fc2ブログ

OCS『DAK-II』「ロンメルの第1次攻勢からのキャンペーン」3回目をハウスルール付きで開始しました

 富山のKさんと二人でOCS『DAK-II』の「ロンメルの第1次攻勢からのキャンペーン」を始めてみており、これまで2回目のプレイをしていましたが、新たに3回目のプレイを始めてみました。

 というのは、プレイしていると英連邦軍が非常に強いと思われ、それはそれで枢軸軍のプレイがチャレンジングでいいのですが、英連邦軍の兵科間の連携の取れなさであるとか、ロンメルの第1次攻勢時の英連邦軍の前線の混乱状況であるとかに興味のある私としては、そこらへんの改造ハウスルール案を考えて試してみたいなという気持ちが湧いてきまして。

 とりあえず、以下のような改造ハウスルールでやってみました(プレイ中に色々変更したりもしましたし、今後も変更していくと思われますけども)。

・(セットアップを除き)英連邦軍は各フェイズ終了時に、兵科マークが歩兵、機甲の2種類の異なる兵科ユニットを一緒にスタックさせておくことはできない(ゆえに、一緒に防御することもできない)。
・歩兵と機甲は、同じ攻撃に参加できない。
・砲兵ユニットや航空ユニットによってDGになった敵ユニットに対して、陸上ユニットは攻撃できない。
 ただし、独自の砲爆撃力を持つ支援グループ(歩兵)や旅団グループ(歩兵や機甲)等の、砲兵以外の砲爆撃によってDGになった敵ユニットに対しては、陸上ユニットは攻撃できる。
・これらのルールは、史実でモントゴメリーが就任したターンに廃止される。
【理由は北アフリカ戦時のイギリス軍は、なぜ諸兵科で連携せずに戦車だけで突っ込む戦い方をしていたのか? (2021/05/05)の辺りから】

・ゴットとキャンベルの能力を3から4に変更にする(つまり1悪くする)。
【オコーナーは優秀な指揮官であると思われ、3のままでいいと思うのですが、ゴットとキャンベルは戦術的には優秀とは言えない単なる勇猛な指揮官に過ぎないと考えた方がいいと思うので】

・英連邦軍のセットアップのSPの量を半分にする(端数切り上げ)。
【元のままでは、SPが有り余って困るほどでした】

・シナリオ7.5のメルサ・ブレガ周辺の英連邦軍の自由配置ユニットは、以下のように処理する。
1.塩沼には置けない。
2.移動モードでDGである。
【史実ではメルサ・ブレガ周辺の英連邦軍はシナリオが始まってすぐにダメージを負って撤退したのですが、シナリオの指定のままでは数ターンにわたってその周辺で粘れてしまいますし、枢軸軍はそこに手を出すことができません】

・イギリス第2機甲師団の訓練度は(「Training #2」ではなく)「Green」で7.5を開始する。つまり、第2ターン(4月1日ターン)には「Training #1」となる。
【どの本を見ても当時の第2機甲師団の訓練度はひどいものでしたが、ゲーム上では第2ターンには訓練が満了して強力な部隊になってしまいます】




 ↓セットアップ時。

unit9155.jpg

 英連邦軍の部隊は割と適当に置いてみました。慎重に探せば、もっといい配置があるかもしれません……。





 ↓第1ターン先攻枢軸軍終了時。

unit9154.jpg

 窪田さんはDGになっている英連邦軍部隊をほぼ放っておいて、できるだけ前進するという方法を選ばれました。ベンガジとムススが陥落しましたが、ベンガジは史実では4月4日(第2ターン)に陥落なので、やや早すぎるかもしれません。DGでセットアップした英連邦軍の部隊が移動モードなだけでDGでなければ、リスクを鑑みるとそこまではやらなかったかもしれず、DGはやりすぎだったかも……




 ↓第1ターン後攻連合軍移動フェイズ移動セグメント終了時。

unit9153.jpg

 DGでセットアップされた部隊をなるべく救出しようとしています。また、初期配置のSPを半分にしているので即反撃できるような状態ではなく、退却のためのSP程度しかなくてちょうど良い感じになっている気はします。

 前回のプレイで枢軸軍に取られてしまったデルナ港は取られないようにし、またメキリ周辺を強化しています。


 また今後プレイしていって、どんな感じか検証していきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR