fc2ブログ

OCS『South Burma』(仮)製作のために:1942と1945は、マップは共通、ルールは別で

 OCS『South Burma』(仮)は、まずは基本的に1942年1月~5月の日本軍によるビルマ攻略を扱うものなわけですが、1945年1月~8月のビルマ戦線の崩壊局面も同一マップで再現できそうなら、ぜひそうできるようにしたいと漠然と思っていました。



 ↓現状のマップ割。フルマップ3枚で、一番北のマップはOCS『Burma II』のマップと一部重なります。

unit8546.jpg



 この件は、リサーチの面からも必要だと思ってました。というのは、OCS『South Burma』(仮)を作る上で最も困難なのはマップ製作の部分だと思っているのですが、ビルマ戦の往路(1942年)の資料だけでなく、復路(1945年)の資料も読めば、地形に関する記述は数倍あるだろうことが見込めるからです(1ヘクス8kmというスケールでは、単に資料の中の地図を参考にしてマップを作るのでは全然充分でなく、文字資料の部分から見つかる材料を織り込んでいかないとダメだと、ここまでの作業でも痛感してます)。


 なので、往路の最初の部分から資料を読み始めて、復路の最後の部分で重なるところが出始めたら、後者も読んでいこうと。尤も、復路の最後の方とはどういうもの(資料)なのか、実は分かってなかった(^_^;のですが、先日ようやく、「シッタン川突破作戦(日本軍の残存部隊が南部ビルマの中央部にいて、その東側が英連邦軍に阻止されていたのを突破し、シッタン川を渡河して南東ビルマに向かおうとする作戦)」が最後の作戦に当たり、戦史叢書にもその作戦を扱った本があるのだということを理解して注文したのでした(そういう作戦行動があったこと自体は知っていたのですが)。






 で、いよいよ少し復路の部分にも手を付け始めそうなので、『South Burma』(仮)のテストプレイ用ルールブックを改訂する上で復路に関しても織り込んでいかねば……と思って、しばらく考えて諦めました。「往路も復路も同一のルールで再現するなんて無理だな! 往路と復路は、別のルールやチャートを使用するということにしよう!」

 マップは同一のつもりですけども、1942年から1945年の間に橋が落とされたり架けられたり、鉄道や道路などの変遷がある可能性はあるかと思います(それらの変遷がかなりの件数あるようなら、別マップ別ゲームということにした方がいいのかもしれません)。ユニットは、1942年は3倍スケール、1945年は標準スケールのつもりですし、全然別となります。地形効果表も、1942年のはかなり移動しやすいのですが、1945年のは(『Burma II』と同様の)かなり移動しにくいものにした方がいいのではないかと思っています。


 ルールを別にするので、ルールブックにはそれぞれ「South Burma: 1942」「South Burma: 1945」とでも書こうと思っています(シモニッチ的な感じがするなぁと思いましたが、良く考えたらシモニッチなら「'42」とかですかね)。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR