fc2ブログ

OCS『South Burma』(仮)製作のために:テストプレイでのモールメン、パアン周辺について

 OCS『South Burma』(仮)のVASSALでのテストプレイに、尼崎会のタエさんや富山のKさんに付き合っていただいてまして、大変ありがたいです。自分一人では気づけないでいた、色々重大な改善点が見つかってます(^_^;

 この土日はお二方とも多忙ということだったので、今までの知見を元にソロプレイをノロノロと進めてました。

 で、最初の重要な地理的目標であるモールメン、パアンあたりのことについて自分なりに考えてることを書いてみようと思います。


 ↓第4ターン(1月29日ターン)の日本軍移動フェイズ終了時。

unit8532.jpg




 最初の重要な考察点は、史実でモールメンが陥落した第4ターンに英連邦軍側がどうするのが良さそうか、だと思ってます。

 というのは、勝利条件として、史実より遅い第5ターン以降にモールメンが陥落した場合、英連邦軍側に勝利得点が入るようにしようと思っているからです(史実より早く陥落した場合、日本軍に勝利得点が入る)。

参考:OCS『South Burma』(仮)製作のために:前方(サルウィン川沿い)で防御すべきか、後方(シッタン川沿い)で防御すべきか (2023/03/21)



 ちなみに、日本軍が第3ターンにモールメンを陥落させるのは、英連邦軍側がモールメンをほぼ空にしたのでなければあり得ず、一方で第5ターンには日本軍の攻撃戦力が(戦闘モードになるなどして)かなり大きくなり陥落の可能性が高いはずです。そのように苦労して調整しました(^_^;


 英連邦軍側は、↓のような選択肢があるだろうと思います。

1.モールメンを守らずに明け渡す
2.第4ターンに防御撤退の方向で考える
3.第4ターンは固守し、第5ターン以降柔軟に

 1もなしではないと思います。というのは、2と3では無損害ということは難しいのに対し、1では無損害が可能だからです。ただしもちろん、勝利得点上は不利であり、また次の守備ラインであるマルタバン周辺は半島状に突き出ていて結構守備が難しいという問題があります。また、モールメンは中障害(Very Close)でかなり攻撃側に不利なので、そのような地形をあっさり明け渡すのかという話も……。


 個人的には、2が面白いと思ってます(ただし、私が「史実通りになった方が美しいよね」という思いに引っ張られているのも確かでしょう バキッ!!☆/(x_x))。というのは、第4ターンの日本軍は、モールメンの南東には戦闘モードで接敵できるのですが、北東では移動モードでしか接敵できないので、マルタバンにZOCを及ぼせないのです(上の画像でそうなっています)。


 OCSでは、

・敵ZOCに退却したらDG(混乱)になる。そしてそこに元いたユニットも全部DGになる。
・DGであったスタックが敵ZOCに退却したら1ステップロスする

 というルールがあるのですが、第4ターンにモールメンから戦闘結果によりマルタバンに退却する場合、

・モールメンのスタックがDGでない場合、マルタバンに退却する時にDGにならない
(マルタバンに日本軍ZOCが及んでいた場合、マルタバンに退却する時にDGになり、かつ元々マルタバンにいたユニットもすべてDGになる)
・モールメンのスタックがDGにさせられていても、マルタバンに退却する時にステップロスしない。
(マルタバンに日本軍ZOCが及んでいた場合は1ステップロスし、かつ元々マルタバンにいたユニットもすべてDGになる)

 という風に悪い影響を受けないで済みます。ところが3の選択肢の場合はおそらく、↑の()内のような悪い影響を受けまくるのです。


 しかも3の場合、モールメンのハイスタックを見て日本軍は第4ターンの攻略を諦め、(史実でもモールメン攻略後にしたように)マルタバン周辺への包囲環を作ろうとする可能性があると思ってます。結果として最悪の場合、モールメンとマルタバンに英連邦軍の数ユニットが閉じ込められ、壊滅させられるケースも……? そうなってしまう可能性はやや低めだとは思いますが、日本軍側にとっては恐らくそのパターンが「最高の結果」だろうとも思います。


 仮に2の選択肢を選択する場合、↓のようにするのが良いだろうと思います。

・可能な限り高いARのユニットを、モールメンで守備させてARを使用する。
(英連邦軍も、日本軍ほどではないですが結構補充でユニットが戻ってくるので、日本軍がなるべく高いARのユニットを攻撃せざるを得ないようにさせるべきです。そして、デッドパイルから補充してまた使うのです。また、ARが高い方が、ステップロスを食らわずに退却だけで済む可能性も高まります)
・自動車化タイプでしか移動させられないユニットをモールメンで守備させる場合、大河川をまたいで退却可能にさせるために、モールメンかマルタバンに戦闘モードの司令部を置いて、架橋しておく。
・現状のルール案では、3ユニット以上で守備している時に日本軍が戦闘後前進すると、「チャーチル給与」のダイス目に+2されるので、2ユニット以下で守備する。

 最高なのは、第4ターンに日本軍にモールメンを攻撃させて、それが失敗する、あるいは退却だけで済むというケースかと思います。




 それから、パアン(Pa-an)とラインブエ(Hlaingbwe)の守備ラインの話です。史実で英連邦軍は、最初このラインで防御線を引く予定でした。

 ところがこの防御ラインは、天然の防御ラインであるサルウィン川の向こう側にあり、「いやいや、サルウィン川の西側に防御ラインを作った方がはるかに有利ではないか。なぜわざわざ、川の向こう側に防御ラインを設けるのか?」と私は思ってました。

 ところがテストプレイ中をしていると、英連邦軍がサルウィン川の西側にのみとどまっていた場合、パアンの南東の地域で日本軍はユニットを戦略移動モード(戦力0、AR0になる)で置いたり、SPを載せた輸送ワゴン(防御力0)を守備隊なしで置いたりできるということが分かりました。

 ですからもし英連邦軍プレイヤーがパアンにユニットを置いたならば、日本軍プレイヤーはそのような戦力0のユニットを無防備でパアン南東に置けなくなり、その分移動が遅くなったり、守備隊を置かねばならなくなって手が縮こまることが見込めました。

 英連邦軍プレイヤーとしては、どちらかと言えば、パアンにユニットを置いて、日本軍に好き勝手されないようにした方が良いのではないかと思います。日本軍がラインブエ方向に進撃する可能性もあるのですが、その場合でも英連邦軍がサルウィン川西岸にしかユニットを置いていない時よりも、対応が容易ではないかとも……。


 現状では、ある程度面白いゲームになり得ているのではないかと思います。常に危惧しているのは「見落としている必勝法が存在してしまっているのではないか」ということです。これまでのテストプレイで、日本軍の騎兵ユニットが突進して英連邦軍の後方連絡線をカットしてしまうのが問題だということが認識できたので、マップ上で小河川や荒地や山岳を追加したり、騎兵ユニットを再建不能にしたりしました(^_^;


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR