岳地帯(の道路)を押さえることが重要であったとも言えますね。



 今回、個人的に非常に気になったのは、ピンマナ(Pyinmana)、ピヨベ(Pyawbwe)、サジ(Thazi)の3箇所が固守地点に選ばれた理由についてです。固守地点に選ばれるにはそれなりの地形的な理由があるはずですから。

 というのは実は以前、1945年のビルマ戦について調べていた時に、日本軍はマンダレー街道を南進してくる英印軍をトングーで止めるということを意図したらしいのですが、その時に自分の作っていたマップを見てみたら、「トングーで止めるよりも、他の場所で止めようとした方が明らかにいいじゃん!」と思えるものだったのです(^_^;


 ↓その頃のマップのトングー付近。トングーより、その南の隘路で止めた方が良さそうです(平地ではありますが)。

unit8498.jpg



 ↓現状のトングー付近。トングーを小都市にし、荒地を隣にまで延ばしました(両方とも中障害)。

unit8497.jpg




 で、各地点に関して見てみます。まず、ピンマナ。

unit8496.jpg


 道路の結節点であるという意味においては非常に重要な場所だと思いますが、守りやすいとは思えません(^_^; むしろ、その南の隘路で敵を阻止した方がいいでしょう。今後資料を読んでいって、修正したいと思います。




 次に、ピヨベ(Pyawbwe)、サジ(Thazi)について。

unit8495.jpg


 まだここら辺は平地を設定していないのですが、守りやすそうな気はしません……。あえていえばピヨベの方は、結節点だらけになる北方のサジやメイクテーラ(Meiktila)の前で止めるという意味では、重要な気はします。しかしサジの方は、メイクテーラの方や東方の道路からでも回り込みやすいでしょうから、すごく守りにくそうな……。

 ここらへんもまた、今後資料を読んでいく中で、検証・修正していこうと思います。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR