fc2ブログ

OCS『South Burma』(仮)製作のために:日本軍の工兵部隊について

 承前。ビルマ戦緒戦での日本軍の工兵部隊について調べてみました。

 資料としては、奈良県立図書情報館でコピーしてきました、

『独立工兵第二十連隊戦史』(こちらは第15軍麾下の独立部隊)
『工兵第三十三聯隊戦記』(こちらは第33師団隷下の師団所属部隊)

 がありましたので、それで。


 独立工兵なんですが、資料を読んでいると後方での橋梁修理(敵が爆破していったやつとかを)が主で、まれに敵が来て防御戦をやったりしたようですが、基本的には後方での行動が主だと思えました。で、例えばOCS『The Third Winter』なんかはドニエプル川渡河がメインテーマでもありますし「橋梁爆破」と「橋梁修理」がかなりルールに盛り込まれているのですが、『South Burma』(仮)においてはできるだけ特別ルールは少なくしたいですし、現状では独立工兵をユニット化する必要はないかと思えました。


 それに対して師団所属の工兵の方ですが、こちらは敵前で渡河して架橋作業とが主で、時には敵が列車で逃げるのを爆破して列車内に突っ込んで戦闘とか、敵戦車が出てくると工兵の中から戦車攻撃班(地雷による対戦車攻撃の訓練を受けてきていた)が突っ込むとか、そういうことをしていたようです。

 そうするといくらか戦闘力は持っていてもいいかとは思われますが、しかし最低限の戦力ではあるべきでしょう。

 実は、OCS『Burma II』では日本軍の工兵大隊は歩兵大隊とまったく同じ戦力やアクションレーティングを持っていたりしたのですが、あれは通常スケールで各大隊が2戦力(移動モードで1戦力)なので、工兵をユニット化するならそのレーティングにしなければしょうがない、という側面があったのでしょう。しかし『South Burma』(仮)は3倍スケールで歩兵大隊は6とか7戦力を持っているので、工兵大隊の戦力は下げてもいいと思います。

 これまでは頭が『Burma II』に引っ張られていた感もあり、『South Burma』(仮)の師団所属工兵大隊は3戦力(移動モードで2戦力)としていたのですが、下げて2戦力(移動モードで1戦力)にしてみようと思います。1の0にするとか、(1)の(0)にするという案もあり得ますけども、戦力が低すぎると今度は工兵ユニットを守るために歩兵大隊がそこにスタックしなければならない、という本末転倒なことも起こったりしますし。


unit8518.jpg



 工兵ユニットのゲーム上での活用方法について考えてみたんですが、OCSでは架橋能力(戦闘モードで川に隣接するだけでOK)で河川ヘクスサイドの移動力コストを減少させることができ、また通常は橋なしでは渡河できない自動車化タイプや装軌タイプのユニットを攻撃可能にすることはできますが、戦闘において有利な修正を得られることはありません。なので、日本軍プレイヤーはどちらかというと、工兵能力を使うよりは戦闘ユニットとして使ってしまうんじゃないでしょうか……。

 ただ、架橋によって大河川(徒歩で移動力All)を小河川(徒歩で移動力+1)にするというのは、司令部の支給範囲が普通なら大河川で止まってしまうのを+1だけにしてしまうので、そこが一番でかいのではないかと思いました(『South Burma』(仮)の日本軍の司令部は『Burma II』と同様、徒歩移動コストで支給範囲を伸ばします)。



 あと今回考えたのは、大河川を渡るには工兵部隊や、舟艇をかき集めてくることが必要で、その量によって1日の間に渡れる兵士数に限界があった(特に最前線では)ようなので、そこらへん制限するべきだったりするかな? ということでした。

 例えば「1つの大河川(どのように繋がっていても)を架橋能力なしで移動できるユニットは、1フェイズに1個までに制限される。この制限には戦闘後前進も含まれる。」とか……。でもまあ、ルールは少ない方がいいですから、どうしても必要そうなら入れるとしても、そうでもないなら勿論入れないということで。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR