fc2ブログ

OCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』シナリオ7で、VASSAL習熟プレイを開始しました

 新しく参加されることになった富山のNさんが、OCSのソロプレイ以外は経験なしで、VASSALに関してはまったく触ったこともないということで、VASSALに習熟していき、少しずつ一緒にプレイしていきましょうということになりました。

 ゲームは色々検討した結果、『Smolensk:Barbarossa Derailed』のシナリオ7で。


 富山のNさんはご自分のデスクトップパソコンとディスプレイを車で富山のKさん宅に運び(!)、パソコンをセッティングして、VASSALの扱い方を富山のKさんから実地で受けられるようにしてプレイを開始してみました。

 プレイは松浦方式(片方の陣営をプレイヤー全員でプレイし、もう片方の陣営もプレイヤー全員でプレイする)で、ソ連軍は主攻勢軸たる中央イエルニャ方面を富山のNさんが、その北方を富山のKさんが、南方を私が持ちました。枢軸軍は、中央を富山のKさん、北方を私、南方を富山のNさんが担当します。



 ↓セットアップ時(枢軸軍はフリーセットアップが大量にあり、私がやっておきました)。

unit9152.jpg

 全員で「あーでもない、こーでもない」と相談しながら、ソ連軍をプレイしていきます。





 ↓リアクションフェイズ中のドイツ軍のオーバーラン

unit9151.jpg

 リアクションフェイズに富山のKさんは、ソ連軍の2個戦車師団(ただし両方とも1/3ステップしか残っていない)を2個突撃砲大隊でオーバーラン!(事前にHe.111でヒップシュートしてから)。2ステップを失わせ、敗走させました。

 ソ連軍側は舐めたプレイをしていたわけではなく、そのヘクスに3ステップも置いていたのですが、ヒップシュートされて近距離から戦闘モードで平地にオーバーランされてはいかんともしがたく……。




 ↓第1ターン先攻ソ連軍戦闘フェイズ終了時。

unit9150.jpg

 続く戦闘フェイズには砲撃の上で北方1箇所、中央2箇所で攻撃を敢行。北方(赤い太線の場所)ではダイス目が悪く、AL2(攻撃側2ステップロス)の結果に(ただし、ドイツ軍に2Tを払わせたので、それだけでもソ連軍の勝利(^_^;)。

 中央ではSPを大量に消費はしましたが、2ヘクスで戦闘に勝利し、小河川を渡河して今後の攻勢のための橋頭堡(赤い太線)を確保しました。


 時間切れでここまででしたが、今後も機会があれば続きをプレイしていって、最後までプレイしたいものだと思います(5ターンシナリオでやりやすいはずなのですが、今まではゲーム例会でしかプレイしたことがなく、最後までやったことがなかったと思います)。


 今日はまた、割と観戦に来られる方が来て下さり、少しOCSのルールについても質問をもらったり、ゲームの展開について文字チャットでやりとりしたりしました。良ければ、将来的にプレイに参加もしてもらえたら大変嬉しいです(^^)

 OCS初心者の方でも、一部の戦区だけ受け持ってもらって、アドバイスしたり、どんどん質問したりしてもらってプレイできますので~。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR