FC2ブログ

OCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』の盤端からの登場問題2つ

 先日の尼崎会で、OCS『Smolensk:Barbarossa Derailed』の盤端から増援などが到着することに関して、2つほど疑問が持ち上がっていました。その時は調べきれないまま続行したのですが、その後精読したり、BoardGameGeekで教えてもらったりして解決したので、そこのところを今後のためにも書いておきます。


unit9577.jpg

 上の画像は第4ターン(7月19日ターン)開始時の、ヴィテブスクからその北にかけてなのですが、このターンから、画像上のエントリーヘクスL(20.35)はソ連軍の補給源ではなくなり(それまでは補給源だった&このターンからドイツ軍の補給源というわけでもない)、そしてこのターン、ドイツ軍はエントリーヘクスKかLに、第19装甲師団や第18自動車化歩兵師団を含む結構な大部隊を増援として登場させることができます(専用トラックに積載分を含め、4SPも同時に)。

 画像ではエントリーヘクスLにソ連軍部隊がおり、この状態で増援を出せるかどうかが疑問となっていました。「隣接ヘクスに出せる」という規定があったような気がうっすらとしてもいたのですが、どこに書いてあるか見つけ出せず。

 で、BGGで聞いてみましたら、シリーズルールの13.6bに書いてあるよ、と(ありがとうございます!)。「ただし、エントリーヘクスLはドイツ軍の補給源ではないから気を付けて」とも。

13.6b 増援は自発的になれるどのモードででも登場できます。増援は敵ZOCにでも登場できます(ただし13.5a の港湾での制限に注意して下さい)し、鉄道を使用して登場することもできます(移動フェイズ中に“積載” のために通常要求される13.3e は無視して)。マップ端登場ヘクスが敵ユニットによってブロックされている場合、増援は最も近いブロックされていないマップ端ヘクスに置くことができます。


 あと私は、「自軍戦闘ユニットが踏んだことのないヘクスから増援を出していいのかな……」と思ったりもしていたのですが、総合的に考えるとその件は全然どうでもいいんでしょうね。



 もう一つは、ヴィテブスクの東方のマップ北端の話です。

unit9576.jpg

 上の画像で、ドイツ軍部隊がZharkoyskyyに進撃しており、その途中でマップ北端の1Tが置いてあるヘクスがソ連軍の補給源ヘクスになっています。

 プレイ中はこの補給源ヘクスを「ドイツ軍ユニットが踏み」、「そのヘクスに留まったとしたら、このヘクスから、マップ外ボックスのソ連軍ユニットが入って来られるのかどうか?」が疑問点として挙がっていたのですが、後日『Smolensk:Barbarossa Derailed』のルールを読み返していたら以下のように書いてありました。

1.1b 安全圏  補給源(2.1、3.1 参照)となっているマップ端ヘクスには、敵陸上ユニットは入れません。これらのヘクスは通常の戦闘では攻撃されますが、オーバーランできません(なぜなら、オーバーランではそのヘクスに前進が必要だからです)。


 つまり、そもそもそのヘクスにドイツ軍は入れないのでした。そしてそうであるからには、マップ外ボックスからソ連軍ユニットはいくらでも出てこられることになるでしょうし、補給表で到着するSPは補給源に置けるので、ソ連軍側はここから攻勢を取ることさえ可能ということになるでしょう。

 だとしたら、ドイツ軍側はこの経路でもっての進撃を(超短期的にならともかく)長期的にやろうと考えるべきではないですね(^_^;

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今までの訪問者数(2011/9/17以降)
プロフィール

DSSSM(松浦豊)

Author:DSSSM(松浦豊)
 ウォーゲームの中でも、OCS(Operational Combat Series)だけをひたすらプレイしたり、関係情報を集積したりしてます。また、ナポレオン時代のプロイセンと、あと若干イギリス軍関係を調べたり。自宅(尼崎会)でOCSを置きっぱなしプレイがメインになってますが、時々はゲームクラブのミドルアース大阪などに行ったりも。

 尼崎会では、OCSに興味のある方を常時募集しております。OCS初心者の方にも分かりやすい、やりやすいところからお教えいたします! 見学だけ等も大歓迎です。ブログのコメント等で、気軽にご連絡下さい(*^_^*)

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ本
バナーで応援コーナー
ぜひ見て頂きたいページへのリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR