fc2ブログ

OCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』2回目のキャンペーン、第1ターン

 尼崎会でワニミさんと、OCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』2回目のキャンペーンの第1ターンをプレイしました。

 松浦方式で、ドイツ軍の時は私がホート、ワニミさんがグデーリアン。ソ連軍の時は逆(私が南半分、ワニミさんが北半分)で。



 途中で出てきたルールの疑問点として、こういうのがありました。

シナリオ1:スモレンスクキャンペーン
シナリオ特別ルール
 ソ連軍はこの時無秩序な状態であったため、第1ターンはすべてのソ連軍陸上ユニットの移動力は半分になります。

とあるわけですが、輸送ユニットの積載と荷降ろしに「移動力の10分の1(四捨五入)」が必要だったり、エクステンダーへの/からの変換に「移動力の半分」が必要なのは、「半分から換算」するのか、「元の移動力から換算」するのか? という。

 とりあえずこの場合は、「無秩序」なのに積載/荷降ろし/変換のコストが普通より低くなるというのはおかしいだろうということで、「元の移動力から換算」と解釈することにしました。



 ↓第1ターン終了時。

unit9514.jpg



 ↓ヴィテブスク周辺。

unit9513.jpg

 私がホートをやったわけですが、ダイス目がかなり悪く、AR5のユニット2個の損害が出たものの、なんとかヴィテブスク市街ヘクス2つを占領しました。ヴィテブスクの北側の市街ヘクスには航空基地があるので拡張(突破)フェイズ中に戦闘機を移動させ、警戒空域を作った結果、ソ連軍ターンに爆撃にやってきた航空ユニットを追い返したりで、装甲部隊群をDGにされずにすみました。この点から考えると、ヴィテブスクの航空基地を取るというのは非常に重要ですね~。



 ↓オルシャ周辺。

unit9512.jpg

 元々ワニミさんは今回、オルシャ周辺を無視していたのですが、ソ連軍ターンになってみるとオルシャに大量にSPを鉄道輸送等できるのに気付き、それをさせないためにはオルシャのヘクスにドイツ軍のZOCを及ぼしていることが重要だなと判明。急遽ドイツ軍ターンをやり直して、ZOC内に入れるようにしました。

 ただ、グデーリアンの戦区は第1ターン中には航空基地(滑走路)を持てておらず、ZOCを及ぼしに行ったドイツ軍スタックがソ連軍航空ユニットからの爆撃で移動フェイズの最後にDGに(タイミング的にオルシャにSPは運べてません)。ソ連軍の攻撃セグメントに、「このDGのドイツ軍ユニットに対して周りからボコ殴りするべきではないか?」ということで、2SPを注ぎ込んで攻撃したところ、私のダイス目が悪かったこともあり、「AL2」(攻撃側2ステップロス)の結果に(^_^;

 ソ連軍目線でいくと割と精神的ダメージを受けたところでしたが、「いや、ドイツ軍に防御用の2Tを払わせたのだから、それだけで我々の大勝利だ!」と考えることにして精神的に復活しました(^^)



 ↓南方のソ連軍。

unit9511.jpg

 私が前回もよく受け持っていた南方地区なんですが、前回はドイツ軍に補給路を切られて脱出(Breakout)するしかなくなるソ連軍ユニットが続出してまずかったという反省があったので、なるべくそうならないように気を付けていくという方向で。また、ソ連軍の戦車師団は東の方で集中運用するというワニミさんの方針により、南西にいた戦車師団を東の方に移動させていっています。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ボードウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、第二次世界大戦やナポレオン時代関係情報を集積したりしてます。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイしたり、VASSALでOCSをオンラインプレイしたりですが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! VASSALでのオンラインインストも大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

 ブログで書いた物のうち、

 OCS関係の記事は

「OCSの物置2」



 戦史物の記事は

「戦史物の物置」


 で、アクセスしやすいようにカテゴリ毎にまとめてありますのでそちらもどうぞ。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR