fc2ブログ

OCS『South Burma』(仮)製作のために:英連邦軍は日本軍が戦線後方へ海岸上陸や河川を遡って上陸するのも恐れていた

 1942年のビルマ戦の初期の一時期、モールメン攻略後(2月1日)からビリン川の線からの撤退(2月20日)あたりの期間において、英連邦軍は日本軍が戦線後方へ海岸上陸や河川を遡って上陸するのも恐れていたことに関して複数の資料に書かれているのを発見しまして、OCS『South Burma』(仮)でもそれが可能なように配慮することが必要かと思われました。


 ↓OCS『South Burma』(仮)の現状のマップ。

unit8560.jpg


 日本軍がモールメン(Moulmein:画像の右下の赤い□)を攻略した前後、日本軍は多数の小さい船を入手していたようです。

 サルウィン川では、マルタバンとダグウィン【画像の右上の赤い□】の間に船が数隻あった。小道や道路はこれらから東【西の間違いか?】へと続いており、そのため船には注意深い監視が必要だった。海岸沿いの多くの河口や小川も同様だった。日本軍は筏、川船、大きなボートを多数所有していることが分かっていたのである。したがって、彼らは我が軍の戦線の背後で海岸上陸を試みることが十分に可能であった。
『First Burma Campaign: The Japanese Conquest of 1942 By Those Who Were There』P79

 少なくともダグウィンまでは船が遡れたということであると思われ、ダグウィンに日本軍部隊が上陸すればパプンまで移動することもできるでしょうから、それが警戒されたのでしょう。


 【第17インド歩兵】師団長は【サルウィン川沿いのラインという】新しい状況に満足しておらず、シッタン川のラインへの撤退を望んでいた。しかし、彼は却下され、ハットン将軍はサルウィン川の線に固執した。マルタバン(Martaban)は確実に保持すべきであり、また部隊の配置全体はマルタバン湾からの上陸にも配慮されていなければならない。第17インド師団はマルタバン、サトン、パアン、ビリン、キャイクトー、パプンを保持し、マルタバンからシッタン橋までの主要道路と鉄道をパトロールすることになっていた。この地域は、機甲部隊の支援のない小部隊には広すぎた。お互いの連絡手段が失われてしまうほど遠く離して薄く分散配置するのがせいぜいで、横の連絡もなしではこの地域では、一つ一つの部隊が側面から包囲されてしまうだろう。そのうえ、部隊の配置は海上からの上陸に振り向けられ、より多くの部隊がマルタバンからキャイクトまでの鉄道路線に集中し、地形的に潜入が容易なビリン・パプン・パアンの三角地帯にはより小さな部隊しか配置されていなかったのである。このようにして、ラインは薄く引き延ばされた。師団長は、戦線の延長は縦深を不足させるという金言に基づき、戦線を短縮する許可を要求し、ビリン川戦線への撤退を希望した。
『Indian Armed Forces in World War II - The Retreat from Burma』Introduction xxix, xxx



 さらに、英連邦軍側は、ラングーンの東側の海岸に日本軍が部隊を上陸させることをも警戒していたようです。

 ウェストヨークシャー【軽歩兵大隊】はラングーンのすぐ東の海岸線を監視するために派遣された。
『Burma 1942: The Road from Rangoon to Mandalay』P75




 ところが史実で日本軍側は、サルウィン川を渡河したりするのに船を使用したものの、川を遡ったり、海岸からの上陸作戦などは行いませんでした。後者の理由については、どの資料で見たのか忘れましたが、マルタバン湾(画像の海の部分全部がそれです)の制海権はこの時期、英連邦軍側が握っており、英連邦軍側の艦船によって上陸用の舟艇が沈められてしまうのを危惧したからなのだそうです。


 しかしゲーム上では、可能な作戦として提示されるべきでしょうし、またそうでなくては英連邦軍側が最前線にばかりユニットを配置できてしまうことになってしまうでしょう。

 案としては、日本軍がモールメンを占領したら、たとえば2T分の上陸用舟艇が日本軍に与えられると。OCSシリーズルールで、上陸用舟艇は1つの移動セグメントに10ヘクスずつ移動できるので、それで上陸作戦を行えます。上陸用舟艇は陸上ユニットなどの下に隠すことができます。

 上陸用舟艇を外洋に出した場合、英連邦軍側の艦船に沈められてしまうかどうかのチェックは必要でしょう。

 OCSシリーズルールでは上陸用舟艇にユニットを載せるのは港湾でしか行えないため、モールメンを港湾にしてみましたが、色々な理由からモールメンを港湾にするのはやめて、単純にシリーズルールの例外としてどこでも載せられるようにした方がいいかもです。
(色々な理由……モールメンを港湾にすると、英連邦軍側がモールメンに増援を送りやすくなってしまう。かといって、モールメンの港湾能力をダメージで予めゼロにするようにすると、シリーズルールで上陸用舟艇にユニットを載せる際にも港湾能力が必要なので困ってしまう(>_<))


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR