fc2ブログ

OCS『Hungarian Rhapsody』のハンガリー軍の「聖王ラースロー」師団ユニット他

 コマンドマガジン第100号の付録ゲームが1944~45年のハンガリー戦役を扱ったものでして、OCS『Hungarian Rhapsody』の参考になるかと思って「ユニットよもやま物語」を読んでいて、ハンガリー軍の「聖王ラースロー」師団に興味を持ちました。


コマンドマガジン第100号『ハンガリー戦役1944-45』



 ↓OCS『Hungarian Rhapsody』の「聖王ラースロー」師団ユニット。

unit8696.jpg



 ブダペストの戦いの直前という危急の時期に、ハンガリー人から敬愛される聖王ラースロー(1世)の名前から付けられた「精鋭」(となるべき)師団でしたが、師団規模で戦ったことはついぞなかったそうです。

 『Hungarian Rhapsody』上のセットアップで見ても、3ステップユニットであるのに必ず2ステップロスの状態で出てきます(T_T)が、その構成部隊の一部はハンガリー軍の空挺部隊(2個大隊)であった(なので、同師団は空軍と陸軍の混成)そうで、さすが精鋭でその奮闘に当時ドイツ軍の参謀総長であったグデーリアンが感状を送ったとか。また、その後イギリス軍相手に降伏した時、イギリス軍側はこの師団に敬意を表して、(師団がどうなるかの最終決定まで?)拳銃を保持することを許可したとか。


 ハンガリー人のほとんどを占めるマジャール人はモンゴロイドだということで、日本人としては親近感を持つ感があるのですけども、周辺の白人と混血していてモンゴロイドの遺伝子は低頻度でしかないそうです(^_^;



 「ユニットよもやま物語」に書かれていた内容で個人的にかなり興味を持ったのは、当時ハンガリーの政権を持っていたという極右政党「矢十字党」というのが、「大ハンガリー主義」というのを標榜していて、その内容が「ハンガリーはドナウ河流域を支配するだけでなく、欧州を文明化するための光明であり、模範となるべき特別な使命がある」というものだった……という話でした。

 最近私は、「プーチン(周辺)はなぜあんななのか」という事が気になって関係書籍をいくらか買って読んでみたりしたのですが、「ロシアには聖なる使命がある」とか「この偉大なるロシアこそが周辺地域を征服して文明化しなければならない」という考え方がロシアにはある時期からあって、その影響はかなりあるんじゃないか、という話には結構得心するものがありました。


 ↓その本。





 また私は、「陰謀論になぜハマってしまうのか」ということにも興味があってテレビや新聞でいくらか解説を見聞きしたんですが、それらの中で最も個人的に納得できたのは「陰謀に対する正義のヒーローに、自分がなれるから(気持ちがいいのだ)」というものでした。

 そこらへん考えると、ロシアも、旧統一教会も、また(民主主義を押しつける)アメリカも、あるいは大日本帝国なんかもそういう類のものであると理解しやすいのかも……と思ったり。日本の戦前、戦中のいわゆる「軍国主義」も、旧統一教会ばりの洗脳状態であったのだろうか……と(人間の脳はそもそもものすごく洗脳されてしまいやすいそうで、橘玲氏などは「人間がなぜ洗脳されてしまうのかが不思議なのではなく、なぜ洗脳されない人間が中にはいるかの方がよほど不思議だ、と考えるべき」というようなことを書かれています)。


 ただ一方で、最近一つ気になっていることとして、当時の日本人があれほど米英への勝利に熱狂した要因の一つに、当時の「白人による人種差別」の存在があっただろうことを改めて思い出しまして、そこらへん調べたい気持ちになっているのですが、中立的な本が乏しそうで難儀しております。


 ↓を読んでいるのですが、偏っていると思われ……。








 閑話休題。

 「ユニットよもやま物語」のハンガリー軍関係でもう一つ興味深かったのが、「ブダペスト市街戦では、工科大の学徒兵2個大隊が特筆すべき奮戦をしており」というものでした。

 ↓OCS『Hungarian Rhapsody』のブダペスト学生部隊ユニット。

unit8695.jpg


 アクションレーティングが2と、評価が高いとは言えないのが残念……(せめて3ならば……)。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR