fc2ブログ

北アフリカ戦における英連邦軍の名脇役、「ジャンボ」ウィルソン将軍について

 北アフリカ戦の英連邦軍指揮官について書いていたものを公開するものの続きです。

 前回は↓こちら。

戦前にイギリス第7機甲師団を最高水準にまで訓練したパーシー・「ホーボー」・ホバート将軍について(付:OCS『DAK-II』) (2021/11/18)



 今回は「ジャンボ」ウィルソン将軍についてなのですが、ウィルソンについては以前ブログで紹介していたことがありました。

北アフリカ戦線:イギリス軍のウィルソン将軍について、まとめ(付:OCS『DAK-II』『Reluctant Enemies』) (2019/01/14)


Hmwilson1944

↑ウィルソン将軍。1944年4月30日、イタリアにて。(Wikipediaから)


 今回公開するのは、あくまで、前回のホバートの章の続きで、次のウェーヴェルの前に挟み込む位置でのウィルソンに関する記述……といったていのものです。

 ホバートの解任に関してはあたかも「悪役」であるかのように見えてしまうウィルソンですが、どの資料を見てもその人物像について「物腰が柔らかく、優しい性格」であったと記述されています。人柄が良いだけでなく頭脳が明晰であり、部下達からは尊敬され、またチャーチルからは絶大な信頼を得ることになります。

 軍人の家に生まれ、イートン校とサンドハースト王立陸軍士官学校で学んだウィルソンは、南アフリカ戦争に従軍し、エジプトとインドに赴任した後、第一次世界大戦では西部戦線で戦って軍功を挙げました。

 1919年にキャンバリーの参謀大学の一期目を卒業した後、1921~23年にサンドハースト王立陸軍士官学校で教官を、1927~30年にインドで大隊長を、1930~33年にはキャンバリー参謀大学の校長を、1935年からは第6歩兵旅団長(ウェーヴェルの後任)を務めます。そして1939年6月にエジプト駐留イギリス軍司令官に任命されたのでした。

 大柄な体格で「ジャンボ」という愛称で呼ばれた彼は、野戦指揮官としてではなく、綿密かつ堅実な軍事的管理者としてや、多国間同盟の繊細な状況における外交を司る能力に非常に秀でていました。組織にとって必要不可欠な歯車であり、必要なものを調達し、供給するという非常に重要な役割を、極めて細部まで行き届くような配慮で遂行することができたのです。また彼は、困難な状況においても健全な判断力を維持し、優れた軍事的判断を行うことができました。

 ただしもちろん欠けていた面もあり、「独自性やひらめきは欠如していた」とも評されていますが、これはウィルソンの得意な方向性とは真逆の性質ですから、ある意味当然と言うべきでしょう。余談ながらウィルソンはスポーツ好きで特に乗馬が大好きだったそうですが、その大柄な体格のため周囲からは「乗馬には向かないのに」とも言われていたそうです。

 ウィルソンは中東・地中海戦域のイギリス軍になくてはならない人材でした。対ロンメルで野戦軍を指揮したことはついになかったものの、その周辺の戦域で活躍し続け、最終的には元帥にまで昇進するのです。




 この後に公開していく予定のオコーナー将軍のところでは、ウィルソンが非常に大柄であるのにオコーナー将軍が非常に小柄で、面白い対比の記述が出てきたりします(^_^;

 あるいは、ウィルソンは対ロンメルということではずっと脇役なのですが、OCS『Reluctant Enemies』で取り上げられるエクスポーター作戦においては英連邦軍側の総司令官ですから、そちらをプレイする時にはプレイヤー自身がまさにウィルソンの立場に立つことになります。


OCS『Reluctant Enemies』お試しプレイ (2014/07/22)


CIMG1156b.jpg



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR