fc2ブログ

OCS『South Burma』(仮)製作のために:第55師団隷下であった、宇野支隊と沖支隊の登場ヘクス

 OCS『South Burma』(仮)ですが、最初に出てくる日本軍の第55師団は、かなり細切れに登場します。



unit8522.jpg

 ↑のうち、初期配置で置かれるのは、第112連隊の第1、第2大隊と、第55捜索連隊(実質は大隊規模)のみです。



 ↓現状の初期配置。エントリーヘクスAのあたりに日本軍がいます。

unit8521.jpg



 残りの歩兵大隊4つは、ゲーム開始時期の少し前から、マップ南端よりも南のテナセリウムと呼ばれる地域で戦闘行動をしていました。


 第143連隊(第1、第2、第3大隊)は連隊長の名前から宇野支隊と呼ばれ、ゲーム開始時期より割と前に戦闘行動を終えていました。そして第3大隊をビクトリアポイント(テナセリウム南部)に残置していったんタイに戻っており、ゲームを開始してすぐ後に第1、第2大隊はエントリーヘクスAから出てきます。第3大隊はかなり後になってからテナセリウム地域を北上し、エントリーエリアBから出てきます。

宇野支隊
 1-143-55 1月22日ターン(第2ターン)にエントリーヘクスAから
 2-143-55 1月26日ターン(第3ターン)にエントリーヘクスAから
 3-143-55 2月26日ターン(第12ターン)にエントリーヘクスBから

(↑は現状の設定であり、変更の可能性はありまくります)



 残りの第112連隊第3大隊は沖支隊と呼ばれ、2月1日にモールメンに到達したと諸資料にあります。

 で、この3-112-55が、エントリーヘクスAとB、どちらから出てくるべきなのかなのですが、戦史叢書『ビルマ攻略作戦』では本文や付図からするとBから出てくるように思えます。しかし、ちょっと前に聯隊戦記などの資料を複数入手して読んでいた時期に、沖支隊はいったんタイ国内に戻ってエントリーヘクスAから出てくるべきと思える様な記述を2箇所で見て「これは確定だな。Aからということにして、その出典やページ数は書かないでいいや」と思ったのでした。

 しかし、出典とページ数を書かないでおいたことをその後、後悔してまして、今回そこらへん確定させようと思って記述を探してみました。そしたら、Bであるべきだという記述を見つけてしまいましたバキッ!!☆/(x_x)

 沖支隊は1月26日タボイ【テナセリウム中部の海岸沿いの町】発、海岸道を北進、2月1日モールメンに進出して師団長の隷下に復帰した。
『歩兵㐧百四十三聯隊史』P78



 まあ、ある意味良かったんですが、しかし出典とページ数を書いておくというのは、後で確認するためにもやっぱりやっとかないとダメだと改めて痛感しました。ただ、ある程度の内容だとブログに書いておくかとなるんですが、細かいことだと「ブログに書くほどでもないか……じゃあメモって置かないでいいか」となりがちです。

 しかし、細かいことでもやはりブログに書いておいた方が良い感じなので、今後そういうことで……(^_^;
(メモっておけば良いじゃないかというご意見もあると思いますけども、メモはメモで訳分からなくなりがちで、ブログというのはそこらへん便利なんですよね。たまたまですが、このFC2ブログはブログ内検索ができることもあり)


 以前Aだと思ったのはなぜなのか、宇野支隊とこんがらがったのかのかもとは思いますが、あるいは、Aであるべきだという記述がやはりどこかにあったのかもです。それらももし見つけたら、追記しようと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR